スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Piarte Bay、海上国家シーランド買収に乗り出す

Ladoniaへの戦争参戦したThe Pirate Bayが、次はSealandを買収しようとしているよというお話。もちろん、架空の国というか、勝手に独立を宣言して黙認されているだけの国なのですが、havencoという会社がこの国の曖昧な状態を利用して、ここをデータヘブンだとしてサービスを開始したり、昨年は火災によって国土の大部分が消失したりと結構話題にはなっていました。今年に入って、Sealandの皇太子が国家の売却統治権移譲を言い出したってのに乗っかったみたいです。もちろん、値段はものすごい額ですが。

原典:Buy Sealand
原題:Buy Sealand? Is it possible?
日付:January 9, 2007
URL:http://buysealand.com/

ACFIは、インターネットにおける人々の権利のために活動する人々のグループである。Ladoniaに関しては進行中であるが、我は現在MicronationのSealandに対して興味を持っている。

最近、この国は売りに出されたようだ。確かなのは、このオーナーはKopimistであろうということであり、この国は未来について考えないものに統治されるべきでないということである。我々はある計画を思いついた。

インターネットのすべてのKopimistたちの力を借りて、我々はSealandを買い取りたい。お金を寄付して、そして市民になろう。

我々は、同国をどのようにすべきかを議論するために、フォーラムを設置した。そこはみんなのための最高の場所と成らなければならない。そこには高速なインターネットアクセスがあり、著作権法などなく、The Pirate BayのVIPアカウントを持つ。

一緒に歴史を描こう。

Plan B:もし、micronationのSealandを購入できるだけの資金が集まらなければ、こことは別に、どこか小さな島を買い取って、我々の国としてそれを主張しようと思う(価格は500,000ドルから。
そういや、長崎にさだまさしの島があったはず。

ここに、シーランドの統治権移譲(売るのではなく、譲るのだそうで)価格が。・・・750,000,000ポンド(1,760 億円)だそうで。さすがに寄付を募っても無理だろう・・・。

*追記2*
上記の不動産サイトがどうやら大量のアクセスに耐えかねて、削除してしまった模様。知りたきゃ他のソース当たれ、欲しけりゃ直接問い合わせてくれとのこと。価格も相当吊り上げられてたみたいだからねぇ。実際の公募価格は150億円くらいだったそうです。
まぁ、それでもWikipediaですら寄付をもらうのに四苦八苦していると言うのに、さすがにこの額でも集まることはないだろうなぁ。

しっかし、毎度思うのだけれど、どこまで本気なのかわからんな、この人たちは。

**追記**
ちなみに、このBuySealand.comはもちろん、ThePirateBayの関連サイトです。

TOPページ
これに伴ってThePirateBayのトップページも変更されたようです。楽しい人たちだなぁ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/190-017cf408

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。