スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコードレーベル、広告・プロモーションにファイル共有を利用

以前から方々で言われていることの焼き直しではあるが、業界団体がファイル共有を利用して新たなビジネスモデルを計画しているよというお話。それほど目新しいわけでもないけれど、一応マーケティング企業の人のコメントがあったので、紹介してみる。

原典:ZeroPaid.com
原題:Record labels wake up to online music reality
邦題:レコードレーベル、オンラインミュージックの現実を悟る
日付:31 October, 2006
著者:soulxtc
URL:http://www.zeropaid.com/news/7904/

長い間、主要な音楽レーベルは、訴訟の場でファイル共有との絶望的な戦いを行ってきた。そして、ひそかに破壊されたファイル*1は、違法な音楽ダウンロードを行う人々を、(合法的な)ミュージックストアでの購入へと引き戻した。

し かし、レコード企業・広告主と、ファイル共有ネットワークの新しい関係は、違法なダウンロードに対する企業態度の大幅な変化を示している。(これまでの努 力の甲斐も)むなしく山火事のように広がった(違法ダウンロードの)風潮を止めようとする代わりに、大手レコード企業は、音楽の海賊行為に関して「勝てな いならば手を結べ(if you can't beat 'em, join 'em)」ということを最終的に理解したようだ。

「あなた は、音楽がpayを得るためのビジネスモデルがシフトしているところを見ているのです。」と、トロントの市場調査会社Solutions Research Group Consultants社社長Kaan Yigitは語る。「音楽産業が、いかなる理由であっても*2(今 後)低迷することを理解したとすれば、彼らは自らの収益の流れをより自らに引き寄せるために、他の道を模索します。それは非常に単純なことです。」つま り、多くのレーベルは、P2Pネットワーク上(たとえばGnutellaやLimeWire)のビデオ、音楽ファイルをプロモーションとして利用したり、 スポンサーの広告をつけることと引き換えに、ユーザに無料でダウンロードさせることを計画している。

ファイル共有や違法ダウンロードが彼 らの利益を食い潰すのをただ見ている代わりに、レコードレーベルは、日に数百万の人が利用するP2Pネットワークに存在する膨大な広告の機会に求めようと している。それは、多くの専門家がここ数年来、音楽の新しい姿であるといっていたことと一致する現象である。

「この6ヶ月から1年間、デジタル革命の一部であろうとするための、さまざまなレーベルによるアグレッシブなプレイをあなたは見ているのです。」

*1ダミーファイルを大量にばら撒いて、ダウンロードさせにくくするflood攻撃のことかと。
*2違法なファイル共有やダウンロードが行われているという現状を度外視しても、音楽産業の斜陽化は進んでいるように思われる。そのことを指して「いかなる理由であれ」という、ファイル共有に限定しない物言いとしているのかと。

RIAA、P2Pサービスを広告に利用?

http://peer2peer.blog79.fc2.com/blog-entry-17.html

このエントリに関連する話かな。この記事にはかかれてはいないけれど、以前のエントリにもあったように、Grokster判決を得て勝利したことで、余裕 が出来た分、こういう手段にも出れるってとこなんだろうね。やはり、判決が出る前なら、一方でファイル共有を悪とみなし、一方でそれを利用して収益を得る とはダブルスタンダードだなどと批判されてそうだし。

といっても、違法なファイル共有が存在するのも事実であり、その損失を取り戻すべ く、現実を見据えた回収の方法として広告やプロモーションとして利用するってのもありかとは思う。もっとも、著作権者の許諾を得ているわけだから、これこ そ健全なファイル共有の姿とも言える。その一方で違法なファイル共有を行っている人に対して、厳しく対処するってのも別におかしな話ではない。なぜならこ ちらは許諾を得ていないわけだから。

ただ、それが理解されにくいのは体質の問題があるからだと思う。DRMを強力に推進したり、一部消費者の権利を損ないかねない過剰な著作権保護機能を要求することまで平気で主張する態度には、個人的には辟易するところもある。それは多くの人にとってもそうだろう。

ある部分で理にかなった主張をしていたとしても、他の部分で反発を買うようなことをしていれば、全体としてネガティブに見られるってことも、現実としてあるわけで。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/25-7a996a44

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。