スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Azureus、Starz Mediaとの提携を発表

昨年Zudeoを開始し、BBCとの提携を発表したAzureus、今回はStarz Mediaとの提携を成功させたよ、というお話。このStarz MediaはBitTorrent Incにもコンテンツを提供する予定なのだけれども、Azureusとの提携に関しては、 やはり高解像度をフューチャーしたZudeoであるがゆえに、その部分に期待しているところもあるのかもしれない。高解像度に特化することで、BitTorrent Incとの区別をつけることには成功したZudeoではあるが、現在の回線環境でHDコンテンツ、DVDコンテンツの配信が果たして受け入れられるのかは未だ不透明だ。

原典:Business Wire
原題:Azureus Partners with Starz Media to Deliver Popular Anime, Sci-Fi, Horror and Comedy Television Programming Online
著者:Business Wire
日付:February 12, 2007
URL:http://home.businesswire.com/portal/site/google/index.jsp?ndmViewId=news_view&newsId=20070212005392&newsLang=en

大容量のファイルの配信のための最も人気のインターネットアプリケーションを持つAzureusは今日、Starz Mediaをコンテンツパートナーとしたことを発表した。それによって、同社はオンラインでのこう安易に及ぶトップビデオジャンルを得ることになる。この取引は、11月に配信事業を開始して以来、Azureusにとって3度目の配信に関する合意となる。Starz Mediaから提供される高解像度、長時間のコンテンツが、Azureusデジタルメディアプラットフォーム、現在のコードネームZudeo(www.zudeo.com)で利用可能となるだろう。11月、同社は最初のコンテンツパートナーとしてBBC Worldwideとの提携を発表している。

アニメ、コメディ、SF、ホラーは、このパートナーシップによってStarz Mediaの多様なライブラリから提供される需要のあるジャンルである。 Starz Mediaの持つコンテンツは今年の終わりごろにAzureusで利用可能となるだろう。それらの中には、 Street Fighter AlphaGhost in the ShellAstroboyNinja Scrollや、Masters of Horrorシリーズの第1シーズン、Tripping the Riftといったコンテンツが含まれる。

「Starz Mediaと共に、私たちは最適な視聴環境で、ジャンルをベースとしたエンターテインメントの豊富な提供を届けるという約束を果たし続けます。」とAzureus CEOのGilles BianRosaは語る

Azureusは、熱心な支持者を持つジャンルに注目するコンテンツプロバイダーにもう1つの配信プラットフォームを提供する。Azureusの新しいプラットフォーム、コードネームZudeoは、コンテンツプロバイダーに高解像度、長時間のコンテンツの、容易で、セキュアで、そして最小コストな出版、公開、配信を可能にする。 これはHDまたはDVD品質ビデオやゲームのインターネット配信をも含む。革新的なサービスの特徴はまた、検索、ブラウジング、チャンネルとタグによるコンテンツの発見や、ファイヤーウォールと統合した、非常に使いやすいインターフェースも含む。

「Azureusとのこのパートナーシップを通して、私たちはオンライン上の数百万人のさまざまなジャンルのファンに(訳注:私たちのコンテンツを)届け、そして私たちのビデオタイトルとそのシリーズに興味を盛ってくれる熱心なオーディエンスを増やすことを望みます。」とStarz Mediaのビジネス開発・戦略担当上級副社長のMarc DeBevoisは語った。「私たちはAzureusの高解像度フォーマットと、その可能性に期待しています。」
さて、新たなコンテンツパートナーを獲得したZudeoだけれども、依然として今現在のAzureusの方向性が時流にあっているか、ということはわからない。それはもちろん、BitTorrent Incも同じことなのだけれども、高画質、HDコンテンツに特化しているというのは売りでもある反面、足を引っ張るというか、あまり相手にされない、もしくは使いづらいものになるかもしれないと思う。高画質コンテンツの需要は日増しに高まっているのはわかるけれども、かといってそれがクリティカルマスに達しているかといえば、個人的な感想ながらそうとは思えない。

もちろん、そのようなコンテンツを望む人には非常によいサービスだろうし、注目を集めることでそういうサービス魅力を持ってもらう機会も得られるだろうけれども、かといって現行の回線状況で、HDコンテンツの需要がAzureusの考えているほどに高まるかといえば疑問が残る。確かに個人の持つ帯域が加速度的に増加しているし、数年前にはDSLですら完全にいきわたっていなかったことを考えると、今後もそのペースで伸びていけば問題はないのだろうけれど、それが続くかどうか本当にわからないんじゃないかなと。

56KからDSLへの移行は比較的スムーズだった。もちろん、それに関わって仕事をしてきた人たちは並々ならぬ努力を注いだのだろうけれどもね。ただ、それは努力のみならず需要が非常に高かったからで、それを阻害するのはサービス展開だとか料金的な問題でしかなかった。サービスが全国的に展開され、その料金も格段に下がってきたおかげで、多くの人がDSLに切り替えたし、インターネット回線を新規に引く人も、最初の選択肢としてDSLを選ぶというのも当たり前になった。次に来たのが光ファイバーであり、それもまた需要が多かった。しかし、56KからDSLに乗り換えたときほどの高い需要があったわけではなかったと思う。

もちろん、私も光ファイバーを導入したときは、その速さに感激したけれども、かといって電話回線からDSLに乗り換えたときほどではなかった。DSL回線をひいた時の喜びたるや、P2Pファイル共有に出会ったとき、WindowsMEからWindows2000に移行したときほどの感激があったものだ。

では、現行の光ファイバー100Mbpsからギガビットイーサ1000Mbpsへのサービスの移行はどうだろうか。もちろん、中にはそのサービスを望む人もいるだろうけれども、オーバースペックだと感じる人の方が多いかもしれない。P2Pファイル共有を行っている人には非常に魅力的かもしれないけれども、それ以外のサービスでその膨大な帯域を利用しきれるかといえば、そうだと答えられる人はそれほどいないだろう。なぜ、これ以上はやい回線が必要になるのか?ということである。通常の利用であれば、ほぼ並行してさまざまなソースからダウンロードを行うということはまずない。もちろん、P2Pが「通常」の利用とされるようになれば話は別だけれども、現在のように、著作権的な問題やトラフィックの問題を考えると、おいそれとはそうはならないだろう。

更に言えば、このようなP2Pを利用したファイル配信サービスは、インフラただ乗り問題を更に加速させるものとなるだろう。ISPにしてみれば、配信事業者自身はコストを回避しつつ、彼らのコストを低減するためにISPのネットワークにただ乗りしている、つまり配信事業者のコストをISPが負担させられると考えてもおかしくはない。個人的にはインフラただ乗り問題自体がナンセンスだと思うのだけれども、現状ですら不満を唱えている彼らが黙ってこの手のサービスを受容するとも思えない。

一部の人には非常に魅力的であっても、大多数の人にはいまだに魅力的ですらない部分もある。しかし、Zudeoのような高解像度のHDコンテンツを扱っているようなサイトにとっては、なんとしてもそうなってくれなければ困るだろう。有料サービスとして成り立たせていくためには、どうしても多くのユーザから利用してもらう必要があるわけだけれども、大容量コンテンツという時点で、ある意味ではお客さんを選んでしまうのだ。いかに大容量のファイルのやり取りが可能だといっても、それは配信する側にとってのメリットが大きいわけで、そのサービスを受ける側は自分の環境に左右される。8MbpsのDSLサービスの顧客がHDコンテンツをダウンロードするとしたら、どれくらいかかるのだろうか。もちろん、光回線を利用している人であっても、相当な時間を要することを考えると、容易にそれを利用できるわけではないと判断されることが多いだろうと予測される。

もちろん、そのスタイルによっては解決できないこともない。たとえば、利用したい前日の夜にダウンロードを開始して、次の日の夜に視聴するまでの間にダウンロードさせる、というスタイルで利用してくれるのならば、低速回線でも利用は可能だろう。しかし、それも最初に利用してもらえなければしょうがないのである。いかにHDコンテンツ以外のコンテンツもあったとしても、回線環境に左右されるサービスというのは、顧客を選んでしまう。

現状では多くのユーザに選ばれなければいけない新規参入サービスが、ユーザを選んじゃいけないだろうと思うのだけれども、隙間産業として頑張っていくのかなぁ?あと数年踏ん張れば、Azureusの考えているような時代になるかもしれないけれど、そのころにはもっといいサービスができていたりしてね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/263-b3cc8946

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。