スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P2Pファイル共有上の偽ファイルでデータ消失、これって誰が悪いの?

P2Pファイル共有ネットワークからPS2用ゲームをダウンロードし、プレイしようとしたら、メモリーカードが消去された人がいたみたいだよ、というお話。個人的には、誰が悪いか、といわれれば、そのようなデータを流した人が悪いと思う。ただそれとは別に、かといってダウンロードしてプレイしようとした人達が無辜の人達だとも考えられない。自ら好んで危ない橋を渡っているのだから、その責任は自分で負うべきだろうし、それが負いきれないのであれば、そのような利用を避けるべきだと思う。少なくとも、ほとんどの人が共感も同情もしてくれないのだから。

原典:J-Cast ニュース
原題:「ひぐらしのなく頃に祭」ニセモノが危ない 「2ちゃん」騒然、「祭り」に
著者:J-Cast
日付:2007/2/24
URL:http://www.j-cast.com/2007/02/24005761.html

インターネット上にある新作ゲームのデータを「ホンモノ」と思い、「PS2」で遊ぼうとしたら、「PS2」に差していたメモリーカードの情報が全て消滅した。こんな「事件」が起こり、「2ちゃんねる」は騒然、大きな「祭り」になっている。

問題になっているゲームは、アルケミストが2007年2月22日に発売した「PS2」用ソフト「ひぐらしのなく頃に祭」。発売前にゲームのデータを入手しようとしたところ、トラップが仕掛けられていた。ダウンロードしてファイルを見ようとすると、メモリーカードのデータが消滅してしまうのだ

<中略>

原因は、P2P(ピア・トゥ・ピア)で出回っている「ひぐらしのなく頃に祭」の画像やゲームソフト一の部に、ダミーファイルと、メモリーカードの初期化プログラムが入っていた、ということらしい。ファイルを開くとゲームキャラクターと共に「不正な起動を検出しました。システムを初期化します」という表示が現れ、メモリーカードに入っているデータが消滅するようだ。
簡単に言えば、発売前にリークされ、P2Pファイル共有ネットワークに出回っていたゲームをダウンロードして、DVDに焼いて、ごにょごにょしたPS2に読み込ませたら、メモリーカード初期化プログラムが仕掛けられていて、データが初期化されてしまった、といったところ。全然簡単じゃなかった・・・。まぁ、ウィルスではないにしても、フェイクファイルに騙されたってとこでしょか。

ほとんどの人が思うだろうけれども、この件は「自業自得」かなぁ。この記事内では、2ちゃんねるでのこの件に対する反応も引用しており、その意見も引っかかった人達に対して概ね批判的なようだ。
P2Pにはゲームデータがそっくり出回ることもあって、今回の新作ゲームの発売を待ちきれなかったファンが、ホンモノと思い込んでダウンロードした結果、こんな事態に巻き込まれてしまった。しかし、ネット上にゲームデータを流すのは完全な違法行為。だから、ひっかかった方を非難するカキコミのほうが圧倒的に多い。

「アングラに手を出して失敗したら逆切れってアホかw」
「そもそも、今回のは誰が作ったかも、誰が流したかもわからないファイルなわけで、こんなもん実行しといて騒いでも誰も見向きもしない。せいぜい壁でも殴ってろって話」
「製品版には問題無いんだから『効果を装う』もクソも無いだろ。割れ(違法データ)をインスコする時に『この割れはきちんと動作します』と書いてあるとでも思ってるのか」
このような書き込みを見ると、反社会的だの、弱いものを徹底的にいたぶるだの揶揄されている2ちゃんねるだけれども、その根底にあるのは比較的正常な社会的規範に根ざしているんじゃないかな、と思う(ただ、反応が過剰な面もあるけれども)。私のブログの方がよっぽど反社会的な感じもする。ただ、もしかしたら、アングラ的なものに精通しているがゆえの、ブービートラップにかかってるんじゃないよ、といったような意見なのかもしれないけれどもね。

それはともかくとして、やはりこのような意見にあるように、自分の意思でこのような是非の問われるような行為(多くの人が非ととらえているけれども)をしたのだから、その結果に対する責任はその人当人にある。もちろん、このようなファイルを流す人も悪いのだけれども、それを言っても仕方ない。少なくとも社会的に是とされないことをしているわけで、それにかかわって起こること(法的なことも含めて)を理解したうえで、利用するべきかなぁと思ったりする。

ただ、P2Pファイル共有の仕組み上の問題で、ユーザの意図しないことが行われていることもあるし、著作権を侵害しないようなファイルであっても、このような罠やウィルスの仕込まれたファイルが存在しうるわけで、そうしたときに、どれだけユーザの責任とされるべきなのか、非常に難しいところではあるけれど。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/299-73d2d481

Comment

匿名のPeerさん | URL | 2007.03.09 01:15
v-17
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。