スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法ファイル共有ユーザは金のなる木:RIAAの新たな和解プログラムは、新たなビジネスか(1)

RIAA RIAAの新たな対ファイル共有戦略が開始されたよ、というお話。この新しい戦略は、訴訟に持ち込む前に警告状を送付し、和解を選択するか、提訴されるかを選択させるというもの。これまで著作権団体による法的措置によって和解を迫られた人達は、平均して30-40万円前後を支払わされてきたけれども、RIAAはこの手続きを簡略化し、訴訟によらずに和解を実現できるとしている。しかし、このような戦略は何を意味しているだろうか。これまでの、RIAAの訴訟による恐怖戦略は全く通用してこなかったのは違法ファイル共有ユーザの増加を見れば明白である。つまり、このような戦略を推し進める彼らの真の目的は、別のところにあると考えられる。訴訟に持ち込まないことで、本当に著作権侵害が行われていたかどうかの証明をせずに、ユーザから多額の現金を引き出せるのだ。RIAAは、これを反海賊戦略ではなく、新たなビジネスとして考えているのだと思われる。ISPへのメール1つで数十万円の現金を引き出せるのだ。そして、P2Pファイル共有ユーザは世の中に1,000万人以上いるとみられている。そして、現在RIAAは、何の法的根拠もなく、P2Pファイル共有ユーザをISPを通じて脅迫している


あらかじめ断っておきますが、このお話は非常に長いです。ただ、できれば最後まで読んで頂ければ幸いです。

原典:MYCOMジャーナル
原題:MP3交換で訴えられてもオンラインでディスカウント決済&訴訟回避 - 米RIAA
著者:湯木進悟
日付:2007/3/5
URL:http://journal.mycom.co.jp/news/2007/03/05/002.html

RIAAは、EMI Music、SONY BMG Music Entertainment、Universal Music Group、Warner Music Groupなどの大手レコード会社を代表して、先月末に今回の警告書を送付。アリゾナ州立大学(Arizona State University)、オハイオ大学(Ohio University)、マサチューセッツ大学アムハースト校(University of Massachusetts - Amherst)、南カリフォルニア大学(University of Southern California)など、全米の13に上る主要な大学で、学生のP2P利用によって違法に音楽ファイルが交換されたとして、違法行為に携わったとされる400人以上の大学生に宛てて、実際に訴訟手続きを取るとの警告を発している。
ただ、こうした訴訟手続きは、非営利の著作権侵害ユーザを刑事犯とはいえない米国においては、民事上での損害賠償請求を行う、というものであろう。そして、そうした手続きを行う前に、和解に応じるのであれば、P2P Lawsuitsを利用した簡便な賠償金の支払いに応じるべし、そうすれば、訴訟を起こすことも、あなたの著作権侵害が他の人に知られることもない、時計国情では述べられている。
新たにサービスインとなったP2P Lawsuitsでは、警告書に記されたID番号「Case Identification Number」を入力すると、MasterCard / Visa / Discoverのクレジットカードを用いて損害賠償金のオンライン決済が可能。訴訟に要する多くの費用をカットできるため、P2P Lawsuitsでの決済に応じるならば、大幅にディスカウントされた損害賠償金の支払いで済ませることができ、分割払いにも対応するとされている。

なお、RIAAは、たとえ違法だと知らずに音楽ファイルを交換していたり、過去に違法に入手した音楽ファイルを全消去したりしても、今後の訴訟手続きを免れることはできないと強く警告しており、大学生の間で蔓延する違法行為に対して、厳しい姿勢で臨んでいく方針を打ち出している。
この記事以外にもITMediaも同様の記事を掲載しており、この件について知っている人も多いかもしれない。しかしこの記事から、このRIAAによる新たな戦略に多少の違和感を感じたとしても、その本当の目的をはかり知ることは難しいかもしれない。MYCOMジャーナルでは、RIAA側の主張を額面どおり掲載している。このオンラインでの賠償金の支払いがディスカウントされる理由として、訴訟に要する多くの費用をカットできるため、としている。

私は1つ疑問に思った。確かにファイル共有ネットワークに参加する人達の多くは大学生であった。しかし、違法ファイル共有の問題はもはや大学生だけに限った話ではない。ではなぜ、RIAAは大学生に照準を絞ってきたのだろうか。大学生を主なターゲットとすることが、RIAAにとってどんなメリットがあるのだろうか。彼らの言い分通りであれば、ファイル共有ネットワークの多くを占める大学生を恐怖に陥れることで、違法P2Pファイル共有への参加を抑制し、それによって著作権侵害の被害を減らす、というものだろう。しかし現実には、いかに違法ファイル共有に対する締め付けを強化したところで違法ファイル共有のユーザが減少したという事実はない。むしろ、いくら締め付けを強化したところで、P2Pファイル共有全体の規模は増大を続けている。

それでは、なぜ彼らはこのような大学生をターゲットにした戦略を持ち出してきたのか。それは、RIAAがファイル共有ユーザからより多くのお金をかき集めようとしている、つまり1つのビジネスとして考え始めたのではないかと思われる。それと大学生がターゲットになることと、どのような関係があるのかについては、次のエントリでSyck.comの記事を紹介してから述べてみたい。

Trackback

当然といえば当然なのですが。
違法着うたフル配信で初の逮捕 ユーザー100万人の人気サイト運営者 という記事より。 日本レコード協会によると、京都府警は10月21日、携帯電話向け音楽ファイル「着うた」「着うたフル」を権利者に無断でネット公開していたとして、著作権法違反の疑いで、兵庫県姫
2008.10.22 11:47 | day by day
Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/302-4b29f2a6

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。