スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Torrent日本」という「騙しTorrentサイト」のご紹介

私自身、他のP2Pファイル共有ソフトを扱っているサイトやブログについて、それほど気にすることはないのだけれども(むしろP2Pファイル共有ソフトを詳細に解説しているサイトは参考にさせてもらうことも多いです)、その中で気になった「Torrent日本」というサイトがあったので、忠告というか批判がてら紹介してみるよというお話。結論から言うと、広告しかない空サイトってとこです。

とりあえず、この「Torrent日本」なるサイトの管理人と思われる人物から、当ブログに対して宣伝コメントがつけられたのが発端なのだけれど、その紹介文には非常に面白いことが書いていたのですよ。

日本語で書かれた日本人のためのコンテンツ配信サイト 投稿者:Torrent日本

http://torrent-japan.tripod.com/index.htmlは、大容量のファイルをサーバに大きな負担をかけずに多くの人たちに配布することができます。Torrentを使うことで、Linaxなどのフリーソフトウエアや自作のCG、マンガ、イラスト、小説、音楽、音声、映像、自主映画、科学データなどの様々なコンテンツを多くの人々に配ることができます。コミュニケーションを広げる手段として、自分の意見を表明する道具として、創作者の活動の場を広げる道具として、当サイトをぜひご利用ください。

なんとも、私にしてみたら非常に応援したくなるような文面じゃないですか、えぇ。もう一も二もなく張られたリンクを踏むわけですよ、そりゃもう、生まれたての赤子のように疑いも知らずに。Linuxのスペルが間違ってるとかそういうのも忘れてね。そしたらいきなりのポップアップ。しかも1個や2個じゃない。まぁ、3個なんですけど、それでも久々だったので、ブラクラかと思ったわけです。

といういきなりのネガティブエクスペリエンスにがっかりしながらも、このTorrent日本とやらのページを見渡してみる。なんとまぁ広告だらけなサイトだこと。

広告いっぱいTorrent日本
注:赤で塗りつぶしたところは全て広告関連の部分です。最初にこのサイトを見た3月4日の時点から、広告は日増しに増えている模様。ただ、Googleからは広告を打ち切られたようだ。ご愁傷様。

もうこの時点で、Torrent日本とやらの語る高尚な目的は嘘っぱちで、単なる広告収入稼ぎの騙しサイトだと理解。それでも根気強くこのサイトを見てみることにした。ちなみに、どのページを開いてもポップアップがバンバン立ち上がります。最近見ないよね、こんなサイト。

最初に確認したときにはなかった文章が、今見てみると確認することができた。

当サイトは皆様のおかげで 一日平均400-600件のアクセス を記録しています。

まぁ、広告収入狙いだからこそ、こういう文章を追加するわけですな。そもそも、400-600アクセスのサイトって広告主にとって魅力あるのかしらね。広告収入のためならやけに熱心になるTorrent日本さんには頭が下がる。

次にコンテンツを見ていくことにした。

Torrentの仕組み
Torrentの仕組み
一言で言えば、小さいピースに分割されたファイルを、それぞれのパソコンが他のパソコンに (BitCommet等を利用して)配りあうことで、大容量ファイルを多くのパソコンに配布するのです。そのピースを識別して配り合うことができるように するために、Torrentファイルを事前に入手する必要があります。
仕組みについての詳細は このページ を参照してください。
そして、torrentを利用してファイルを配布したり、受け取ったりするためには、BitCommet等の専用フリーソフトが必要です。
BitCommetは このページ からダウンロードできます。   BitCommetの詳しい使用方法は このページ を参照してください。

このリンク先を見てもらうとわかるように、BitCometのサイトに説明は丸投げ。いくら広告目当てっていっても、少しはやる気だそうよ。

Torrentの活用法
Torrentの活用法
活用例
・(バンド・吹奏楽団向け)自分の演奏を録音したMP3を配る
・(芸術家・デザイナー向け)自分のデザイン作品の写真や映像・CGを配る
・(漫画家・小説家向け)自分の作品を配る
・(ソフト作成者向け)自分で作ったフリーソフトを配る
・(政治家向け)自分の演説を録音した音声ファイルを配る
・(映画制作集団、映像作家向け)自作の映画・動画を配布する
・(科学者・学術研究者向け)科学データの共有
・(企業向け)自社の面白いCMを配布する
・(犯罪を告発したい人向け)犯罪現場を押さえた映像を配布する
  など様々な使い方があります

その他の活用法がありましたらTorrentファイルについての情報交換所に書き込んでください。良いアイデアをお待ちしています。

多少無理はあるものの、それでもよく考えました、といった感じ。ただ、犯罪を告発したいなら然るべき機関に提出した方がいいと思うけどね。

Torrentの活用法
ファイルのアップロード方法
1.配布対象ファイルを選択して、BitCommet等を使ってtorrentファイルを作ってください。
2.そのtorrentファイルのあるアドレスを Torrentファイル置き場(違法コピー禁止) に配布しようとするファイルの内容についての説明をつけてアップロードしてください。
3.他の誰かが配布対象ファイルをダウンロードし終えるまで、BitCommet等で配布対象ファイルのデータを送信し続けてください。
4.BitTorrentクライアント同士を接続する仲介役のトラッカーと言われるコンピューターを設置する
BNBT EasyTracker | by Trinity of ZionMatrix を利用するのが一番便利で簡単です。設置方法は こちら を参考にしてください

  アップロードについての質問は Torrentファイルについての情報交換所 にてお願いします。

またも設置方法は他のサイトに丸投げですか、やる気だそうよ・・・。で、ふと思ったんだけど自分でトラッカー立てろってんなら、そもそもこのTorrent日本ってサイト要らなくない?という疑問が生じる・・・。トラッカー立てられるくらいの人なら。わざわざこんな広告目当てのサイトを利用しなくても、Wikiかなんかで事足りると思うんだが。個人的には、こういうサイトを立てるならトラッカーくらいは自前で用意しようよと思う。つか、そういうサイトだと思ってたのに・・・。

ダウンロード方法
ファイルのダウンロード方法
1. Torrentファイル置き場(違法コピー禁止) などからダウンロードしたいファイルのtorrentファイルをダウンロードする。
2.BitCommet等の専用ソフトにダウンロードしたtorrentファイルをドラックして、対象ファイルをダウンロードする。(BitCommetは こちら からダウンロードできます。)
  ダウンロードについて分からないことがあれば、 Torrentファイルについての情報交換所 を参照してください。

まぁ、2行で物足りないくらいだけれども、十分といえば十分かしらね。ちなみに、「Torrentファイルについての情報交換所」にはダウンロードについて一切言及されていません。ユーザが助けてくれるとでも思ったかね。

利用上の注意
注意事項(初めて使う前に必ず読んでください)

当サイトを違法コピーの配布に利用することは厳に謹んでください。Torrentは誰がファイルをアップロード・ダウンロードしているかがすぐに分かる仕組みです。
そのため、違法コピーを配布すれば捜査当局に発覚・摘発される恐れが極めて高いです。
Torrnetは自分で作成したコンテンツの配布やフリーソフトウエアの配布のみにご利用ください。Torrentの健全な発展のためにご協力ください

Torrentを使うことで、インディーズの楽曲・音楽、自主映画などの動画、同人のアニメ・マンガ・イラスト・小説、Linuxなどのフリーソフトウエアや自作のCG、音声、映像、科学データなどの様々なコンテンツを多くの人々に配ることができます。コミュニケーションを広げる手段として、自分の意見を 表明する道具として、クリエーター・創作者の活動の場を広げる道具として、当サイトをぜひご利用ください

そもそも、自分でトラッカー立てて、自分でSeedする奴が、違法共有をしていますよと、告知するわけもなかろうに。それはそれとして、単純にTorrent日本管理人に面倒がかかるのが嫌なだけだろうね。さすがにね、ポップアップが14個もたまってくるとそう思うって。

さて、ようやくメインコンテンツの「Torrentファイル置き場(違法コピー禁止)」というページを覗いてみることにした。ちなみに、ここはポップアップがないのでリンクを張ることにします。

Torrent日本のTorrentファイル交換所
Torrent日本のTorrentファイル交換所

どうやら掲示板にTorrentファイルのアドレスを貼り付けていく、という趣旨のようだ。いやぁ、400-600アクセス/日の割には全く書き込みがないわけで。いや、あることにはあるのだけれど、Torrent日本管理人のテスト書き込みと、SPAM業者の書き込みだけ。ありえないことだけれど、こんな腑抜けた管理で違法コンテンツのアドレスが張られたときに対処できるのかしらね。

つか、普通は多少のコンテンツは自前で用意するだろ、と思うのは私だけでしょうか。もし、本当に興味があってこのサイトを見ていた人にしてみたら、ここまで広告だらけのサイトを見せ付けられて、挙句の果てにコンテンツなし、という悲惨な状況になる。まぁ、そこまでお気楽な人もそれほど多くはないだろうけれどもね。

つづいて、Torrentファイルについての情報交換所というところを見てみる。

Torrentファイルについての情報交換所
Torrentファイルについての情報交換所

どうやらフォーラムのようだ。ただ、上記の掲示板同様一切の書き込みがない。いや、正確には1度書き込まれて入るのだけれども、Torrent日本管理人のお気に召さない内容だったようで削除されてしまったようだ。ちなみに書き込んだのは私。「当サイトへのお問い合わせ」もこのフォーラム宛てになっていたので、どういうご意図でこの不愉快なサイトを立てたのですか、という内容をオブラートに包んで言わせてもらったのだけれどもね。

さて、こんなどうしようもないTorrent日本だけれども、やるときはやるんです。うん、素敵。

広告の案内広告のご案内
  当サイトは 一日平均400-600件のアクセス を記録しています。月当たりにすると一万アクセスを超えています。その約半数はgoogleからのアクセスです。Torrentについての情報を欲している方、つまりコンピューターについてある程度の知識をお持ちの方からアクセスが多いです。
    当サイトへの広告で、コンピューターについて詳しい方への効果的なマーケティングをしてみてはいかがでしょうか。

広告掲載の概要
     ・広告サイズ   テキスト:全角100字まで バナー:横468*縦60まで 
     ・広告掲載位置  各ページ「注意」のタイトル文字の上部(現在、accommatchの広告が掲載されている場所です)
     ・広告料  
       ・トップページ  月6000円/月(一ヶ月毎の更新です)
       ・その他のページ  月6000円/二ヶ月(二ヶ月毎の更新です)
     ・掲載時期   毎月一日から月末まで

広告の申し込み方法
       1.こちらのメールフォームから「torrent日本 広告申し込み」との題名にて、①掲載を希望する広告のソース②貴殿のメールアドレス③掲載希望ページのアドレスを明記してメールを送ってください。
       2. 1で明記したメールアドレスと同一のメールアドレス を利用して、 をクリックの上、paypalの指示に従って送金手続きを済ませてください。(1のメールにて「torrent日本 広告申し込み」の題名がない場合や、メールアドレスを確認できない場合、当サイトへの寄付と扱わせて頂きます)

(参考)
paypalは日本語で送金手続きができます。クレジットカード(VISA,MASTER)をお持ちであるならば、paypalで送金ができます。 paypaによる送金システムでは、貴殿のクレジットカード番号や貴殿の氏名住所等が当サイトに知られることは全くありません。ご安心してご利用くださ い。
  paypalについては こちらをご覧ください。

     3.当サイトで送金を確認した月の翌月一日から一ヶ月間(トップページ以外は二ヶ月間)掲載します   4.翌月以降(トップページ以外は翌々月以降)も掲載を希望される場合は日本時間で毎月20日までに所定の金額を2と同様の方法で送金してください。掲載が一ヶ月間(トップページ以外は二ヶ月間)継続されます。   お問い合わせは「torrent日本 広告問い合わせ」の題名にて、こちらのメールフォームからお願い致します。

  ちなみに、テキストによるバナー交換機能とランキング機能を備えたアクセスアップツールで、ブログパーツとしても利用可能な柔軟な ******でも、広告掲載が可能です。表示設定オプションによりあなたのホームページやブログにマッチした形で利用可能です。下のバナーがサンプルです。

というわけで、やはり力が入るのは広告だね☆この力をほんのちょっとでもコンテンツに向けたらどうなんだろね。ちなみに月1万アクセスとうたっているけれど、開設されたのは3月はじめくらいでしょうに。さすがに誇張にもほどがあるなと。でもって、このアクセス数の大半はおそらく、他サイトに貼り付けたSPAMコメントからのものかなと推測してみる。


とまぁ、ここまで見てきてよくお分かりになったと思うけれど、このTorrent日本というサイトは、建前に掲げていることなどどうでもよくて、単純にBitTorrentの人気にあやかって広告収入を得ようとするだけのサイトのようだ。さすがにここまで価値の見出せないサイトに騙される人がいるとすれば、それこそTorrent日本とやらが建前に掲げている目的を達成しようとしている人達の迷惑ともなりかねない。そこまで広告収入が欲しいなら、エロサイトでもたてれば?っておもうわけですよ。結構本気で。

と、ここまで執拗に批判するのもわけがありまして、先日久々にWikipediaのBitTorrentの項目を編集しようとしたら、外部リンクにどうも気になる記載が・・・。

Wikipedia BitTorrent

現在はこの記述は削除されている(履歴で見ることができるけれどね)。さすがにこれには怒りを通り越してあきれた。Wikipediaまでダシにして私利私欲のためにユーザを罠にかけようとする姿勢に感服したので、このエントリを立てようという気になった。まぁ、あくまで私自身の感情的な部分で、というところが大きいことを断っておこう。別に高尚な何かがあるわけでもない。単純に不快だったから、それだけ。


別に広告を載せることや、それが過剰だということに文句を言いたいわけじゃない。そのサイトの方針としてそうなのであれば、それでよいと思う。私のブログだって広告を載せている。しかし、広告を載せるのは勝手だけれども、それには主たるコンテンツがあってこそだろう。しかも、BitTorrentユーザを騙して引っ掛けるという意図が見え透いているわけで。

まぁ、この手のジャンルにはよくある話だけれども、せっかく私のブログにコメントを寄せていただいたので(削除しちゃったけど)、お礼の気持ちをこめて紹介させていただきました。Torrent日本の利用者の半数が来るというGoogleの検索結果で、Torrent日本の下辺りにこのエントリが表示されることを祈って。

最後に、どうしてもこのTorrent日本を見たいという方のために、リンクをのせておきます。とりあえず、ポップアップはブロックしてアクセスしてみてくださいな。
http://torrent-japan.tripod.com/index.html

追記:『本当の』日本人向け合法トラッカー(2007/07/21)

と、ここまで読んでいただいた方の中には、本当に『合法的な運営を目指している日本語トラッカーサイト』を探してたんだけど期待はずれだったなぁという方もいるかもしれない。そのような方には、こちらのトラッカーをご紹介しよう。

Ceena.net

Ceena,netは「合法ファイルのみを扱い、BitTorrentの可能性を最大限に生かしたい」というBitTorrentトラッカーサイト。

もし、あなたが自身のが著作権を持つコンテンツや、再配布が許されているコンテンツをもっと多くの人に、知ってほしい、見てほしい、聴いてほしい、そう思っているならば、このようなトラッカーを利用してBitTorrentで配信するのもいいだろう。

もちろん、たとえThe Pirate Bayであっても、合法的な配信は可能である。BitTorrentはSwarm単位でのネットワークを形成するため、同じトラッカーに多数の違法なtorrentがあったとしても、ダウンロードしているコンテンツが合法的に配信されているものであれば、何ら問題はない。

しかし、もしあなたがダウンロードする側だとしたら?このコンテンツは本当に合法的に配信されているのだろうか?と思われるかもしれない。BitTorrentはダウンロードと共にそのコンテンツのアップロードも行う。誤って著作権を侵害するコンテンツをダウンロードしてしまえば、著作権法違反ともなりかねない。そのような不安を払拭するためにも、より合法性を求めるトラッカーを利用することをお勧めする。少なくとも、このCeena.netは1年半以上の運営を続けるトラッカーサイトであり、そのポリシーも非常に素晴らしい。

以下に、Ceena.netの規約の一文を紹介しよう。

小さなものや大きなもの

規模に関係なく

「皆に見てもらえたら 聞いてもらえたら 伝えたい 伝えて欲しい」

というものがあるでしょう。

映像、音声、漫画、ゲーム、ソフト、絵。

著作権法の許す限り、公衆道徳を逸脱しない限り、

当Trackerではtorrentファイルをホストします。

自分の思い、伝えてみませんか。

余談だけれども、Ceena.netのサイト規約にあるBitTorrentの説明が非常にわかりやすくて素敵。

Trackback

お仕事でした&torrentのこと
最近、はてなで書いてなかった。 仕事とその他もろもろで、多忙?でした。 まあ、ほとんど私事ですが。 あとは、最近やる気がいまいち。 仕事は、そのモードのスイッチをONすることで稼動に支障はないんだけど。 プライベートになると、とたんにダメだめに。 うつなのか、
2008.02.20 17:44 | vcrystalの日記
Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/320-5aaca303

Comment

   | URL | 2007.04.03 15:52 | Edit
ふーん、torrent日本なんてあったんだな。存在自体知らなかったよw
騙しサイト紹介あり^^
匿名のPeerさん | URL | 2007.04.06 02:58
先ほどTorrent日本をみてきた。
なんかモデムの頃に似た懐かしさが・・・
広告料金高杉。
heatwave | URL | 2007.04.08 23:49 | Edit
どもども、こんばんは。

わざわざあんな利用されないようなつくりにするよりも、全うな管理をして、サイト自体を利用してもらった方が、広告収入としてはメリットがありそうな感じもしますけどね。

確かに、私も古き悪きモデム時代を思い出しました。貴重なテレホタイムが・・・とかそんな感じだったのを、甘酸っぱく思い出します。
とおりすがりですが~φ(´・ω・`)メモメモ 、.,φ(´・ω・`)ポキッ 、.,φ(´・ω・`)・・・。 | URL | 2007.05.13 07:50 | Edit
おもしろいものを見せていただきまして
ありがとでした (' - ' *)ゞカキカキ
ァ '`,、'`,、(*´▽`*) '`,、'`,、'`,、
さっそく何かカキコしようと思って。。。。
あっでもだれも見ないのね^^;
あのサイト。。。
heatwave | URL | 2007.05.14 21:04 | Edit
とおりすがりさま

どもども、楽しんでいただけて幸いです~。
ある意味ではエンターテナーですよねぇ。

ただ、このTorrent日本様に置かれましても、このスレで指摘した解説丸投げやトラッカー立ち上げろ、などという無茶なレコメンドは修正したみたいです(笑)
まぁ、それでもずいぶん的外れな感はあるのですが・・・。

以前はアクセス数1000とうたっていたのですが、最近は下方修正されたみたいですね。なんとも面白いというかなんというか。まぁ、正直ではあるのですかね。
通りすがりの勝利 | URL | 2007.06.27 15:41 | Edit
こちらに伺う直前に話題のサイト、行ってました(゜д゜;)
torrentについて情報収集しようと、ググってみたところ、上位にあったので行ってみたのですが。
ポップアップはブロックしていたし、サイト内のリンクも飛んでないので、騙しとは気づきませんでした。
Torrent日本の何個か下にこちらが表示されていて助かりました~^^
heatwave | URL | 2007.06.28 23:00 | Edit
通りすがりの勝利さま

一時はGoogleの検索からも排除されていたので、安心していたのですが、
また復活しているのですね・・・。できれば、このエントリがちょうどTorrent日本の
前後に表示されればよいのですが・・・。

もちろん、騙しというほど悪質なものではないのでしょうが、
合法Torrentの利用という高尚な目的とは裏腹に、
ろくなコンテンツも持たず、Torrent日本の目的である合法利用の促進にも
何ら関心を示さず、SPAMが貼り付けられようが、何されようが、
管理すらしない一方で、広告だけはどんどん増やしていくのを見ていると、
(このような他人様のサイトを非難するようなエントリは
賛否両論あるとは思いますが)こうしたエントリを立てておいて
よかったなと思います。やはり、BitTorrentを利用して、
ユーザを引っ掛けようとするのは、どうかと思うんですよね。

ちなみに余談ですが、Torrent日本管理人の動向はこちらでチェックできます。
http://b.hatena.ne.jp/ono0taizo/
る~る~ | URL | 2007.07.03 18:35 | Edit
今はTorrent日本よりも上にありましたw

どうでもいいことでした。m(__ __)m
heatwave | URL | 2007.07.05 22:52 | Edit
る~る~様

ご報告ありがとうございます。
ちょっと嬉しい報告でした。

以前にはメールでのSPAMやコメント、TB SPAMのようなソーシャル
スパムといったより直接的な迷惑行為が問題になっていましたが、
最近では、サーチエンジンを狙ったサーチスパムなど
より受動的、間接的な迷惑行為が問題になってきているの
でしょうね。RSSを利用したスクリプトで、ただただ他人の
ブログのエントリを羅列するだけのブログなんかを
目にすることもしばしばです(個人ニュースサイトではなくって)。
本人はちょっとしたお小遣い稼ぎのつもりかもしれないのですが、
インターネットの資源を無駄に食い潰している感じもするのですよね。
そういう情報商材でも出回っているのでしょうか。

ちなみに、アフィリエイトに批判的なことをかくこともしばしば
ありますが、個人的には嫌っているわけではありませんので・・・。
やはり、バランスが大事かなと思うんです。
感謝する通りすがり | URL | 2007.07.10 22:04
7/10時点で
「torrent」でググったところ、仰るサイトのちょうど真下に、ここの記事が・・
おかげで、踏まずに済みました。
heatwave | URL | 2007.07.12 23:25 | Edit
感謝する通りすがり様

コメント、ご報告ありがとうございます。

確認いたしましたところ、確かにTorrent日本の真下に表示されていますね。
何とも嬉しい限りです。まぁ、踏んでも実害はないのですが、
気分的にはよくないでしょうから、ほんのちょっとのことですが、
お役に立てて何よりです。
なちょす | URL | 2007.07.17 21:14 | Edit
いやぁ、見事に先ほど踏んできたサイトでした。
やっぱパチモンサイトでしたかw

でもすごいですよ、そこの管理人。
リピーターなんてまずいないだろうに、"torrent"でググるとなんとトップページの三番目に。
ここのサイトに来たような文面で広報活動をかんばってるのか、
どっかに金払ってまでアクセスアップ狙ってるのか(本末転倒な気もしますがw)

こんな騙して広告踏ませようって奴らばっかだから、
日本の広告付きサイトは、嫌われたり叩かれたりするんでしょうなぁ・・・


>ちなみに、アフィリエイトに批判的なことをかくこともしばしば
>ありますが、個人的には嫌っているわけではありませんので・・・。
>やはり、バランスが大事かなと思うんです。

超同意です。せこく稼ごうっていう魂胆が見え見えのサイト多すぎ。
民族性なんでしょうか orz
ceem | URL | 2007.07.18 00:54 | Edit
私も前々からTorrent日本にはただならぬものを感じておりました。

当方もTorrent日本の【高尚な目的】と同じようなスタンスで1年半ほど前よりショボイトラッカーを運営しているのですが、
たった数ヶ月でアクセス数も検索結果の表示順位も追い越されてしまいました。


さて、この記事読むまで、Torrent日本ってもしかしてそれなりに人気のサイトなのかな?と思ってまして、人気の理由が全く検討つかず、
うちのサイトの何処がTorrent日本より劣っているのかと悩んでおりましたが、やはりただの釣りだったんですね。


何かすっきりしました、ありがとう。
heatwave | URL | 2007.07.18 18:58 | Edit
なちょすさま

コメントありがとうございます。残念ながら、踏んでしまったのですね・・・。

"torrent"で上位に来るのはSEO対策とやらをうまくやっているのでしょう。
たとえば、SEOためだけの相互リンク集などに登録したり、いろいろやってるみたいです。
他にも多数サイトを構築しているようですので、その辺もうまく活用しているみたいです。

広告つきのサイト(ブログ)などでいえば、以前には2chまとめサイトの問題がありましたね。
個人的には、その手のサイトはそれなりに情報収集や切り貼りといった管理人のセンスが
必要とされるものだと思いますので、たとえ広告が張ってあろうとも不快には思わないのですが、
一方で、それ以上に自動生成ブログ、サイトなどのほうが問題かなと思ったりします。

ブログやサイトを構築している人ならわかると思うのですが、RSSやブログサーチなどを利用して
キーワードに合致したブログのRSS配信されている部分を自動的に貼り付ける、というものです。
(2005年から日本でも目立つようになり、当時はFake / Spam Blogと呼ばれていたようです。
 なお、Fake Blogは別の意味もあるので、この言葉が現在でも使われているかは不明ですが・・・。)

メインとするコンテンツなく、他人のコンテンツに乗っかるだけのブログですから、
Torrent日本以上に問題、というか価値を見出せない部分があります。
もちろん、当ブログではBitTorrentなどP2Pに関連した話題を扱っているので、
Torrent日本を問題視するというスタンスには変わりないのですが・・・。

そうそう、そのTorrent日本、最近Torrent SNSなるものを開始したようで、
招待制のSNSなのだそうです。でも、管理人にお金を支払うと、管理人から招待状が届くんだとか
なんとか。かつてはNapicoなんてOpennapサーバがありましたが、それに近い感じなのでしょうね。

>民族性なんでしょうか orz
この辺は、多くのテクニックが米国のパクリな部分が多いことを考えると、
どの国、文化にも同じことを考える輩がいると考えた方がいいかもしれません。
また、どの国、文化にもそれに嫌悪感を持つ人がいる、ということも忘れてはなりません。


ceemさま

コメントありがとうございます。

そうですね・・・、本来の『高尚な目的』通りであれば、ceemさまのサイトと
いい意味で競合すると思うのですが・・・。

そのサイトの持つ価値以上にSEO対策などによって、検索結果上位に表示されて
しまうという問題はどうにかならないものでしょうか。
多くの人に、自分のサイトを、ブログを見てほしい、という気持ちは理解できますが、
その目的が単に広告を見せる、踏ませるためだとしたら、迷惑以外の何物でも
ないですよね。

同じ目的を掲げておきながら、その目的どおりのことをしていないサイトが上位に表示され、
その目的を達成せんとしているサイトが、それよりもあとに表示されるというのは、
なんだかもったいない話です。

現状では、BitTorrentというプロトコルの認知度も低く、認知している人も
WinMXやWinnyの代わりとして利用している人も多いかも知れません。
ただ、その現状も次第に変わってきつつあると思っています。
ceemさまのサイト(トラッカー)は、そのときにこそきっと多くの人の役に立つのだと
思っています。これからのますますの発展を期待しています。

それと・・・、もしご迷惑でなければ、このエントリの最後に、ceemさまのサイトを
紹介させていただきたいのですが、よろしいでしょうか。
このエントリは、以前から当ブログにおいても、アクセスの多いエントリのようです。
どのような目的で、このエントリを閲覧しているかはわかりませんが、その中には、
より合法的なトラッカーを求める人がいるかと思われます。
ceemさまのサイトを拝見させていただきましたが、非常に素晴らしいサイトだと思います。
その人達に、その目的に合致した、優れたトラッカーを紹介できれば、と思っている次第です。
ceem | URL | 2007.07.19 02:00 | Edit
heatwave様

お忙しいところどうもです。

仰るとおりで、SEO対策によって中身のないサイトでも上位に表示されるというのは何だか悔しいです。
しかし、私が本当に残念なのは順位云々よりも、これからTorrentデビューするというユーザーがこのようなサイトを見て、
Torrentに対する抵抗と言うか、多少の不快感みたいなものを覚えてしまいかねないということです。

広告を掲載するのは管理者の思惑次第ですので自由ですけど、
本当にtorrentの良さを伝えて行きたいのであればもう少しユーザーの扱い易い構成にしてくれるとtorrentの発展にも繋がると私は思います。
(多分その気はないと思いますが)

とはいえ、私も人に言えるほど分かりやすい解説など出来ませんし、努力はしていますが中々コンテンツを用意できていないのが現実です。
それでも、ゆっくりではありますがより使いやすいサイトと、P2P=違法というイメージの払拭を目指して少ない知識とスキルで細々とがんばっておりますので、
暖かく見守ってみたり、時にアドバイスなどご教授頂けると幸いです。

私もheatwave様の当ブログには海外torrent関連記事や、著作権関連記事などでかなり参考にさせていただいておりますので、
今後とも興味深い記事に期待しつつ、こっそり覗かせていただきたく思います。

>それと・・・、もしご迷惑でなければ、このエントリの最後に、ceemさまのサイトを
>紹介させていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

迷惑なんてとんでもございません、そう言っていただけるだけで光栄ですし、
サイトとしても少しは前進したんだなと感じることができました。
まだまだ小さいトラッカーであり至らない部分もあると思いますが、よろしくお願い致します。
heatwave | URL | 2007.07.21 02:50 | Edit
ceemさま

こんばんは、ご返信ありがとうございます。

追記部分にて、ご紹介させていただきました。

そうなんですよねぇ・・・、検索してもその多くが著作権の侵害に関わるサイトだったりして(もしくはそれを紹介するブログ、サイト)、なかなか著作権をクリアしたBitTorrentトラッカー、サイトを紹介するところがなかったり・・・(たとえば、JamendoやPublic Domain Torrent、LegalTorrentなんかは合法的なトラッカー、torrentサイトでもあるのですよね)。

できれば、そのようなサイトにも出会ってほしい、という思いがあります。もちろん、どう使うかはユーザの自己責任の下に決定されるものだとは思うのですが、そのためにもより多くの情報に接してほしい、と思っています。

1年半も個人でサーバーを立て続けるというのはいろいろとご苦労もあるとは思いますが、応援しています。運営、頑張ってくださいね。

こちらも、まだまだ1年と満たないのブログですが、P2Pファイル共有がどちらに進もうとしているのか、私たちに何をもたらしてくれるのかを少しでも考えてもらえるようなブログになるために、精進を続けます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
ceem | URL | 2007.07.22 14:25 | Edit
heatwave様

なんとお礼を言っていいのやら。
自分的にTorrent解説に自信がなかったのですが(他の解説サイトと同じような内容なので)、どうやらちゃんと人に伝わるようで安心しました^^;;
ある程度仕様などに詳しくなってしまうと、どうしても説明が難しくなりがちなもので。。。

おかげさまで+150アクセスくらいを記録しております。
より多くの人に知って頂ける機会を提供していただけたことに感謝です。
ますます手を抜けなくなりますが、何とかがんばっていこうと思います^^;
この度は本当にありがとうございます。


>もちろん、たとえThe Pirate Bayであっても、合法的な配信は可能である。BitTorrentはSwarm単位でのネットワークを形成するため、同じトラッカーに多数の違法なtorrentがあった
>としても、ダウンロードしているコンテンツが合法的に配信されているものであれば、何ら問題はない。

上記は私も同感です。
これに関連するか分かりませんが、

数ヶ月前より、クローラbot型の日本語検索対応torrent検索エンジンを開発しているのですが、この検索エンジンにて、
合法ファイルのフィルター処理を施して、そのトラッカーの"いいとこ"(合法ファイル)をピックアップする機能などを付けて、
torrentの良さをアピールできたらなと思っております。

ただし、私自身は違法なファイルであっても検索結果に表示するのは意味のあることだと思うのです。
違法ファイルを完全に規制するのは(各トラッカーの管理者が気合入れないと)不可能ですが、
権利者が侵害ファイルを簡単に見つけることが出来れば抑制くらいにはつながると思うのです。

そこで検索エンジンにて、torrentリソースの一括検索機能及び、ハッシュ値による違法・合法判定機能などを権利者向けに公開することを考えているのですが、
最近のyoutube インデックスサイトの記事などを見ていると、著作権侵害幇助と言われて訴えられちゃうのかなとか思うと公開を悩みますね。

ちなみに、試験的にThe Pirate Bayのクロールを行って22万1000ファイルを蒐集したところ、案の定そのほとんどが違法だと思われるものでした^^;;
違法ファイルを減らすことも大切ですが、合法ファイルを増やすことの方が現実的かもしれませんね。


長々と失礼しました。
この度はありがとうございます。
通り道v | URL | 2007.07.23 05:39 | Edit
最近torentにお世話になってるものですが、問題のサイトを踏んでしまってよく読んでたんです
そうしたら・・

Torrent専門SNSを開設
原則招待制ですが、招待状がほしい方は、Torrent専門SNS管理人が500円でTorrent専門SNSの招待状を発行します。
招待状発行の申し込みは下のバナーをクリックしてサイトの指示に従ってください(クレジットカード使用可)。

お金を取ろうとしてるんです><
怖かったです
heatwave | URL | 2007.07.24 22:52 | Edit
ceemさま

再びのご返信ありがとうございます。

多くの人がceena.netを『何か』のきっかけにしてくれると嬉しいですね。

torrent検索エンジンに関してですが、個人的にはYouTubeインデックスサイトとは別に考えるべきものかと考えております。どちらかといえば、Google等のweb検索エンジンと同義に考えるべきかと。

YouTubeインデックスサイトが批判される背景には、その意図性があると思っています。つまり、その運営者は、著作権侵害されているコンテンツと知りつつ、その閲覧を容易にするためにインデックスし、エンベッドしており、そのことが幇助、助長にあたるのではないか、ということです。

一方で、Torrent検索エンジンでは、そのような意図は介在しておりません。そのアウトプットは機械的に処理されているのですから、少なくともYouTubeインデックスサイトに比べれば、責任は小さいものと考えています。

ただ、だからといって何もしないというのは、最近では許されない傾向にあるのかもしれません。TorrentSpyやIsohuntがFileRightsを利用することで、同サイトのアウトプットをフィルタリングしているように、著作権侵害に対して何らかの抑制手段を用いなければならない、という流れがあります。

これらの点から考えると、Ceemさまの構築しているtorrent検索エンジンは、著作権侵害の意図性が低く、かつ、著作権侵害を抑制するような手段を用いている、という点では、それほど問題のあるものとは思えません。ただ、これは私個人の意見ですので・・・。

ただ、
>torrentリソースの一括検索機能及び、ハッシュ値による違法・合法判定機能

に関しては、EFF vs. Viacomのように、誤って違法判定された場合に、問題が生じるかもしれません。もちろん、それは権利者サイドの運用の問題でもあるのですが(事実確認を怠り、判定結果のみに基づいて削除要請をすることがあれば、結果的にその行為自体が著作権侵害になりえます)。

もちろん、The Pirate Bayのtorrentのほとんどが著作権侵害に関わるものだということもありますので、合法的に利用可能なtorrentを提供する検索エンジンというのは、それなりに需要のあるものだと考えております。

>違法ファイルを減らすことも大切ですが、合法ファイルを増やすことの方が現実的かもしれませんね。

確かに、それは私も思っています。違法ファイルを減らすことはオルタナティブな選択肢を提供するものではないと思っています。ただ、それは合法ファイルを増やすことだけでもなしえないと思っています。その両方がバランスよくなされてこそ、海賊たちにオルタナティブを提供しうるのではないかなと思っております。


通り道vさま

そうなんですよねぇ。Torrent専門SNS・・・。TorrentとSNSをくっつければ、お金が得られるかも、というのも両者の人気を安易に利用しようとしているのでしょうね。

もしこれに参加しても、まともなtorrentが得られることはないでしょうね。そもそも、合法的なtorrentのやり取りを、わざわざ閉鎖された空間でやる必要はないわけです。むしろ、オープンにやり取りしてこそ、BitTorrentの真の効果が得られるわけで、正直何がしたいのか理解に苦しみます。

誰も引っかかる人はいないのでしょうけど、あまり気持ちのいいものではないですね。もし、被害者多数なら、私が500円で参加して、希望する全ての人を招待しようと思いますが・・・、誰も引っかかりそうもないことを考えると意味のないことなので止めておきます・・・。
cafy | URL | 2007.08.15 02:25 | Edit
こんばんは。
先ほど、torrentの理解に乏しいため、googleにて torrent で検索し
1番上にあったtorrent日本を踏んでしまったところです(ノ∀`)アチャー

広告が多すぎたので、検索ページに引き返して
7番目にあったこちらのページタイトルに興味惹かれてきました。
説明読むのが面白かったです( ^ω^)

手抜きのアフィリエイトだらけのサイトが1番上なのはふざけてる~ヽ(`Д´)ノ
Wikipediaまで~と思いましたので、記念カキコしますだc⌒っ´Д`)φ
heatwave | URL | 2007.08.17 23:40 | Edit
cafyさま

こんばんは、コメントありがとうございます。

一時期はGoogle八分になっていたはずなのですが、「Torrent」でトップに表示されてますか…(今は2番目ですが)。

このエントリがTorrent日本の前後に表示されるのが、意味を持ちますし、みなさんが不快な思いをせずにすむのですけどね。Torrent日本の前後に表示されるのであれば、最下位に表示されてもかまわないのですが、さすがにトップに表示されるとなると、Googleでの検索結果には追いつけないかも…。気弱でごめんなさい。大してアクセスアップ以外に価値を見出せないSEO対策などはする気もないので…。

日本で一番BitTorrentを追いかけているブログだと思うんですけどね~。
rx-7 | URL | 2007.08.20 16:37 | Edit
ども。
Torrentの仕組みを詳しく調べようと思って検索したらそのTorrent日本がヒットしたわけですよ。
ポップアップブロックが作動したんで「怪しいサイトだな(笑)」とか思いつつTOPページを読み終えました。感想としては「広告多すぎ読みにくすぎ(笑)」

困ったサイトですね。
heatwave | URL | 2007.08.26 01:52 | Edit
rx-7さま

コメントどうもです。

個人的には、トップにwikipediaが出るのがベターだと思うんですけどね。せっかく、BitTorrentの仕組みを調べようとしていたのに、何とも嫌な目にあいましたね。ほんと、困ったサイトです。

にしても、あれだけ広告があって効果は出てるんでしょうか。あれを見た人はみんなドン引きだと思うのですけれどもね。それでも、好奇心で読み進めている人の、誤クリック狙っているのでしょうけれども...。
| | 2007.12.11 03:19
このコメントは管理人のみ閲覧できます
okuno | URL | 2008.01.08 04:17 | Edit
torrent1ファイルでPS2のゲームが置いてあったのですが、これてダウンロードすれば
PCでゲームができるということですか?
T | URL | 2008.07.17 01:01 | Edit
非常に興味深い記事でした。勉強になりました。
匿名のPeerさん | URL | 2009.01.14 05:39
少し覗いてきたんだが、広告の多さに吹いた。
そして説明関連がwikiのものを丸々コピーという手抜き。
踏む価値すら無いサイトでした。
heatwave | URL | 2009.01.15 00:15
私も今見てきましたが、相変わらずですねぇ。
広告は多少変化しているみたいですが…。
どうせならコンテンツをもう少し充実させればよいのですけどね…。
受話器 | URL | 2010.03.26 10:26
torrent日本って名前すごいむかつきますよね。
torrent 合法 日本 でググって出てくるサイトがここでほんとに良かった。
さらに知りたいサイトまで見つけられて。感謝です。
| | 2016.05.11 21:08
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.05.12 08:27
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.06.06 07:32
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.06.08 04:54
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.06.30 06:51
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.10.02 22:30
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.10.04 20:20
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.10.05 20:27
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.10.06 21:14
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.10.07 19:32
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.10.21 21:57
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016.10.27 22:02
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。