スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lilx.net、テレビ番組カレンダー+Torrent:魅力的な海賊サービスとの競争

Lilx.netというTVカレンダーサイトがある。見てもらえればわかると思うけれど、人気のあるテレビ番組の一覧がカレンダーに表示される。これだけだと、よく見るサービスなのだけれども、このLilx.netというサイト、番組カレンダーに、その番組のTorrentへのリンクもしている。もちろん、これから放送されるエピソードにはそのリンクは張られていないけれども、放送後、MininovaなどにTorrentがアップロードされるとそのリンクが追加される。非常に面白い試みだと思うし、テレビ番組をダウンロードしているユーザには非常に重宝されるものなのだろうけれど、最終的には違法行為に結びつくわけで。依然から業界団体はユーザに選択されるようなサービスを提供しなければならない、と言ってきているのだけれども、このようなルール度外視のやり方にどう競争を挑むのか、と考えると何とも先の見えないことを言っているのかもなぁというお話。

参考サイト:Lilx.net
URL:http://www.lilx.net/

以下の画像を見てもらうか、実際にLilx.netに言ってみればわかりやすいのだけれど、このサイトのカレンダーをクリックすると、ウィンドウが表示され、そこのその日放送された番組のTorrentへのリンクが表示される。それをクリックすれば、そのTorrentを保持しているトラッカーに飛ぶことができる。

Lilx.net

カレンダー作成のためのエピソードデータはepguides.comから、Torrent情報はtvrss.netから取得している。tvrss.netが収集しているTorrentによるのだろうけれど、リンクされるもののほとんどがEZTVかTVTというTorrentサイトのTorrentのようだ。で、リンクはMininovaに向けられている。

このサイトを見て思ったのは、将来こんなサービスが当たり前に提供されたらいいのになぁということ。現状では合法的にこのようなサービスを提供するなどというのは、夢のまた夢だろう。これが実現しているのは、あくまでも海賊行為というルール無用な(もしくはルールの網の目をくぐった)やり方であるからこそ、可能なのである。このサイトが利用されるということは、このサイト自体の合法性云々は抜きにしても、少なからずユーザが違法な行為を行うということである。個人的には確かに便利なのだけれども、その点でやはりいただけないサービスであると思う。

ただ、このサービスが多くの海賊ユーザに好意的に受け入れられるということも間違いないだろう。さて、ではそうしたときにこのような海賊行為と業界団体が競争するというのは、どれくらい厳しいものであるのか、について考えてしまう。もちろん、追い越せるに越したことはないが、現状を見る限りではそれは難しいだろう。Lilx.netのようなサービスをユーザが求めたとして、実際に実現できるかは非常に難しい。しかも、実現できたとしてもおそらく有料サービスとして提供されることになるだろう(しかもDRMつきかもしれない)。

そんなサービスと海賊行為とが競争したところで、唯一決定的な勝ち目があるのは、それが合法的なサービスであるという点だけある。それ以外の部分では確実に海賊サービスに適わないだろう。なんせ相手は細かいことを気にしなくていいのだから。

とはいえ、競争を挑むといっても必ずしも勝つ必要はない。海賊との競争はあくまでも新たなビジネスモデルにおける1つの要素であるべきで、完全勝利を収めなくとも、痛み分けでもかまわないのである。海賊との競争というのはあくまでも1つの方便と考えるべきなのかもしれない。海賊にすら受け入れられるサービス、という理想として。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/321-626d298d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。