スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitTorrent、最適なアップロード速度の設定のためのサイト

BitTorrentクライアントの多くは多様なセッティング項目があり、ある意味では非常に自由度の高い設定が可能になっている。でも、実際にユーザの多くがその設定を理解し、どのような数値が適切であるか、ということを理解できているわけではない。そこで、環境は利用スタイルによって適切な設定値を割り出してくれるサイトを紹介するよというお話。

原典:TorrentFreak
原題:Calculate Your Optimal BitTorrent Settings
著者:Ernesto
日付:March 19, 2007
URL:http://torrentfreak.com/calculate-your-optimal-bittorrent-settings/

BitTorrentを最大限利用しようと思うならば、BitTorrentクライアントの設定は非常に重要になる。しかし、多くのBitTorrentクライアントのセッティング枠は、(多くのユーザにとって)やや難解なものかもしれない。一部の人達はどこから手をつければよいのかすらわからないだろう。ビギナーにとって、このBitTorrent settings Calculatorは何かと便利なものかもしれない。

Calculatorは、全体的なダウンロード速度を改善するためのいくつかのよい提案をしてくれる。まず、あなたの回線速度の最大アップロード速度を入力して欲しい。そうすればCalculatorは、アップロード速度、Torrentごとの最大コネクション数、その他の設定の推奨値を表示してくれる。このCalculatorの結果は、あらゆるTorrentクライアントのために利用することが出来る。

最大アップロード速度は、極めて重要な設定である。このことは奇妙にも聞こえるかもしれないけれど、最大限のダウンロード速度を得るためには、アップロード速度に常に上限を設けなければならない。回線はパイプライン(チューブでもかまわないが)のようなもので、もしアップロード速度を最大限に使用すれば、パイプラインは完全に使用されることになる。そうすれば、ダウンロードするファイルのために残された帯域が不十分なものになってしまう。Calculatorは、最大アップロード速度の80%を設定するよう推奨する。私もそれに同意だ。高速な回線を持つ人にとっては、もう少し高くてもよいかもしれない。アップロード速度の85%、90%でもよいだろう。

一部の人達は、自らがSeederとなっているときに、webブラウジングが重くなると感じるかもしれない。これは、彼らのBitTorrentクライアントのアップロード速度がうまく設定されていないことに起因するかもしれない。正しいアップロード速度をクライアントに設定すれば、webブラウジングは非常に早くなるだろう。そして、Seedしていることが全く気にならなくもなるだろう。

最大アップロード速度の設定方法

uTorrent: options > preferences > connection(オプション>設定>接続)

Azureus: tools > options > transfer (ツール>環境設定>転送)

BitCometこっちを使えば

最後の一文にBitCometユーザが海外でどれほど嫌われているかという一端を知ることができるだろう。確かにシェアは大きいのだけれども、他のクライアントを利用している一部ユーザからはお荷物されている、という側面もある。まぁ、余談ですが。

さて、冒頭にも書いたけれど、やはりBitTorrentクライアントの多くは設定項目が多い代わりに、それをきちんと使いこなそうとするために必要とする知識は、非常に敷居が高いものである。私自身も全ての機能を理解して使っているか、と言われれば、この辺は怪しいなぁと言う部分も多々ある。

このアップロードに関してもそうだろう。私自身はそれほどヘビーユースしているわけでもないし、ダウンロードすることを目的として使用することが多いために、他の動作に影響するほど回線を圧迫するのは避けたいと考えている。なので、とりあえず、BitTorrentに割り当てる帯域を最大アップロード速度の半分程度にしていた(規制される前までね)。もちろん、もっと貢献しろよ、という批判もあるだろうが、個人的にはBitTorrnetはtit-for-tatに基づいているわけだから、特に問題はないかなと。むしろ、BitCometとかの方が問題ありだと思うしね。

さて、そんなわけで適当な設定で利用していたわけだけれども、同じように適当な設定をした人の中には、最大アップロード速度を目安にして、そのまま入力している人もいるかもしれない。その場合、帯域が圧迫されることでブラウジングに支障をきたしたり、ダウンロード帯域まで圧迫してしまうこともあるかもしれない。せっかく貢献しているのにそれは可哀想な話である。ということで、このBitTorrent settings Culculatorをお勧めしたい。

BitTorrent settings Calculatorの利用方法は非常に簡単だ。測定した最大アップロード速度を入力するだけでいい。普通の回線速度計測サイトはKB/sで測定結果を出力してくれるので、右側の欄にその数値を入力するといいだろう。計測サイトは下のSppedTestからリンクされているサイトからでいいだろう。

Require_Data

これまで利用してきている人なら、そのスタイルに合わせた数値の算出も可能である。下のPreferenceの項目にチェックを入れると以下にようなボックスが表示される。

Preference

一番上が「スロットごとの平均アップロード速度」、2番目が「通常同時にダウンロードするTorrentの数」、3番目が「Torrentごとのスロット数」となる。とりあえず、スロットに関しての設定を必要としないのであれば、1番目と3番目は不要になるが、2番目の設定はしておいた方がいいかもしれない。入力後に、チェックボックスをクリックすると設定値に反映される。

以下が、(規制をされていないときの)私の環境での推奨値である。個人的には一気にドカンと送ってあげたいので、1スロットあたりの数値を上げている(それがいいのかどうかは不明だけれど・・・)。

Result

設定値を入力する欄はAzureusに関してのものだけれどもuTorrentやその他のクライアントでもほぼ同じように設定が可能だろう。

一番下には、より早くダウンロードするためのヒントが書かれているけれども、基本的なことなので割愛。まぁ、健康度を確認しようとか、ポートを開放しようとかそういうことなので。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/326-dce0bf7e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。