スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIAA、大学での違法ダウンロードの取り締まりを強化

9月に始まったRIAA等業界団体のアンチファイル共有キャンペーンは、大学キャンパス内でのファイル共有への猛烈な抗議にも現れていた模様。それを示すように、大学内の情報技術関係部署の発表よると、9月以降、RIAAからのクレームが急増しているよというお話。同時に、大学側は告訴に踏み切られても、擁護することはできないともしている。

原典:ZeroPaid.com
原題:RIAA cracks down on illegal downloading
著者:soulxtc
日付:November 4, 2006
URL:http://www.zeropaid.com/news/7952

大学当局によると、大学キャンパス内での違法ファイル共有に対するレコード産業のキャンペーンが拡大した9月から、著作権法を破っている学生についてのクレームの数が激増しているという。

Office of Information Technology(OIT)の提供する統計によると、大学は9月に135回のクレームを受けた。それ以前の8ヶ月(つまり今年に入ってから)の合計の 120と比較すると非常に多いことがわかる。そして、それらのほとんどはRIAAからのものであった。10月には、クレームの数は40と減少したものの、 それは月平均と比べると依然として高いままである

「明らかに最近のクレームには激増が見られる。」とOITのProject NEThicsのコーディネーターAmy Ginther氏は語る。「この激増は、RIAAに起因している。」

大学は、業界団体への譲歩としていくつかの処置をとった-例えば、先学期には、ファイル共有hubであるDirectConnect(一般的にはDC++として知られている)をシャットダウンするというように、各大学のネットワークガイドラインを改定した。しかし、Ginther氏によれば、最近のクレームのほとんどは、『訴訟にまで拡大して』(その意味を)捉えることができるという。

彼女は、たとえ学生がRIAAに告訴されたとしても、ファイル共有は大学のポリシーに矛盾する行為であるため、大学は彼らを擁護することはないだろうと付け加えた。つまり、大学のポリシーは法律と一致しているということである

まぁ、これも仕方ないけれど、RIAAえげつないなぁという記事。もともと、違法アップロードや、P2Pにおける違法ファイル共有などは大学生を中心に行われてきたという感もあるので致し方ないかと。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/35-7bc2a79e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。