スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pirate Bay、コピーライトヘイブンを求めて北朝鮮大使館にサーバを移転、とアナウンス

The Pirate Bay シーランド公国や無人島を買って、コピーライトヘイブンを作ろう、といった活動でもしられるThe Pirate Bay。そんな彼らが今回は、北朝鮮大使館にサーバを移動させて、それを実現させることになったと発表したよというお話。The Pirate Bay Blogの4月1日付の投稿によると、どうやら長期にわたってキムジョンイルとの交渉を行い、回線や電力、設置期間などの合意に至ったそうだ。確かに、これが本当に実現したのであれば、彼らのコピーライトヘイブンの夢が本当に達成できるのかもしれない。

原典:The Pirate Bay Blog
原題:Finally a permanent solution for the hosting.
著者:bpk
日付:2007年4月1日
URL:http://thepiratebay.org/blog/61

本日、我々のサーバをスウェーデン、ストックホルムの北朝鮮大使館に移転したことを発表する。

北朝鮮指導者キムジョンイルとの長期の折衝の後、私たちは協調することを決定した。

その理由としては、我々が得ることになる非常によい帯域幅に関する合意である。豊富なファイバーリンク、ディーゼルによる豊富な電力、4年間の設置など、我々にとって非常によい取引となる。

それによって、我々は海外の著作権者からの免疫も約束されることになる。我々クルー全員は北朝鮮の市民権を得る。

「このような移転の理由の1つとしては、スウェーデン国王が、未だ我々に彼の娘(訳注:とってもセクシーな王女様)とのおしゃべりをさせてくれないから、ということでもあります。The Pirate Bayのようなサイトが持つ文化的な利点に対する無知は、看過できるものではありません。」とThe Pirate Bay創設者の1人、Tiamoは語る。

このような機会を与えてくれたキムジョンイルに感謝する、そして我々は、ユーザ全員にこの大国への、自らの感情を再確認して欲しい。

確かにコピーライトヘイブンとしては、北朝鮮はよいのかもしれないけれども、やはり多くの人にとって北朝鮮は未だにならず者国家である。まぁ、The Pirate Bay自体もならず者サイトなわけだけれども、それでもユーザの中にはこれに対して猛烈に反発、もしくは消極的に反発している人も多い。欧米では共産主義者(コミュニスト)は未だに嫌われているからね。逆に、キムジョンイルマンセーみたいなコメントを残している人もいるけど。

ただ、私個人としては、この投稿を非常に興味深いものだと思っている。むしろ、反発するユーザは間違っているとすら思える。なぜなら、この投稿がなされた日時は4月1日だからである。

ということで翌日の投稿

たくさんの人が、北朝鮮をネタにしたエイプリルフールジョークに引っかかってくれた。そんなあなたが次のジョークにもだまされるかどうか、来年も楽しみだ。:-)

まぁ、だまされた人が馬鹿だったというよりは、日ごろの行動や言動からして、今回の件はありえなくはないと思った人達もいたということなんじゃないかな。逆狼少年みたいな感じで。ただ、4月1日付の投稿の時点で、色んなネタを仕込んでいるわけで(ディーセルによる豊富な電力、とか)、完全にだまそうとした感じではないんだけどね。まぁ、日本のように隣国で、しばしば報道を目にするような国の人々でもなければ、なかなか気づきにくいのかもしれないけれどもね。

関連エントリ
The Piarte Bay、海上国家シーランド買収に乗り出す
ThePirateBayはシーランドを買収できるのか?
シーランド皇太子:「海賊にシーランドを売るつもりはない」
The Pirate Bay、シーランド買収&建国を断念しスウェーデンに残留

The Pirate Bay、現在停止中→復旧しました

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/353-e1851262

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。