スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPodifier:ダウンロードしたファイルを自動的に変換し、iTunes経由でiPodに転送

P2Pファイル共有で動画をダウンロードし、、それらのファイルをiPodフォーマットに変換し、持ち歩いている人に非常に便利なiPodfierというアプリケーションのご紹介。このアプリケーションは、任意のフォルダ内(たとえばダウンロードフォルダ)の動画ファイルを自動的にiPodフォーマットに変換し、iTunesにインポートし、iPodに転送してくれる。新たに生成されたファイルにも同様に処理させることが出来るので、ダウンロードが完了したファイルを随時、エンコードし転送してくれる。スケジューリングによって、好きな時間にのみ動作させることが出来るので、寝ている間に、ダウンロード、エンコード、転送を済ませ、朝には昨晩ダウンロードしたビデオ入りのiPodをもって出かけることができる。

原典:TorrentFreak
原題:Automatically Transcode and Import Downloaded Videos to iTunes
著者:Ernesto
日付:April 13, 2007
URL:http://torrentfreak.com/automatically-transcode-and-import-downloaded-videos-to-itunes/

iPodifierは、テレビ番組やその他のビデオファイルを、自動的に変換し、iTuneにインポートする無料のアプリケーションである。それはBitTorrentと連動させることで非常に便利になる。夜寝ているうちにお気に入りのテレビ番組をダウンロードし、起きたころにはiPodに転送されている。全く難しいことはない。

(中略)

iPodifierは、ダウンロードされた全てのテレビ番組、映画、その他ビデオファイルを管理するのに役立つ。それは、自動的にそれらの番組を変換し、プレイリストを作成し、番組をiPodに転送し、同期までとってくれる。

iPodifierは、BitTorrent、TiVo、その他いかなるビデオソースとも連携して、優れた働きをする。すべきこととしては、単にソースとなる(ダウンロードしたファイルのある)フォルダと、適切なフィルターを選択するだけである。それだけで準備は完了である。出力は、低画質、通常、高画質から選択可能で、mpeg4かh264コーデックのオプションがある。

特徴のリストを以下にあげる。

・新しいビデオの自動チェック
・新たなビデオをiPod互換フォーマットに変換
・変換されたビデオをiPodに転送
・ビデオをプレイリストで管理
・ビデオファイルをiPodに同期

iPodifier

残念なことに、iPodifierはWindowsでのみ動作する。近い将来もOS X互換のバージョンを開発する予定はないようだ。

確かに便利かも。ただ、個人的にはそんなに用途はないかなぁ。映画をiPodでみたいとは思わないし・・・。

とりあえず、このアプリケーションは、フォルダを指定するだけで、自動的にそのフォルダ内のファイルをiPodフォーマットに変換してくれるというもの。寝ている間にダウンロード&変換、転送が行われ、朝にはそれらのファイルがiPodに収められている、という感じ。

まぁ、少なくともBitTorrentを初めとするP2Pファイル共有ネットワークや、その他のところから動画をダウンロードして、それをiPod用にエンコードしている人であれば、非常に重宝するかもしれない。願わくば、まともな使われ方をして欲しいけれどもね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/374-e65657ca

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。