スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThePirateBay:ハッキングによってユーザ情報が漏洩

The Pirate Bay世界最大のBitTorrentトラッカーとしても有名なThe Pirate Bay、その著作権に対する確信的な行動から、多くの海賊ユーザからの人気を集めるサイトでもあるが、そのThe Pirate Bayがセキュリティホールをつかれて、ユーザの情報を盗まれてしまったよというお話。もちろん、これが単なる情報漏洩問題と異なるのは、ユーザ自身が著作権法違反という犯罪に関わっていることが多いため、そのデータを利用されることに対する不安が大きいということだろうか。まぁ、それはそれで身から出たなんとやらといったところだけれど。ただ、漏洩した情報そのものは暗号化がなされており、そうやすやすとは利用できないという。それでも、そのような情報がもれてしまった以上は、少なくともパスワードの変更などは必要だろう。The Pirate Bay側もそれを推奨している。

原典:The Pirate Bay Blog
原題:User data stolen but not unsecured
著者:bkp
日付: May 11, 2007
URL:http://thepiratebay.org/blog/68

やぁ、ちょっとした悪いニュースがあるんだ・・・そんなに怖がらなくてもいいんだけど。

とある人達(まぁ、誰かはわかっているけど)が我々のwebサイト(実際にはこのブログ)のセキュリティホールを発見したようだ。

彼らはユーザデータベースのコピーを手に入れた。つまり、君たちのユーザ名とパスワード。ただ、パスワードは暗号化されて保存されているので、それほど大きな問題ではない。しかし、それが向こうの手に渡ったことは非常残念なことだ。また、全てのe-mailも同様に暗号化されている。それは非常に強固な暗号化なので、解読することはおそらく不可能だろう。

とはいえ、我々は全てのユーザに早期にパスワードを変更するのをお勧めする。他のサイトでもThe Pirate Bayと同じパスワードを利用しているのであれば、そちらも変更したほうがいいだろう。

混乱させてしまったことをお詫びしたい。しかし、我々も人間なのである。そう、たまにはポカをやらかしてしまうんだ。

最後のほうは開き直りとも取れるかも・・・。さすがに、このようなユーザ情報の漏洩に対しては、ユーザ側もそれほど寛容にはなりえないようだ。このブログのコメントは、やはり否定的な意見が多いが、それでも「おいおい、頼むぜ」といった程度のものが多く、「まぁ、パスワード変えとくよ」といった感じ。

それにしても、誰によって情報を抜かれたのかが気になるところではあるけれどもね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/433-c31d1160

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。