スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube不当削除問題:ユリゲラー、著作権法を濫用した言論弾圧を行ったとしてEFFに訴えられる

スプーン曲げで一世を風靡したユリゲラーが、YouTubeにアップロードした自身の出演するビデオを用いた超能力検証ビデオの削除を求めたことで、EFFから著作権法の濫用であり、適切な批評すら禁止しようとする言論の自由の侵害だとして訴訟を起こされているよ、というお話。このビデオが超能力に対する批判的なものであると思われることを考えると、このようなビデオ自体が自身のパフォーマンスに対して不都合なものとなる。それを考えるとEFFやビデオの製作者たちの主張は非常に納得できる。もし、それ以外の理由からの削除申し立てであったとしても、上記のようなことが容易に推測される以上、もう少し思慮深くあるべきであっただろう。

原典:ITmedia News
原題:ユリ・ゲラー氏、「著作権法を曲げた」と訴えられる
著者:ITmedia
日付:2007年05月09日
URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/09/news090.html

 同財団は、ゲラー氏が根拠のない著作権の申し立てにより、同氏に批判的なビデオをYouTubeに投稿した依頼人の言論を封じようとしたと主張している。

  依頼人のブライアント・サピエント氏は「不合理な信念」を暴く団体Rational Response Squadの一員。同氏らがこの団体の活動の一環としてYouTubeに投稿したビデオに、ゲラー氏のパフォーマンスを検証するテレビ番組「Secrets of the Psychics」が含まれていた。

  ゲラー氏はこのビデオが著作権を侵害したとして、米ミレニアム著作権法(DMCA)の下でYouTubeに削除を要請した。サピエント氏のYouTubeアカウントは一時停止され、同氏のビデオは2週間見られなくなった。

おそらくは、ユリゲラー側としては、著作権法を侵害されたから、というよりは自身に対しての批判的な検証を不都合だと思ったから、このような行為に出たものだと思われる。実際、この検証ビデオは13分であるが、そのうち、検証のために利用されたユリゲラーの会社Exlopogistが著作権を有する映像はたった3秒だけである。

この検証ビデオによって、ユリゲラーが受けるべき利益を損ねるとすれば、その批評によってであろう。しかし、適切に行われた批評を抑えるために、著作権法を過度に適応させようとするのであれば、それは弾圧とも言える行為だろう。

EFFの弁護士もその点を指摘しており、 「ユリ・ゲラー氏は、人々が彼の超能力に疑問を持つのが嫌なのかもしれない。だが、法の乱用により批判を抑えつけることは許されない」と語っている。

実際にこのビデオを見たわけではないので、推測でしかないのだけれども、超能力なのか、トリックなのかを検証しようとすれば、そのような行為がなされたビデオを引用するのは必要だろう。超能力であるにせよ、トリックであるにせよ、その証拠を含む映像が存在するのであれば、検証には不可欠なものである。そういった利用の仕方を制限するのであれば、適切な引用すらも認めないということになりうる。それは文化の育成と保護を目的とした著作権法の精神に反するものである。

上記のような理由ではないとすれば、映像等著作物は、全ての自らの許可なくしては利用できない、著作権料を支払わなければ利用できない、という勘違いが存在するのかもしれない。日本ではJASRACなどもその節はある(このJASRACの件について要約しているサイトはこちら)。

文学作品やアカデミックな著作物は、研究や批評のために比較的引用が多くなされているが、一方で大規模な著作権ビジネスを展開している音楽や映像などに関しては、無断で利用すること=著作権侵害というステレオタイプ的な感覚があるのかもしれない。もちろん、それは著作権団体にとってもそうだろうし、ユーザにとってもそうかもしれない。

関連エントリ
YouTube不当削除問題:Viacom、非を認め改善策を提出
著作物の引用を禁ずることはできるか:アカデミックなケース

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/440-ec3444a3

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。