スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当社のすぐれたDRM技術を利用しないMSやAppleはDMCA違反だッ!

MRT.jpgMedia Rights Technologiesという企業が、同社の自称すぐれたDRM技術を採用しないMicrosoft、Apple、Adobe、RealNetworksはDCMA違反だ、として警告状を送付しているよ、というお話。一見すると、なんで私の良さがわからないのよ!といってストーカーをする電波な人のようですが、実際に電波な感じが強い。つか、DMCAを持ち出せば何でもできると思うなよと思うわけです。もちろん、多くの人はこれを馬鹿げた売名行為とあきれている模様。

原典:CNET Japan
原題:アップルやMSらにDMCA違反で警告状--米リッピング防止技術企業
著者:Anne Broache(CNET News.com) 翻訳校正:CNET Japan編集部
日付:2007/05/14
URL:http://japan.cnet.com/news/tech/story/
0,2000056025,20348684,00.htm

デジタルオーディオストリーミング用のリッピング防止技術を開発するカリフォルニア州の企業が、自社製品の利用を「積極的に回避」しているとして、Apple、Microsoft、RealNetworks、Adobe Systemsらによる連邦著作権法違反を主張している。

  Media Rights Technologies(MRT)と同社デジタルラジオ部門BlueBeat.comは米国時間5月10日、ハイテク関連の大手企業に警告状を送付したとプレスリリースで発表した。同社は、ハイテク大手が「DMCAやアメリカにおける知的財産所有者の権利を無視」して「Windows Vista」、「Adobe Flash Player」、「Real Player」、そして、Appleの「iTunes」「iPod」などを大量に製造していると主張している。

  DMCAはデジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)のことで、著作権の有効な著作物へのアクセス制御に用いる技術的な保護手段の回避全般を禁止しており、1998年の法案成立以来議論の的になっている。同法では回避手段を「スクランブル化した著作物をスクランブル解除すること、暗号化した著作物を複号すること、あるいは技術的な手段を回避、迂回、除去、無効化、弱体化させることを著作権者の許可なく実施すること」と定義している。

これを要約すると、わが社のDRMテクノロジーは世界一ィィィィィ!!(当社比)と主張するMRTが、同社のDRM技術を導入しないMSやApple、RealNetworks、AdobeSystemsはDMCA違反だッ(つまり、プロテクトの回避技術を意図的に弱体化させている)、と駄々をこねているといったところだろうか。

これに対するRealNetworksスポークスマンのコメントが秀逸で、同社の警告状の送付を売名行為とばっさり袖にしながらも、「ビジネス開拓において、なかなか斬新なアプローチだ」と述べている。Realウゼーと思っていた私も、少しはRealを見直した。なかなかセンスがある。

大方の専門家の判断も、単なる売り込みや売名行為である考えているようで、このような主張が法廷では到底通用するとは思えないと述べている。

いや、ホント何がすごいって、DMCAを持ち出す人達って、みんな似ているなぁというところかしらね。いくら売名っていっても、ここまで電波な感じだとみんなどんびきだとおもうのだけれど。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/441-d2687a70

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。