スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊はそんなに悪い奴らじゃない?:クラッカーとシェアウェア開発者のやり取り

とあるシェアウェア開発者が、自身のソフトウェアをクラックされているのを発見し、どういうおつもりか、というメールを出したら・・・というお話。クラッカーにメールを出したものの、当の開発者は返信など期待しておらず、それと同時に、ソフトウェアに施されたクラック保護ソフトウェアのベンダー、クラック版のコピーが置かれたフォーラムのプロバイダにそれぞれメールを送った。が、実際に即座のレスポンスを返してくれたのは、クラッカーだけであり、後者二つは返事すらよこしてくれないようだ。そんなわけで開発者は、少なくとも返事すらよこさない人たちよりは、まだマシなのかもと思ってしまいそうになっているご様子。なんだかなぁというお話。

原典:Treyville, Treymerica
原題:Pirate Aren't Evil ?
著者:Trey Harrison
日付:May 17, 2007
URL:http://treymerica.blogspot.com/2007/05/pirates-arent-evil.html

昨日、私が6年来携わっているソフトウェア、Salvationがクラックされ、Warezフォーラムに投稿されているのを発見した。ただ、これをどう感じていいのか正直わからなかった-困惑する?復讐心に燃える?光栄に思う?私はどうすればいいのだろう?

そこで私は、海賊盤ソフトをダウンロードするところから始めた(おっと、これは私自身に対する犯罪行為かな?)。そして海賊グループとコンタクトを取る手段があるか見てみた。リリースNFOは以下のとおり。

(NFOは省略)

彼らはコミュニケーションをオープンにしているようなので、私はここにe-mailを送ってみた。

Subject:Is there any negotiating with pirates?
From:Trey Harrison
Date:Wed, 16 May 2007 20:56:27 -0700
To:BlueBeta3D@hushmail.com

やぁ、キミたちは最近、私の「Salvation」というソフトウェアの海賊盤をリリースしたね。それには驚いているわけではない-実際には、思いかけずうれしくもあった-しかし、私は今後キミたちがこのようなことをしないという可能性について、一度議論の席をもうけたいのだが、どうだろうか?

それでは。

Trey Harrison
http://www.harrisondigitalmedia.com

さて、私は彼らからの返信は来ないだろうと確信していたので、アンチ海賊行為プロテクションツールを購入した会社、クラックされたコピーをホストとしているホスティングカンパニーにも同様にe-mailを送ってみた。

で、最初に返信を送ってきたのは?

海賊。

Subject: Re: Is there any negotiating with pirates?
From:
Date: Thu, 17 May 2007 17:11:27 +0100
To: "Trey Harrison"

やぁ、Trey。

我々はあなたのコメントに感謝し、開発者の役割を理解する。我々がこれをリリースするのは、このソフトウェアを試し、学ぶだけの機会や権利が与えられてない人達のためだけなんだ。我々はこれを世界中にもっともっと普及させたい。それによって引き起こされる如何なる不満に関しても、我々は謝罪する。また、あなたのコメントに敬意を表して、我々は二度とこれをリリースしない。将来のすばらしいソフトウェア開発を期待し、成功を祈る。
では。

おぉ、なんと驚くべきことか。私は海賊の約束がどれほど価値のあるものかはわからないが、それでも少なくとも彼らの即座の返答を信じることはできる。なぜなら、私は未だにアンチ海賊ソフトウェアベンダーからもホスティング会社からも連絡をもらってはいないのだから。


まぁ、クラッカーからの返信は少なくとも真摯なものだったわけで(文面上はね)、それに加えてプロバイダ、ベンダーからの返事をもらえていないことが、このような記事を書くことを促したのかと。結局のところ、この開発者の感情を左右したのは、海賊と企業の真摯さの相対的な差なのだろう。海賊行為をよしとすることはできないが、それにしても彼らの対応には一目置いているといったところか。でも、それはベンダーとプロバイダの対処の遅さに由来するものだと思うのだけれどもね。

個人的には、クラッカーの返信メールはそれほど目新しい感じもしない。もちろん、彼らの言う意図は全くないわけではないだろうが、やはり言い訳に近い感じすらある。しかし、それですら即座のレスポンスによって、多少信用してみようかな、という気にさせているのだろう。逆を言えば、ベンダーやプロバイダが信用ならないな、と思わせたということでもある。

海賊が、という意外性が開発者をやけに感心させたところもあるのだろうが、それにしたってサービスという点で海賊なんぞに負けちゃいかんだろと思うわけですが。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/459-80cc6e00

Comment

| | 2013.08.29 08:57
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。