スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pirate Bay:いい加減、押収したサーバを返せ!The Pirate Bayは違法ではない!

The Pirate BayThe Pirate Bay起訴に向けた動きを加速させるかのような検察官の発言などもあいまって、The Pirate Bayの法的な足回りがあわただしくなっているけれども、それにともなって、The Pirate Bayに対する強制捜査時に押収されたサーバ180台の保管期間を延長する手続きを行う、というコメントがなされたことに対して、The Pirate Bayがいい加減サーバ返せ、データをコピーすりゃサーバは保管する必要ないだろ、つか、The Pirate Bayと関係のないサーバを調べようとすんなよ、といろいろ文句を言っているよ、というお話。

原典:The Pirate Bay Blog
原題:Pressrelease
著者:brokep
日付:May 24, 2007
URL:http://thepiratebay.org/blog/70

Ny Teknikによると、検察官Hakan Roswallは、The Pirate Bayのケースに関して、サーバの捜査が終わっていないため、保管期間の延長を申し立てることを公の場で明らかにした。

急襲からほぼ1年の月日が経過したが、警察は依然、The Prate Bayにとって不利な証拠を見つけ出せてはないようだ。これは納税者のお金を浪費し、PRQのカスタマーから取り上げた100台以上のサーバを返還しない*1ということは、スウェーデン当局にとってのビッグスキャンダル以外の何物でもない。

さらに、彼は数多くのサーバの暗合化されたものの捜査を開始すると述べている。

The Pirate Bayに属していたハードディスクドライブ、パーティション、または如何なるルートファイルも暗号化はされていない。つまり、彼が話している暗号化されたデータというのは、PRQのカスタマーのものに違いない。

これらのことを考えると、Hakan Roswallははなから他の人々のデータを操作する目的で、The Pirate Bayの急襲を利用したか、もしくは彼は長期休暇をほしがっていて、この夏は働きたくないと思っているか、のどちらかであろう。

単にデータをハードディスクドライブからコピーすればいいことなのに、そのハードウェアを必要する組織に返却しない理由が見当たらない-たとえお役人の仕事が時間がかかるといってももう1年も経っているのだ。 司法オンブズマンは、多少誤った情報を元にしてはいるものの、数ヶ月も前に既に返還されていてしかるべきだと考えている。

法廷がこのケースに関して、Hakan Roswallにこれ以上の機関に延長を与えるのであれば、明らかにThe Pirate Bay以外のデータに対する捜査となる。これは、コレが(不必要な)急襲の理由ではなかったと認められるべきではない。コンピュータのエキスパートとして(そして、データの所有者として、我々のコンピュータに何が納められていたのかを知る者として)、我々はこんな風にしてこれ以上の時間を費やされる理由を見出せない。

率直に言って、以前我々は1日とかからずにデータをコピーした。といっても、我々はコピーが非常に得意なわけだが。The Prate Bayは、ユーザ他のユーザと共有するためにコンテンツを持ち寄るというファイル共有ネットワークである。The Pirate Bayのサーバには.torrentファイル以外の如何なるコンテンツもホストされておらず、そのtorrentファイルは如何なる著作物をも含むものではない。以前の類似した判例によると、これは違法行為ではない。

*1 PRQはThe Pirate Bayの管理人が運営するISP。The Pirate Bayへの強制捜査の際に、The Pirate Bayのサーバと共に押収され、以前返還されてはいない。The Pirate Bayによると、押収されたサーバの多くはPRQのサーバなのだそうだ。

「以前我々は1日とかからずにデータをコピーした。といっても、我々はコピーが非常に得意なわけだが。」という発言が何とも皮肉たっぷりな感じ。

半分くらいはThe Pirate Bayの言い分も理解できるのだけれども、一方の当局の側の考えも理解できなくはない。法的にはどうあれ、こいつらに返したらろくなことに使わないしな、という考えもあるもかもしれない。さすがに、データの捜査云々は時間稼ぎのような気もするけれどもね。

さらに、ISPのサーバに保存されているユーザのデータを調査するってのもちょっと行き過ぎな感じもする。まぁ、それをどこかに公開するとかいうわけではないのだろうけれどもさ。とはいえ、The Pirate Bayがブログ上で主張しているようなことではないと思うけどね。まぁ、彼らも本気で言っているわけではなく、あくまでもジョークとしていっているのだろうけれど。

さてさて、ここでもThe Pirate Bayはこれまでと一貫して、我々はtorrentファイルをホストしているだけであり、一切の著作物を干すとしているわけではない、よって著作権侵害は行っていない、と主張している。やはり、「我々がアップロードしているわけではない」ということか。ま、確かにそうなんだけどさ。

余談だけれども、The Pirate BayがTシャツを販売している模様。けっこう本気で欲しくなっちゃったよ。でも、Tシャツも送料もお高めなのが玉に瑕。Tシャツ1枚で6000円かぁ。この手のTシャツってモノがよくないからなぁ・・・。

関連エントリ
スウェーデン警察はThe Pirate Bayを起訴するだけの証拠を持たない?
The Pirate Bay:起訴の可能性に対し「スウェーデンで違法なら他国で続ける」

「私がアップロードしているわけではない」:現代の海賊はフリーライドと責任回避を背景にしている?

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/462-9a8cc1e5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。