スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画会社社長、映画のプレリリース版の流出は興行収入に影響を与えない?

ホステル コレクターズ・エディション 無修正版Lion Gateという映画会社の社長が、自社の作品『Hostel 2』のワークプリント版のBitTorrentネットワークへの流出を受けて、まだ不完全なものだし、興行収入への影響はあまりないと思うよ、と発言しているよ、というお話。といっても、ワークプリントは本当に不完全なものだし、本当にその映画を見たい人にとっては満足の行くものではないだろうから、影響はないというのも納得できる。ただ、これが完成版のリークだったら・・・話は違っているのかな?その辺も聞いてみたいところだけれどね。

原典:TorrentFreak
原題:Movie Chief: Pre-Release Piracy Makes No Impact on Box Office
著者:enigmax
日付:June 1, 2007
URL:http://torrentfreak.com/movie-chief-pre-release-piracy-makes-
no-impact-on-box-office/

以前に映画のワークプリントがwebを襲ったとき、とあるBitTorrentサイトはFBIによってシャットダウンさせられることとなり、そしてそれに関係した人々は刑務所に送られることとなった。リリース前の映画をseedする米国民は、懲役5年を科せられる可能性がある。しかし、映画会社Lions Gateの社長は、その懲役刑は不適当であるという。Hostel 2 への海賊行為によってどの程度の破壊的な経済的影響を与えるのだろうか?『実際には影響はない』と彼は言う。

Lions Gateのバイオレントホラーの続編映画「Hostel: Part2」のワークプリントのコピーがBitTorrentネットワーク上に流出しているのを確認したとき、私は同僚に、そのseedに米国市民が関わっているのであれば、それが『本当の恐怖』であるとコメントした。なぜなら、EliteTorrentsとスターウォーズ エピソード3の後に起こったドラマ、つまりScott McCauslandGrant StanleySam KuonenScott D. Harvanekを含む複数の人々が懲役刑に処されたことを考えると、Hostel: Part2のような話題の作品のプレリリースという類似した事態において、このようなculpritを捕まえることは、MPAAにとって非常に強力なプロパガンダの材料となると考えられるのである。

映画会社とMPAAは、海賊行為によって1年間に180億ドルもの損害を被っており、それをもって政府に、より人々を制限するような法律の成立に向けて圧力をかけ、また映画のプレリリースを行った人々を刑務所へぶち込むために利用している。

そのため、Lions Gate社長Tom Ortenbergが、彼の会社の最新作の流出について語るとすれば、彼の会社に数百万ドルの損害を与え、そして彼の飢えた子供から食事すら奪っている海賊たちは電気椅子送りになってもいいくらいだと語るだろう、と思うかもしれない。しかし、驚くべきことにそうではない。

彼はこう語る。その映画は「ラフバージョンであり、未完成のものです」と(通常、ワークプリントのコピーはそうである)。そう、その映画のリークバージョンのアマチュアレビュアーのものでしかない。

では、海賊行為による数百万ドルの損害や損失とは何なのだろうか?

「それは非常に残念で、失望するようなことです。しかし、それが興行収入に影響を与えるということは無いでしょう。」とOrtenbergはいう。

No Meaningful Impact

…それでも米国では、それに対して5年の懲役が科せられる可能性がある。それについて、sk0t(訳注:EliteTorrentsのアドミン)にどう感じるかを聞いてみたい。

ちょっと拡大解釈的な感もあるのだけれど、まぁわから無くもないかなというところ。確かに、ワークプリントバージョンで満足できる人は非常に限られている。ワークプリントってのは、製作途中のエフェクトなんかが不完全な状態だしね。

もちろん、これが影響を与えないだろうというのは、未完成である、という前提がある。これをもってファイル共有ネットワークへの映画のプレリリースがさして影響がない、ということはいえないだろう。個人的には、それほど影響はないと思うけれども、それを確認する術はないわけで。一方で、MPAAのいうところの180億の損害も確認する術はないわけで。

それにしても、このようなリークがなされるというのも、なんだかなぁといった感じがする。おそらくは関係者から流れたものだろう。できれば、子のようなコピーを流してほしくはないものだけれどもねぇ。映画は映画館で見たいものです。まぁ、Hostelは映画館では見たくないけれどもさ。痛い映画は嫌いなのよ・・・。

ちなみにHostelはタランティーノ製作総指揮のメインストリーム映画。とはいえ、メインストリームらしからぬ残酷描写だったりするので注意。うーん、最近はタランティーノの感性との相性が悪くなっているような気がする。レザボア・ドッグスとかパルプ・フィクションとかフロム・ダスク・ティル・ドーンとか、監督じゃないけどデスペラードなんかは大好きなんだけどなぁ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/478-7e96da7a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。