スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JASRACを批判するブログ書きへの批判

とりあえず、JASRAC批判するなら、そのJASRAC管理曲のアフィリエイト外そうぜ、と。

まぁ、とりあえずそれだけなんですけどね。どことは言わないけど気になったもので。決して全部が全部そうではないのだけれど、今回は該当するブログに対して。

もちろん、当ブログもJASRAC大嫌いっこです。でも、音楽は大好きなので、紹介したい、お勧めしたいアーティストや楽曲は多くあるわけです。でも、それがJASRACの管理下にあるからお勧めしたくない、という葛藤があります。

アーティストとJASRACは関係ない!と思うかもしれないけど、実際には非常に関係があるわけで、それは切っても切り離せない。いかにJASRACへの批判が高まろうと、JASRACにとってのお客さんは権利者であり、権利者の求めるものはどの管理団体が一番お金を持ってきてくれるかでしかない。批判したところで、部外者が騒いでいる、としか見てはくれないだろう。

では、どうするべきか。答えは簡単には出ないけれど、少なくともJASRAC以外の著作権管理団体に移行するという道を考えさせることが、答えの1つとしてあるかもしれない、と思う。もちろん、他の管理団体がJASRACより優れているか、といわれれば未知の部分の方が大きいけれど、かといってJASRACの半独占体制が現在の横暴なやり方を招いているともいえる。

さらに考えを進めよう。JASRAC以外の道を考えさせるとしても、現在のJASRACの他の著作権管理団体よりも集金能力は非常に高いと思われる。そのため他の著作権管理団体へ権利を委託することが躊躇われているというのも事実。

その現状を変えるためには、状況がどのようになればよいのだろうか。1つは、JASRAC以外の著作権管理団体でも、十分にお金を得ることができるという状況になること。ただ、これはリスナーがどうこうできるものはなく、各管理団体が何とかしていくしかない部分が大きい。もう1つは、JASRACに委託しても金にならない、という状況になること。これはリスナーが少しは関われることである。方法は非常に難しいが、非常にシンプルなものである。

JASRACに管理委託されている楽曲を購入しない、利用しない、ということである。JASRAC経由で金がわたってこない、という状況を作り出すことである。非常にシンプルなことなのだけれども、日本における楽曲の管理の大半がJASRACに集中していることを考えると、非JASRAC管理楽曲を選択的に購入、利用するというのは非常に難しいことである。しかし、その構造こそがJASRACを支えてもいるのである。

JASRACを批判しているのであって、アーティストを批判しているわけではない、という反論を頂くのは重々承知、私だってそう思う。でも、現状が続く以上はそのアーティストはJASRACにつながれたままなのだ。しかも、アーティスト自身に決定権があるわけでもない。結局は、金の問題が起こらなければ状況は変わりがたい。

で、タイトルの件に話を戻そう。JASRAC管理曲のアフィリエイトを外して、上記のような目的が達成できるのか?という疑問に対しては、まず無理、と断っておく。そりゃ、無理な話なのも重々承知、そのリンク経由で購入されているのなんて、まず微々たる数に過ぎないのだろうし。でもね、私は思うのですよ、JASRACを批判しつつ、結局は彼らの独占体制に加担しているんじゃないかと。たとえその影響が微々たるものであってもね。

ということで、その楽曲の管理がJASRACに委託されているかどうか、というのを確認してみてはいかが?ということを提案したかっただけだったりもする。その楽曲やアーティストの著作権管理については、以下のサイトで確認できる。

JASRAC
http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/
イーライセンス
https://ssl.elicense.co.jp/piece/retrieval/
こぴなび(ジャパン・ライツ・クリアランス)
http://www.copynavi.com/search/index.php

他の著作権管理団体は、http://www.nmrc.jp/hikaku4.htmlから探してみるのもいいだろう。また、6月にはコンテンツの2次利用を促進するためのポータルサイトが開設されるようで、それを利用してもいいのかもしれない。

なんとも、著作権というのは七面倒なもので、細かに細分化されているのだけれど、とりあえず今回の件に関しては、録音権がJASRACに委託されているかどうか、を基準にするといいだろう(間違ってたら指摘お願いします)。そして、イーライセンスやジャパン・ライツ・クリアランスに管理委託されている楽曲を紹介、レコメンドするのがいいのかなと。

そんなことしたって意味無いよ、といわれるかもしれないけれど、できる限りの抵抗を試みたいわけですよ。

Trackback

JASRAC批判するなら、JASRAC管理曲のアフィリエイト外すという意思表示
P2Pとかその辺のお話さんに非常に興味深いエントリーがありましたのでご紹介。 「JASRAC批判するなら、そのJASRAC管理曲のアフィリエイト外そうぜ」 という事でして、この主張は非常に真っ当なものだと思います。 そして、管理人であるheatwaveさんの心の葛藤も理解できま
2007.06.07 16:39 | 音楽データベースをみんなで作ろう♪
Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/480-6144ce19

Comment

名無し!! | URL | 2007.06.05 18:47 | Edit
音楽を聴ければそれでいいと思う。

音楽をp2pで共有したり、アップローダーにアップしたり、
そういう人たちは無くならないけれど、
JASRACが無くなったらもっと無法地帯になる気がしてならない。
勝手に曲を使って商売をしたり、自分のwebページのBGMに使ったり・・。

自分でCDを買って聞くだけだし、
CDの販売金額にJASRACへのお金が含まれていたとしても、
気になるほど高くなっていないし、音楽が聴ければ別にどうでもいい。

JASRACを擁護すると、某掲示板や、ネット界では「工作員」と決めつけられてしまうことも多い。

意見は人によって違うし、
ここの管理人さんのように、ちゃんとした理由があって
JASRACを批判しているのなら特に何も思わないけれど、
「音楽を違法な手段で手に入れているのに、JASRACを批判している」人は何を考えているのだろうと思う。
自分の都合が悪くなるから頭ごなしに否定しているようにしか思えない。








しーやん | URL | 2007.06.05 21:53 | Edit
NHK に反対する人は他の局が見たくても TV 捨てないといけないの?
JASRAC への反発心<その楽曲を薦めたい心であれば、他に手段がない以上仕方が無いじゃん.
部分否定=全否定はおかしい.

むしろ JASRAC 如きにしたいことが阻害される方が嫌だ.
匿名希望 | URL | 2007.06.05 23:44
これは全く痛い指摘ですね。反省したいと思います。

ただ、最近の動向として、JASRAC以外の著作権管理団体はいずれも失敗に終わりそうな状況であるということを業界の方から聞かされました。気になる話ではありますね。
heatwave | URL | 2007.06.06 00:34 | Edit
名無し!!さま

こんばんは、コメントありがとうございます。

私自身はJASRACがなくなる、ということは考えてはいません。
が、JASRACがもう少し弱体化する必要はあると思います。
というのも、現状ではあまりにもJASRACが強力すぎるんですね。
このエントリにも書きましたが、著作権管理団体はJASRACだけではありません。
確かに、非JASRACの著作権管理団体がJASRACよりマシだとは
言い切れませんが、それでも複数の選択肢があることが望ましいのでは
ないかとも思うのです。

それと、JASRACを擁護することが工作員呼ばわりされることになる、
というのは、おそらく議論がかみ合っていないのではないかとも
思えます。
著作権管理団体としてのJASRACの必要性を訴えたとしても、
相手が頭からJASRACの体質を批判しているのであれば、
頭ごなしの決め付け、というのも起こりえるのかもしれませんね。


しーやんさま

こんばんは、コメントありがとうございます。

このエントリの趣旨として、しーやんさまのメタファーを借りるとすれば
NHKに反対するなら、民放みようぜ、といったところでしょうか。

「JASRAC への反発心<その楽曲を薦めたい心」というのは、否定しません。
私自身、音楽を愛しておりますから。本文中にもありますとおり、
葛藤です。

ただ、JASRACが音楽を腐らせている!と声高に訴えていながら、
その元凶のJASRACに愛する音楽を腐らせていてよいのか、
JASRACが悪い、それだけでいいのかと思ってしまうのです。
実際にJASRACを支え肥えさせているのは私たちリスナーであることには
変わりないのです。

もちろん、私の言っているようなJASRAC管理曲を取っ払え、
他の著作権管理団体の管理曲をレコメンドしろなんてのは
実質的には何の効果も持たないでしょう。
私の無い知恵で考えた程度のものですしね。

でも、私はそれでいいと思うのです。
青臭かろうが、馬鹿馬鹿しかろうが、意味が無かろうが、
文句を言うだけいって、考えを止めてしまうよりは。

このエントリのタイトルと最初の1行は、これを読んだ方々に
考えてほしい、そのためのものです。
結局は最後にネタばらししているように、提案をしたいのです。
それが意味が無くたってかまわんのですよ、私には意味が無いことしか
考えられないにしても、もっと頭のいい人が意味のあることを
考えてくれるかもしれない、そうであればいいなと。

青臭いと思われるかもしれませんが、青臭いんです…。


匿名希望さま

こんばんは、コメントありがとうございます。

所詮は私の浅知恵ですので、お気になさらずに…。

非JASRACの著作権管理団体が厳しい、ということは
「全く当てにならない」情報源から私も聞いておりますが、
業界の方も同様のことをおっしゃってましたか…。

あまりに多くの選択肢は混乱を招くだけかもしれませんが、
JASRAC一極集中というのも、どうなんだろうと思ってしまいます。
| | 2007.06.06 03:59
このコメントは管理人のみ閲覧できます
まっちょ | URL | 2007.06.06 04:35 | Edit
アフィの持つある種の「卑しい」マイナスイメージと、JASRACの諸問題、
その心理的なマイナス面のみを結びつけて、地に足の付かない、
気分だけの批判になってるように見えます。

他にも管理団体がある事を啓蒙したいようですが、
だから、JASRACの利益になる行為をやめよう。
という論は成り立っていません。

なにより、ユーザーが生み出すJASRACの利益に言及するのであれば、
アフィに限定する必要は全く無いんです。

「私はJASRACに委託しているアーティスト、管理されてる曲は、
欲しくても一切買いません、契約してるカラオケにも行きません。
JASRACの利益を生むから。」

というのならわかるのですが、なぜか「アフィによって生まれる利益」のみを
強調されています。

管理曲を買い、同じようにJASRACに利益を供与しているのに、
自身は何の制限も負担も負わず、アフィしてるユーザーだけに、
「やめろ」と負担を強いるのは、フェアではないでしょう。

ぶっちゃけ、JASRACや音楽以前に、アフィそのものを快く思ってないのではないですか?
(私もそんな狭量な人間の一人ですが…笑)。

そのせいでなにかおかしな論になっちゃってるように思えます。
| | 2007.06.06 07:36
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2007.06.06 10:53
このコメントは管理人のみ閲覧できます
heatwave | URL | 2007.06.06 21:30 | Edit
非公開のコメントに、返信を書くのはちょっと気兼ねしましたが、
私の考えを伝えたいと思いまして、コメントさせていただきます。

コメント(5) さま

コメントありがとうございます。

JASRACの批判が高まりつつあるのに、オルタナティブな選択肢を考えない、
またはそれ(たとえばCCライセンス)が認知されていかない、というのは
考えなければならないところだと思います。

以前に紹介したはてなブックマークにおける被ブクマ数から、人気のTorrent
サイトを考えてみる、というエントリでも、その時点で最も被ブクマ数が高かった
Public Domain Torrentのサイトも、利用はそれほど進んではいないようです。
確かに面白い、と思わせるものなのですが、実際の利用には結びつかないのかも
しれません。

Jamendoのような非常にフリーなサービス(無料という意味だけではなく)が
より認知度をまして、多くの人達にブログや実生活の中でレコメンドしてもらえる
ような状況が生み出されたら、すばらしいなぁとおもいます。
個人的には、JamendoなどのCCライセンスやパブリックドメインにある楽曲を
紹介するようなブログがあれば、非常に面白いかなと思ったりもします。

また、ネットレーベル巡りでの名曲探し、というのもリスナーとして多くの楽しみを
与えてくれるものかもしれませんね。ジャケ買いに代わる新たな楽しみになるかもしれません。

それと、The Pirate Bayが音楽配信事業を開始するらしいので、それも注目したいところです。
反骨精神旺盛なアーティストなら、これに賛同してくれるかもしれません。


まっちょさま

コメントありがとうございます。

個人的には、アフィ自体にはそれほど嫌悪感を抱いてはおりません。
ただ、JASRACを猛烈に批判しておいて、その片棒を担いでいる、そして
いくばくかでもそこから利益を得ているということに、自覚はあるのかな、
という思いがあったりもします。

また、今回のエントリは、そのような批判をするブログ書きに当てたものですので、
それ以外の購入や利用に関しては具体的に言及しておりません。

以前のエントリをご覧いただければ判ると思いますが、私は個人的に
JASRACハンガーストライキを行っております。それは、私たちリスナーが
結果的にJASRACを支えている、という自覚があってのことです。

もちろん、それには何の効果も無いことは承知の上です。
それでも心情的にJASRACに愛する音楽を握られていることがどうなんだろうという
葛藤からそのような行動を行っています。

そして、それに対するオルタナティブとして、中古レコード、CDの購入や輸入盤の購入、
そして今回のJASRAC以外著作権管理団体による管理曲の購入などを行っております。
ほとんどは中古レコード、CDですが。
それでは、アーティストに利益が渡らないではないか!と思われるかもしれませんが、
やはりそれは葛藤としてあるのです。ただ、音楽の歌詞を真に受けている青臭い私としては、
アーティストもそれでいいって思ってくれるよね、と考えるようにしています。


コメント(7) さま

コメントありがとうございます。

「不買」には効果はそれほどない、それには同意します。
私自身の行動にもそれほど実質的な意味は無いというのも理解しております。
しかし、JASRACクソ喰らえという心情のもと、無い知恵を絞って考えた1つの解が
「JASRAC不買」という行為です。

そして、それに基づいて考えたオルタナティブがJASRAC以外の著作権管理団体の管理曲の
レコメンド、というものです。もちろん、それが唯一無二の正答であるとも思っておりませんし、
そもそも正答であるかどうかすら疑問のあるものです。

むしろ、総体としての私たちが関われる解があるのかどうかすら難しいところであるのは、
理解しています。ただ、せっかくブログを書いてよそ様に見ていただいているのですから、
ただ批判するよりは、俺はこう思うんだ、私はこう思うんだ、こうすればいいんじゃないか、
そういう道を考えていくことも必要なのではないかと思うわけです。

何か考えずにはいられない、言わずにいられないのは、音楽への歪んだ愛です、愛。
人格形成期にUK、デトロイト、NYパンクにかぶれてしまった青臭さでしょうか。

コメント(8) さま

熱いコメントありがとうございます。
こちらもガチンコで返信したいと思いますので、後ほどメールさせていただきます。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。