スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Napster増収減益:それでも予測は上回る

Napsterが頑張れているような、そうでもないような、というお話。

原典:ITmedia News
原題:Napster増収減益――売上高は予想を上回る
著者:ITmedia
日付:2007年5月18日
URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/18/news015.html

  米Napsterが5月16日発表した同社第4四半期(1~3月期)の決算は、売上高は2910万ドルで前年同期比9%増となった。最終損益は 850万ドルの赤字(1株当たり20セントの赤字)で、前年同期の純損失440万ドルから赤字幅は拡大。しかし、前年同期の決算に反映されていたコンシューマーソフトウェア部門の売却益540万ドルの影響を除くと、最終損益は130万ドル改善したことになるという。

  1~3月期の売上高は、同社が4月に発表した業績予想の上方修正(売上高2800万ドル)を上回るものとなった。

  通年では、売上高は1億1110万ドルで前年比17%増、最終損益は純損失3680万ドル(1株当たり85セント)を計上。前年の最終損益は5490万ドルの赤字で、通年での赤字幅は縮小した。

  2007年3月末時点の有料会員数は83万人。AOLの音楽配信サービス「AOL Music Now」のNapsterへの統合の影響もあり、会員数は前年の3月末から37%増加した。同社では、オンデマンド型音楽配信サービスのシェア1位を公言している

  Napsterは、米AT&Tとの共同プロモーションや米Motorolaとのマーケティング契約な ど、携帯通信業者や携帯端末メーカーとの提携を進めている。Napsterでは、音楽配信市場は今後「新しい音楽携帯の時代に入る」とみており、クリス・ ゴログ会長兼CEOは「この傾向が、Napsterの今後の成長に大きく貢献する」との期待を示した。同社では、4~6月の売上高を約3100万ドルとみ ている。

  また同社は傘下のナプスタージャパンを通じ、NTTドコモとOTA(Over the air)の音楽サービスで提携することも発表した。

もはやP2P企業だったことすら忘却の彼方に行ってしまったNapster。無制限ダウンロードのサブスクリプションサービスの雄として検討する姿は、以前の何をしても悲壮感ばかりが漂っていたNapsterとはまったく異なる。まぁ、名前だけが残ってるだけだしね、そりゃ当たり前か。

それはともかくとして、AOL Music Nowとの統合やメディア企業との共同戦線などを張ることで、よりいっそうのユーザ拡大をはかっていることが、吉とでるか凶とでるか。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/486-e6722ef7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。