スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eyeVioってなんだったの?:ビデオ共有サイトと違法アップロードとユーザ生成コンテンツ

さて、皆さんは覚えているだろうか、eyeVioというサービスがあったことを(半分冗談だけど、半分本気)。今のビデオ共有サイトに何が欠けているかを最も示す結果となったかもしれないeyeVio、後発だから大変だよね、というコメントを各所で見かけたけれど、本当に後発だから大変なの?と思ったところから、考えをめぐらせてみた。今回も備忘録チックな感じで。

なぜeyeVioは失敗したか

え?失敗したの?と思われた方、少なくとも私の実感に過ぎないのであまり気にしないでね。ただ、私の目から見れば、失敗かなぁと思っちゃうのです。実際に、見てみてもそれほど利用したい、と思えるサイトでもないし・・・。

ということで、なぜそう思うかについて、2点ほど。

1つ目は、なぜYouTubeが一人勝ちできているか、という理由に当たるものだろう。これについては、ほとんどの人が想像できるだろう。単純に、著作権を侵害するようなコンテンツであってもアップロードされているということである。もちろん、昨今はユーザ生成コンテンツがもてはやされているけれども、それでもYouTubeで視聴されているのは、圧倒的に著作者に無許諾でアップロードされたコンテンツだろう。

eyeVioのプレスリリースによると、24時間有人監視体制で著作権侵害からコンテンツを守る、とのことで、まぁたしかにそれはそれでいいのだろうけれど、現実を考えれば、それでは魅力を見出せない人の方が多いだろう。確かにYouTubeのカオスっぷりはあまりにひどいが、それもまた魅力になっているのである。多少にごった水の方が住みやすいということもあるだろう。まぁ、YouTubeが「多少」で済むわけもないけれど。

ただ、YouTubeが成功したのは、それだけではない。もちろん、それが大きいのだけれども、やはりタイミング、というのもあるだろう。YouTubeのクローンサイトでも、著作権的にかなり緩いサイトは多くあるけれど、それでもYouTube以上に人気を集めるところはない。多少ユーザを集めたとしても、YouTubeと比較すれば微々たるものだろう。その点で、後発サイトだから、大変だ、というのはよくわかる。同じ土俵なわけで、認知度の差が利用頻度の差として明確に現れる。つまり、YouTubeは早すぎず、遅すぎず最も適切なタイミングで、その中で最も早く登場しえたことが、成功の鍵だったかと思われる。

まぁ、そう考えてもらえれば、土俵の違うeyeVioが完全に蚊帳の外に置かれる、というのも無理からぬ話だろう。

では、eyeVioが何を目指しているか、というと、「 “my life, your emotion”をコンセプトに、人々の日常から心におきる感動を映像で共有、コミュニケートするという、新たな体験を提供する場です。」(eyeVioプレスリリースより)と、ユーザ生成コンテンツを前面に押し出した格好になっている。前述したYouTubeに適わない理由として土俵が違うんだ、と述べたけれど、Sony自身も異なる土俵で戦うことを意識してはしているようだ。なので、違法コンテンツを徹底的に排除することで、人気を獲得することができない、というのは、eyeVio自身が望んだ道なのだろう。それについては、今後も続けていくことを考えると、必要なコンセプトであると思う。

ということで、2つ目を述べてみたい。1つ目の理由として、違法アップロードに対して寛容なYouTubeが適切な時期にそのサービスを普及することができたのが、勝因だとした。では、現状がeyeVioがメインのターゲットとするユーザ生成コンテンツにとって適切な時期であっただろうか。

個人的には、それに対してはNOだと思う。現状ではユーザがコンテンツを生成するという動きはそれほど活発なものではないかなぁと。

現在のビデオ共有サイトの現状を考えると、確かにかなりの数のユーザ生成コンテンツやCCライセンスのコンテンツの公開がなされている。そして、その中にはかなりのクオリティのものも存在するのも確かである。しかし、その多くが人気のあるYouTubeに投稿されている。何だかんだ言っても、ユーザを最も多く抱えるYouTubeに投稿される傾向が強いことは当然である。

また、ユーザ生成コンテンツのクオリティを考えると、やはりそのようなコンテンツを作り出せる人達の多くは、それなりの技術を持ち合わせているということである。もちろん、プロ並とまでは行かなくても、撮影や編集などの技術的、知識的なアドバンテージを持っている人達である。もちろん、そのための情報や技術はweb上に数多く公開されているし、有償のソフトウェアなどは非常に優れたものがある。

ビデオ共有サイトの次のステージを考えると、違法コンテンツに頼らず、ユーザ生成コンテンツを主軸としたサイトをコンセプトとする、というのは非常に理解できる。しかし、そのユーザ生成コンテンツを製作するのはユーザなのである。そして、現状ではユーザがコンテンツを製作するための環境がそれほど恵まれているとは言いがたい。もちろん、そのための技術や情報が無償で提供されているのだけれども、それを活用できる人はそれほど多くない。ビデオ共有サイトが次の段階に進むには、より多くユーザがよりクリエイティブなコンテンツを捜索できる環境を整える必要がある。

映像コンテンツを作成するためには、そのための素材が必要となる。ほとんどの場合は、自らが撮影した映像がもとになるのだろうけれど、撮影するためにはカメラが必要となる。多くのユーザがビデオカメラ、動画撮影が可能なデジカメ、携帯電話を持っていることを考えると、それほどハードルは高くないかもしれない。もちろん、画質、ということを考えると、デジタルビデオカメラなどの機器の方が望ましいのだろうけれどもね。また、この点に関して、携帯電話のカメラ機能を利用したPCへの映像の取り込みが、現時点ではそれほど普及してはいないかなとも思える。miniSD等のメディアに保存することで、比較的容易にPCに取り込めるのだけれども、それが周知されていないには、これまで携帯電話とPCとの連携にそれほど積極的ではなかったツケかもしれない。

まぁ、映像の撮影に関しては、それほどハードルは高くないにしても、次に編集というハードルが待ち構えている。もちろん、映像をそのままアップロードすることもできるのだけれども、それでは冗長な作品になることが多くなるだろう。やはり、編集を行うことで、よりクリエイティブな作品に仕上がる。前述したとおり、そのためのツールは複数あり、無償でもそれなりもの、有償では優れたものが入手可能である。しかし、そのためのコスト(時間や金銭)等を考えると、ハードルは高いのかもしれない。

と、これまでだらだらと書いてきたけれど、ここで結論を1つ。eyeVioは動画編集ツールを提供すべきなんじゃないの?ということ。もちろん、eyeVioはユーザ生成コンテンツの製作を促進するために、写真スライドショー作成ツールを提供しているけれども、正直それでは汎用性は低いと思われる。それよりなら動画編集とeyeVioへのアップロードを行えるクライアントを提供する方が、よりeyeVioにとってコンテンツの充実を図ることができるのではないかと。

また、 そのようなクライアントを提供したとしても、囲い込みを行うべきではないだろう。たとえ、eyeVioのための利用されるのではないにしても、そのクライアントが利用されることが、eyeVioへのアップロードを促すかもしれない。下手にせこいことを考えるよりは、大きく構えた方がよいだろう。 また、CCライセンスによる音源の提供など、編集に際して必要となる素材の提供もより積極的に行うべきかもしれない。

もちろん、自分で製作したいのなら、自分で技術的、知識的な基盤を築くべきだ、というのもそうなのだけれども、eyeVioというサイトを、プレスリリースにあったようなコンセプトで成功させるには、それを積極的に提供していくべきなんじゃないの?と思うわけです。現状では、ただユーザに頼るのではなく、その可能性を促進するために、どのような補助が必要になるか、それも考えるべきだと思うのです。

そして、今回考えたことは、決してeyeVioだけが抱える問題ではなく、ビデオ共有サイト全体が抱える問題となるとも思える。いつまでも違法なアップロードが許容されるということはないだろう。もし、そのような違法なアップロードが難しくなってきたときに、YouTubeクローンたちは、どのようにしてサイトを維持していくのかを考えると、ユーザ生成コンテンツというのが1つの主軸になることは想像に難くない。そのための種まきを今からしていく必要もあるのではないかなと思うわけです。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/488-fc45bc7c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。