スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeビデオをダウンロードする23+αの方法

ずいぶん前に見た記事なのだけれども、最近YouTubeをはじめとするビデオ共有サイトのビデオを保存するサービスがやけに増えたなぁということで、それをネタに少し考えてみたいなというお話。全てのダウンロードサービスを試用してみたわけではないけれど、ほとんどのものを使ってみた。中には、こちらのサービスの方が使いやすい、さすがにこのサービスはいまどきないな、などなどユーザの勝手な感想を持ったのだけれども、今回はどのサービスが一番よさそうか、というお話ではないので、それは割愛。むしろ、23どころではない数のビデオ共有サイトからの保存サービスが提供されていることを考えてみたい。

原典:Mashable
原題:Download YouTube Videos
著者:Stan Schroeder
日付:May 5, 2007
URL:http://mashable.com/2007/05/05/download-youtube-video/

Web based

YouTubeXにはそれほど多くのオプションはない。しかし、それシンプルであり、きちんと働く。さらに、e-mailを介して友達とYouTubeビデオを共有することができる。しかし残念なことに、全てのファイルはget_videoというファイル名で保存され、手動で.flv拡張子を追加しなければならない。

KeepVidはもう1つのシンプルなサイトである。それほどおどろくことでもないが、これはYouTubeビデオだけではなく、多くのほかのサイト、たとばGoogle Video , MySpace Video , DailyMotionなどでも動作する。しかし、このサイトも.flv拡張子を手動で加えなければならない。

VideoDownloderは、KeepVidに非常によく似ている。しかし、さらに多くのビデオ共有サイトをサポートしており、FireFoxエクステンションとしても利用可能である。KeepVidとは異なり、全てダウンロードは.flvフォーマットとなる。無料で変換可能なMediaCoderをお勧めする。(訳注:日本語サイトはこちら

YouTubeDownloadsは、最長ドメイン名コンテストで1位になるかもしれない。これは、Proxyを利用してビデオのダウンロードを行うことで、それ自身をセパレートする。つまり、あなたの職場やあなたの在住する国でYouTubeへのアクセスが妨害される場合でも、ビデオを得ることができるのである。GoogleでYouTubeビデオを検索して、YouTubeDownloadsにURLをコピー&ペーストするだけでいい。

Zamzarはオンラインファイルフォーマット変換サイトである。ここでは、YouTubeビデオを他のファイルフォーマットに変化することができるだけではなく、それをはダウンロードして保存することができる。我々はこれらの機能をテストしたが、非常にお勧めできる。これらの操作に関してはこちらのビデオを参照のこと。

YouTubiaは、YouTubeファイルをダウンロードするだけではなく、検索することも可能であり、その点で他のサービスと一線を画している。オプションは足りないが、うまく動作はする。

VidGrabは、YouTube, Google Video, MySpace and Break.comで動作するもう1つのシンプルなサイトである。ダウンロード機能に加えて、このサイトは視聴数によるトップリストを表示してくれる。

Vixyはビデオのダウンロードと、ビデオのDivX avi、mov、mp4、3gp、mp3(オーディオのみ)フォーマットへの変換を提供する。変換は非常によく動作するが、時々若干ムラのある変換が行われることもある。

Hey!Watchは非常に多くのオプションを備えた意欲的なビデオエンコーディングサービスである。特に、ポータブルメディアフォーマット(私のお気に入りのiRiver H340にすら対応している)にビデオを変換する際には重宝するだろう。多くのオンラインビデオ変換サービスは、しばしばエンコードに失敗する(音声と映像が同期しないとか)が、この問題はHey!Watchでも起こる。しかし、それはめったに起こらないようだ(訳注:無料版は制限がある。月に10回までしかエンコードできないとか)。

Media Converterは若干動作が重いが、ビデオの変換結果は非常に良い。我々は複数のYouTubeビデオをavi(mpeg4+mp3)に変換したが、非常にうまく動作した。このツールはビデオの変換だけに限らず、複数のオーディオ、ドキュメントフォーマットにも対応する。

KcoolOnlineはwebベースのコンバータであり、YouTubeを含む98のビデオ共有サイトに対応している。それは文字通りゼロオプションであり、シンプルに利用したい人にお勧めだろう。

Windows Application

Vdownloaderは、クリップボードからYouTube, Google Video,Grinviのリンクを取得するデスクトップアプリケーションである。起動し、ビデオのURLをコピーし、ダウンロードをクリックするだけでよい。ビデオはmpegまたはaviに自動的に変換される。

YouTube Grobberは、YouTubeから.flvフォーマットでファイルをダウンロードする。YouTubeのビデオのURLをプログラムにコピー&ペーストし、「grab」ボタンを押せば、プログラムと同じディレクトリにファイルがダウンロードされる。

Orbit Downloaderは、幅広いサイトからビデオをダウンロードできるデスクトップアプリケーションである。ダウンロードのプロセスは非常にシンプルであり、ビデオの上にマウスオーバーさせ、表示された「Get It」というボタンを押すだけである。このプログラムの開発者によると、P2Pテクノロジーを利用しているために、非常に早くダウンロードできるという(彼ら曰く500%upだそうだ)。

MyVideoDownloader。これら全ての無料のツールの中に、商業的なものがあるというのもおかしな話だ。それはMyVideoDownloaderと呼ばれ、しっかりしたつくり、多くの変換オプションが提供されているが(フリートライヤルでは10回のダウンロードが可能)、我々はこのツールが有料であるにしかるべき、妥当なサービスであるとは思いがたい。

KeepVは、デスクトップダウンローダであり、コンバータでもある。.flvファイルをavi, mov, mp4, 3gpフォーマットに変換することができる。

VideoGetは、100以上のビデオ共有サイトからビデオクリップをダウンロードできることを誇っている。我々はその全てをテストしたわけではないので、彼らの言葉を借りて、という程度に留めたい。しかし、それはすばらしい、シンプルかつ、適切なオプションを持つデスクトップアプリケーションである。

TubeTrackerは、特定のユーザから大量のビデオのバッチダウンロードといった非常に興味深いオプションをもつデスクトップアプリケーションである。詳細はこのサイトのビデオツアーにて。

OS X

GetTubeは、YouTube, DailyMotion, Kewegoからビデオやオーディオファイルのダウンロードを可能にするOS Xアプリケーションである。

Linux

YouTube-dll。Linuxユーザに対する愛はここにある。YouTube-dllは、YouTubeクリップを.flvファイルフォーマットでダウンロードすることができる。それらは、mplayerやVLCによって再生することができるだろう。

YouTube Ripperは実際にはアプリケーションではない。それはキーワードにマッチする、特定のYouTubeユーザにアップロードされた全てのビデオをリップする単純なスクリプトである。我々はこれをどう利用すればよいかわからないが、あなたならわかるだろう!PHPポートも利用可能である。

Plugins

Vidtakerは、ほとんどのストリーミングwebサイトからビデオをダウンロードすることのできるFireFoxプラグインである。Google Video, YouTube, MySpaceはもちろんだが、YouTubeの副産物であるSomethingTube(たとえばPornotubeやYouPornなど)といった卑猥なアダルト向けのサイトからもダウンロードが可能である。これは自動的にビデオをDivX aviに変換してくれる。

Ook? Video Ook!(タコ?ビデオタコ!) そう、これはれっきとしたFireFoxプラグインの正式名称である。YouTubeやその他のビデオ共有サイトからビデオをダウンロードすることができる。これは、ワンクリックダウンロードや、人気のDown ThemAll FireFoxプラグインとの統合を特徴とする。

もう1つくらい加えておくと

Kiss YouTube
非常に利用しやすいサイトで、その特徴としてはYouTubeのアドレスに「Kiss」という言葉を挿入することで利用できる。YouTubeでダウンロードしたいビデオを見つけたときに、アドレスバーのURLにKissを入れエンターを押すと、KissYouTubeのダウンロードページに飛ぶ。

さらに、他にも数多くのビデオ共有サイトからのダウンロードサービスを提供しているサイトやソフト、ツールバーなど上げていればきりがないほど。

さて、なぜにこんなエントリを立てたかというと、こんな記事を見たから。

YouTube動画の検索・保存・iPod登録が可能なソフト「Tube 2 Pod」 - InternetWatch

と、タイトルだけ見ると、またYouTubeダウンロードソフトか、と思われるかもしれないが、上記のほとんどのサービス、ソフトと違って、こちらは有料、価格は3,980円。もちろん、有料だけあっていろんな機能がついているのだけれども、かといってこれだけ多くの無料サービスがある中、有料て・・・と思うのは私だけではないはず。うーん、でも買っちゃう人もいるのかもねぇ。

この前見たベクターの記事にも、ビデオ共有サイトのダウンロードソフトが。こちらはフリーソフトでCraving Explorer 、YouTube、ニコニコ動画、GoogleVideo、Yahoo動画、Gyaoなどに対応しているのだそうな。なんかかなり怪しいところにも対応しているけどいいのかな?ちなみに、FLV形式以外でのダウンロードも可能(映像はAVI、MPEG、音声はWAV、MP3に対応)。

こちらのソフトウェアは、本来の意味でのアドウェアといった感じで、YouTube通常検索時のウィンドウの右サイドバーに、検索文字列に対応したAmazonの広告が表示される。まぁ、騙し云々はないと思うので、表示が気にならなければ利用してもいいんじゃないのかしら?ちなみに、それ以外の検索では表示されない(YouTubeサムネイル検索も含めて)。

さて、それはともかくとして、これだけのYouTube動画保存サイト、サービス、ソフトが生み出されている現状というのは、やはり需要があるからだろう。もちろん、それが全て真っ白な使われ方をしているとも思っているわけではない。おそらくは、その利用の多くが著作権侵害を含んだ利用なのだと推測される。

とはいえ、やはりそれだけ人々はYouTubeのようなサービスを、そしてそれを保存するサービスを望んでいるということだろう。需要があるのだから、そこにビジネスチャンスがある・・・はずではあるのだけれども、かといってそれをうまく利用する術は現在のところ、なかなか見つかっていないのが現状かもしれない。ではそれを有料配信すれば、その需要をカバーできるか、というとそんなこともない。やはり、YouTube等ビデオ共有サイトでは無料で見れる、という要因が大きい。

となると、コンテンツプロバイダの選びうる選択肢は、YouTubeとの提携ということになるのかもしれない。先日、EMIが4大メジャー最後のレーベルとして、YouTubeとの提携を発表した。これで、4大メジャー全てがYouTubeと提携したことになる。もちろん、これはユーザにとっては望ましい結果であるが、コンテンツプロバイダから見ると、決して積極的な一手、というわけではないだろう。当然、勝手に利用されているのを許さん!というのが第一にあったろうし、実際削除要請を再三にわたって行ってきた。しかし、現実にはそれでも毎日のように管理するコンテンツがアップロードされ、利用されている。

結局、現状でそこから利益を上げる唯一のオプションとして、YouTubeの提携があったのだろうなぁと。 CNETによると、EMI MusicのCEO、Eric Nicoliはこう語っている。

今回の合意を通して、EMI Musicと所属アーティストは、その作品に対して、報酬を公正に得ることが可能となるだろう。

まぁ、本来であればなし崩し的な提携というのは避けたかっただろうし、できれば厳しくコントロールされたプラットフォームを選択したかったのだろうけれど、それでもYouTubeの現実、そしてそのオバケサイトっぷりを考えれば妥協できるラインではあったともいえる。

そう考えると、もし、そのYouTubeの現実、つまり著作権侵害的な利用が不可能になったとしたら、どうなるのだろうかと思いをめぐらせてしまう。そうなると、少なくとも現在と同レベルでのアクセスを期待することはできなくなるだろう。そうなったときに、果たしてコンテンツプロバイダから見たYouTubeは、少なくとも妥協できるほどの魅力を持ち合わせていられるだろうか。もちろん、それはYouTubeのみならず、他のビデオ共有サイトにも言えることだし、著作権侵害的な利用が許されなくなるのは当然の流れでもある。

まぁ、現時点で著作権への配慮に怠りのないサイトであれば、それほど影響はないと思うけれどもね。最終的には、海賊的な利用に頼らず、公開したいと願う人のコンテンツのみを公開し、それによって運営していく、というサービスとして安定していかなければならない。以前のエントリでは散々批判的に見てしまったが、その点にはeyeVioなんかに強みがあるのかもしれない。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/498-0f07cade

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。