スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Creative Commonsライセンスのアルバム『WhiteRoom』の紹介

これまでにこのブログでも何度か取り上げているJamendoというサービスがある。 このサービスはCCライセンスを利用して、音楽を求めるリスナー、音楽をプロモーションしたいアーティストの双方にwinをもたらすことをコンセプトとしている。その辺のコンセプトやサービス内容については、以前のエントリを参考にしてもらいたい。

私自身が音楽好きということもあって、時間を見つけてはそのJamendoで素晴らしい楽曲、アーティスト探しを楽しんでいるのだけれども、たまにはその過程で見つけた人生の友ともなりうるアーティストや楽曲たちを紹介していきたいなというお話。

今回紹介するのは、そんなJamendoで見つけたWhiteRoomというアーティストのセルフタイトルのアルバム『WhiteRoom』。こちらのCCライセンスのもと、配布されている。

いや、CCライセンスでの提供だからとか、Jamendoのアーティストを単に紹介したいだけとか、そういうことは一切なく、このWhiteRoomというアルバムは素晴らしい、クールなアルバムだと思っている。最初に聞いたときには鳥肌が立ったくらい。だからこそ、紹介してみようと思ったわけです。

WhiteRoomは、カナダ、モントリオール在住のアーティスト。公式サイトを見る限りでは、Alex DrayとEddy Silvaという2人のユニット、なのかな?まぁ、彼らのバックグラウンドはいいとして、是非とも音楽を聴いてほしい、という感じ。

私のお勧めは2曲目のPapillons。いきなり三味線や尺八(?)の音が聞こえてかなりビックリした。最初は、イロモンか?と思ったのだけれども、その思いはすぐに払拭された。インド楽器などトラディショナルな楽器を持ち込むアーティストは数多くいるけれども、その多くはお世辞にもうまく使いこなせている(弾きこなしているとかじゃなくて、表現として、という意味で)とは言いがたい人達も多い。しかし、このWhiteRoomに関しては、そういう奇をてらうだけの使い方はしてはいない。彼らの世界観を作り出す1つの要素として楽曲を構成している。

その他のイヤーキャッチーな曲としては、8曲目のBarcelona。かつてのPaul McCartneyを彷彿とさせるポップな感じ。さらにそれにKinksのRay Davisばりのけだるさが加わっている感じ。13曲目のPlay it as it liesは同じくけだるさと物憂げな感じが漂う曲だが、こちらはRay Davisのような田舎くささは一切ないスタイリッシュな構成になっている。

全曲通して聴くと、このWhiteRoomの幅の広さがわかるかもしれない。ラテンジャズやボサノバ、クラシックロック、クラシックポップ、レゲエ、トリップホップ、アーバンビートなどさまざまな要素を取り入れているが、単に雑多な感じではなく、彼ら自身のアイデンティティ、つまり彼ららしさを持ちつつ、それぞれの音楽を昇華させて取り入れているといった感がある。おかげで、2つとして同じような(焼き増しのような)曲はなく、最後まで飽きずに聞き続けられる。

個人的に、もっともクールだなぁと思うのは、間のとり方かなと。それが飽きさせないもう1つの理由でもあるのかな。作曲やアレンジでもそうだし、全体を通した曲の流れに関してもそう思う。WhiteRoomにはIntroにはじまり、数曲ごとに合計3つのInterludeが挿入される。それがまた、曲をいい具合に繋いでいる。曲単位でも、全体としても、うまく抑揚がついたアルバムに仕上がっている。

と、つらつらと書いてきたけれど、あまりレビューというのは得意なほうではないので、このアーティスト、アルバムを気に入った人は是非とも紹介してほしい。

JemendoでのWhiteRoomのページはこちらから。ダウンロード(torrent or eDonkey)もCCライセンスに基づいて無料で可能、あと共有も可能。確かに無料で可能にはなっているのだけれども、彼らが商業的な活動を行っていないかといえば、そうではない。CDの販売も行っているし(たとえばAmazon)、iTSでの音楽配信も行っている。それでも、数多くの人に自分たちを知ってほしいというプロモーションをかねて、このようなJamendoでの配信を行っているのだろう。少なくとも、そのおかげで私は彼らに出会い、このような記事を書いている。確かに、無料での音楽配信はリスクが伴う部分もあるが、より多くの人に知ってもらえるというメリットもある。そうしたメリットをリスナーがさらに拡張することが、これからの音楽配信や、Jamendoのようなサービスを支えていくのかもしれない。

まぁ、そんなことを抜きにしても、このアルバムは多くの人に聞いてほしいと思うし、気に入ってくれたら嬉しいなと思う。

関連エントリ
jamendo:P2Pを利用したフリーな音楽配信
クリエイティブコモンズミュージックの進展
Jamendo、直感的なレコメンドサービスSpiralを開始
Jamendo、(少なくとも)100万ダウンロードを達成

Trackback

P2Pダウンロードで、無料で、音楽聞いてみませんか?
P2Pってウィニーのウィルスとかで「個人情報の流出」ってイメージしかないと思うんですが、古くはLinuxのCD/DVDイメージ(.iso)配布、最近はBitTorrentとかの合法利用への道も注目されてます。普通にダウンロードす
2007.06.19 07:42 | 喜楽に生こう
Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/513-710a2fcb

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。