スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット規制はどこまで想定されているのか

総務省のシンボルマークらしいよ 総務省の「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」が発表した、通信、放送に関する規制の見直しと競争の促進を主眼とする中間報告書が論議を呼んでいるよというお話。一部ではネット規制だ!という声も上がっているけれども、それほどきつい規制を敷くって感じでもない気もする。ただ、それも今後の議論の展開次第なのだろうし、規制って言葉にはなんだか自由を奪われる感もある。。個人的には、表現の自由を差異が威厳考慮しつつ、最小限の規制を、という趣旨には賛同したい。まぁ、ゾーニング程度の緩い規制を敷く、という受け手の制限のみに留め、送り手の制限など決してしないことを願いたいもので。ということをつらつらと思ってみた。

原典:@IT
原題:ブログ、2chも対象にする「情報通信法」(仮)とは
著者:垣内郁栄
日付:2007/06/20
URL:http://www.atmarkit.co.jp/news/200706/20/it.html

  総務省の「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」は6月19日、通信、放送に関する規制を見直して競争を促進することを主旨とする中間報告(PDF)を発表した。ネットへの対応に遅れが目立つ現行の放送法、電気通信事業法などの規制を転換し、新たに策定する「情報通信法」(仮称)に一本化することを提言。テレビ局などの放送コンテンツだけでなく、ネットの掲示板やブログも対象にすることを盛り込んでいる。

この報告では、「放送事業者には規制が課されているが、ネット上のコンテンツは通信として扱われ、強力な伝ぱ力があっても規制がないため、違法・有害コンテンツの流通拡大を招いている」と現状を指摘しており、表現の自由に配慮しつつ、一定の規制をもうけるべきとしている。

で、どう規制していくべきかについては、放送・ネットコンテンツの別なく、新たな枠組み-社会的機能や影響力-によって、「特別メディアサービス」「一般メディアサービス」「公然通信」に類型化し、それぞれについて適正な規制(と現行の放送規制を緩和する方向で)を模索していくらしい。それぞれ以下の通り。総務省の「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」の中間報告書を参考、引用した。

特別メディアサービス

言論報道機関として健全な民主主義の発達に最も重要な強い世論形成機能を有し、地域住民の生活に必要不可欠な情報を総合的にあまねく提供する一方、災害など非常時における主要な情報伝達手段としての機能など特別の社会的役割を担うコンテンツ配信

この辺は現在の地上テレビのコンテンツなどを想定している模様。これに関しては、地上テレビに対するこれまで通りの規制を維持する。

一般メディアサービス

現在の放送に類比可能なコンテンツ配信サービスのうち、事業性があり、かつ一定の社会的機能・影響力を有するものについて対象とする方向で検討すべき

これらには、衛星放送やCATV、インターネットを介した放送が含まれ、主に番組編集や広告に関する規制が考えられている。

公然通信

インターネットのメディア化の急速な進展や、有害コンテンツが社会問題化している現状を踏まえ、「通信の秘密保護」の根拠は匿名による表現の自由の確保とプライバシーの保護(狭義の通信の秘密)にあるとの視点から、保護の範囲と程度を捉え直すべきである。その上で、有害コンテンツを含め、表現の自由と公共の福祉の両立を確保する観点から、必要最小限の規律を制度化することが適当である

これが最も適応範囲が広く、上記の2つ以外の通信(たとえば個人サイトやブログ、掲示板など)が含まれる。これまでのところ、プロバイダ責任制限法以外の規制が制度化していなかったことが、有害コンテンツが社会問題化した一因となったとし、それらに対する新たな規制を導入すべきであるとしている。

で、具体的にどうするかというと、

「公然通信」に係るコンテンツ流通に関して、各種ガイドラインやモデル約款等が策定・運用されていることを踏まえ、違法・有害コンテンツ流通に係る最低限の配慮事項として、関係者全般が遵守すべき「共通ルール」の基本部分を規定し、ISPや業界団体による削除やレイティング設定等の対応指針を作成する際の法的根拠とすべきである。「プロバイダ責任制限法」などICT利用環境整備関係法制度についても、可能な限り一元化すべきである。

だそうで。ISPや業界団体による削除ってのが気になるけどね。違法と有害って何が違うのさ、というと、有害コンテンツは

「自殺の方法」や「爆弾の作り方」、「ポルノ」など、違法とは必ずしも分類し難い情報ではあるが、青少年など特定利用者層に対する関係では一定の規制の必要性があるもの

とされている。まぁ、これに対しても、ゾーニング等による必要最低限の規制を制度化し、であるとしている。

まぁ、2ch規制になりかねない、っていうのもわかるけれど、少なくとも現状の方針を見る限りでは、そこまで強いものではないかなと思う。とはいえ、緩い規制を求めてはいるけれど、じゃあ、ゾーニングするにしても、誰が?どうやって?という話になる。

ISPがやれば検閲だし、コンテンツプロバイダが自主的にやれば適切にゾーニングが行われない可能性もある。現実的には、ゾーニングが行われているはずの18禁サイトを18歳未満の子供が閲覧できるんだから、現状でもうまくはいっていないと思われるわけで。

うーん、どうなんだろう、ゾーニングをするしないに関わらず、ゾーニング自体が現状で効果があるのか、という問題も出てくるよね。18歳未満の子供を持つ親が、ISPに申請してアカウントorIDごとに利用できるサイトを制限する枠組み、なんてのも考えているのかも。そういうのができれば、それなりにゾーニングの効果は出るかなと思う。

ただ、ISP自体がこのサイトはOK、このサイトはNGってのはやはり無理があるし、負担が大きすぎる。となると、第三者機関みたいなのをつくろうってことになるのかな。ビデ倫みたいな感じで。おや、ずいぶんとまたお金の臭いがする話になったわね。

そんなわけで、もしこんな風に話が進んで、金のなる木ならぬ天下り先・・・じゃないやネット倫理機構(通称ネト倫)ができたとしても、それをもって規制や処罰を可能にする、というのとは別問題な気もする。もちろん、ポルノ等の明確な18禁のサイトに関しては、どうゾーニングしていくのか、を検討していくことになるのだろうけれど、もっとグレーゾーンにある「有害」という言葉でくくられているサイトに関しては、誰が、度いう基準で評価して、どのようにゾーニングしていくべきか、ということを考えなきゃいけない。

そこで見誤ってはいけないのは、「確実に」有害なサイトってのは存在しないということ。確実に有害であれば、そんなものとっくに法律で規制されているだろうし。なので、有害ではなく、「有害そう」なものを(たとえゾーニングであれ)規制しようとしていることを忘れてはいけない。極端に言えば、思い込みで規制しようということ。それを見誤ると、ゾーニングなんぞ生ぬるい!禁止してしまえッ!ってな話になりかねない。それこそ、表現の自由に関わってくる話になる。

少なくとも、所謂有害といわれるサイトは、少なくとも法的には問題はないわけである(もちろん、ギリギリのラインのもあるのだろうけど)。ということを考えれば、いかにしてコンテンツプロバイダを制限しない形での規制しか行ってはいけないとも思える。まぁ、送り手の制限ではなく、受け手の制限をどうするかってところに主眼を置くべきだろうね。

と、有害だと判断されかねない、ブログの管理人は思ってみる。

しっかし、なんというか爆弾の作り方って・・・。爆弾を作ることで、もしくは爆弾の作り方を知ることで、おかしな子ができるとでも思ってるのかしら。そんなものは所詮手段に過ぎなくて、おかしいからこそ、爆弾を作って脅かしてやろうとか、人を傷つけてやろうと思うのだろうけどね。手段を規制しても、根本が変わらないんじゃ解決にならないと思うけどね。

まぁ、そのために2ちゃんねるのような発達上問題のある掲示板を規制すべきだ、となるのかもしれないけどさ。ただ、それは今回の話とは別なのかなとも思うけど。個人的には、色んな人がいて勉強になると思うけどねぇ。

それはそうと、特別メディアサービスとか一般メディアサービスとか、該当するwebサービスがでてくる前から、規制をしこうって腹もあるのかね。誰が得するのやら。まぁ、既存の放送業者たちは、規制緩和とネットの抑制を得ることになるのかしらね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/529-f6b81276

Comment

twist | URL | 2007.06.25 10:40 | Edit
この法案、どうなんでしょうかね?
winnyにかこつけて、P2Pはskypeやjoostまで規制されたら
たまらんです。
heatwave | URL | 2007.06.26 13:01 | Edit
twistさま

こんにちは、コメントありがとうございます。

上記のエントリでは、楽観的な考えを述べてみたのですが、それでも不安な点はあります。というのは、この指針の中には、『違法・有害コンテンツ流通に係る最低限の配慮事項として、関係者全般が遵守すべき「共通ルール」の基本部分を規定し、ISPや業界団体による削除やレイティング設定等の対応指針を作成する際の法的根拠とすべきである。』という文言があり、それを考えると、ISPや関係団体による削除を可能にするための方法をも模索しているようにも思えます。もちろん、違法コンテンツに対しては、それでもよいのでしょうが、有害とされるコンテンツに対してまで、そこまで強い行使ができることになれば、非常に問題は大きいでしょうね。

それ以外にもカテゴライズを曖昧、かつ恣意的な適用が可能になるような形にするかもしれません。そうした弊害もあるかもしれませんね。ともすれば、3分類でも少ないのかもしれませんね。既存のテレビ等の枠組みにインターネットを無理やり当てはめて作り出されたカテゴリって感じもしますし。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。