スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊版DVDの字幕翻訳者は海賊業者を幇助してる?

大阪府警が海賊版DVDを販売している海賊業者を検挙したことに伴い、その海賊版DVDに字幕をつけている翻訳者の行為が、違法販売の助長に当たるとして、著作権侵害の幇助容疑で捜査を進めているみたいだよ、というお話。翻訳者とこの海賊業者に直接の関係があるのであれば(金銭授受に関わらず)、幇助容疑ってのもわからないのでもないのだけれども、そうでないのであれば幇助ってのはちょっと強引なんじゃないのって気もする。金子勇の場合は、Winnyが主に著作権侵害に利用されうるものであるということを予見してたわけで、今回の場合は、海賊版DVDとして販売されることを予見しえたのだろうか、と考えると・・・どうなんでしょね。

原典:Yomiuri Online
原題:海賊版DVDに独自字幕、翻訳者特定へ…大阪府警
著者:読売新聞
日付:2007年6月27日
URL:http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20070627p102.htm
備考:太字は引用者によるもの

 大阪・日本橋の路上で4月、元暴力団組員や少年らが海賊版DVDを販売していた事件で、大阪府警が押収した外国映画の海賊版DVD15作品中、6作品に正規のものとは異なる日本語字幕が付けられていたことがわかった。こうした“海賊版字幕”は、これまで英語作品で見つかったことがあったが、今回、韓国語作品でも初めて確認された。府警は「韓流ブームの影響などから、英語以外でも海賊版の翻訳需要が拡大している」と判断、翻訳行為が違法販売の助長にあたるとみて著作権法違反のほう助容疑で翻訳者の特定に乗り出した

何か違和感を感じるんだけど、著作権法違反じゃダメなのかな?というか、その翻訳者はこの海賊グループと直接の関係にあったのかどうかが気になるところ。読売の記事を読む限りでは、どうやらネット上で落としてきたものを販売してただけのようだけれども、翻訳者たちが正犯と全く面識がなく、かつ海賊版として販売されることを予見できないとしても、幇助を認められるものなのかな・・・。

金子勇の場合は、少なくとも予見しえたからこその判決だったわけで、もし翻訳者たちが海賊版DVDに利用されていることを知らなければ、幇助にはならないんじゃないかと素人考えながら思ってしまう。GIGAZINEなんかもその辺を指摘してるねぇ。詳しい方、教えてくださいな。

まぁ、それにしても海賊版業者もネット上からダウンロードしてきたものを販売し始めているのね。ネットを押さえれば、海賊版業者にも大打撃を与えられるって所かしら。もしくは、海賊業者に頼らなくてもいいくらいに違法P2Pファイル共有がさらに広まるかすればね。

関連エントリ
P2Pファイル共有が海賊業者を駆逐する:ある海賊業者の告白

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/537-38d86e85

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。