スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LiveStation:DVD画質のライブストリーミングP2Pテレビ

LiveStation 英国ベンチャー企業のSinkersとMicrosoftが共同して、P2Pを利用したライブTVストリーミングサービスの開発を進めているよ、というお話。もちろん、ライブストリーミングということで、その辺はJoostやVeohTVなどとは異なるのだけれども、そのうたい文句として、DVD画質!遅延なし!バッファリングで中断することもなし!などなど、非常に興味をそそる内容。このサービスは、SinkersのP2P技術と、MSのSilverlightのコンビネーションによるものらしく、SilverlightをAdobe Flash Playeに代わる存在にしたいMSにとっては、このようなプロジェクトの成功によって、Silverlightの存在を知らしめたい!という狙いが強く出ている感もある。まぁ、いろんな思惑があるにしても、こんなサービスの開発が進むことはよいことで。

原典:ZeroPaid
原題:LiveStation Promises DVD-Quality LIVE streaming P2P TV
著者:soulxtc
日付:July 06, 2007
URL:http://www.zeropaid.com/news/8887/LiveStation+Promises+
DVD-Quality+LIVE+streaming+P2P+TV

LiveStationは、P2P技術を利用したライブTV放送を行う予定である。それによって、インターネットに接続可能であればいかなるところでもDVD品質の映像を視聴できる。

P2Pのパワーを利用して、英国べンチャー企業SinkersとMicrosoftは、『LiveStation』と呼ばれるライブストリーミングTVプロジェクトをローンチしたとアナウンスした。それによると、『映像はDVDを視聴しているようであり、・・・おかしな挙動も、バッファリングもない・・・まるで、ライブTVを視聴する感覚でしょう。」

広告モデルによるオンデマンドビデオ配信を行うJoostと異なり(彼らは比較されたくもないだろうが)、LiveStationはビデオコンテンツのライブストリーミングを提供する。

LiveStation P2P TVクライアントは、MicrosoftのCambridge Research CenterをベースにするベンチャーSkinkersの開発するP2Pソフトウェアと、Adobe Flash Playerに取って代わらんとするMicrosoft Silverlightの組み合わせによって、形成されているのだろう。

MicrosoftのDon Dodgeは、これまでのPC上でのライブTVの視聴方法とは、別のものをLiveStationはセットすることを示した。

  • LiveStationは、テレビ信号の配信にP2P技術を使用するため、巨大なサーバインフラや膨大な帯域を必要としない。P2P技術は、BitTorrentに類似した機能を持ち、MicrosoftのCambridge研究所で開発された。
  • Silverlightは、ビデオを極めて高画質に、そして脅威の速度で表示させることが出来る。Silverlightは、今年初めにMIX07で公開され、絶賛を受けている。LiveStatioinは、Silverlightのパワーと優雅さを示すだろう。
  • LiveTV、これは録画されたテレビの再放送ではない。ライブであり、遅延はない。もちろん、このテクノロジーは、録画された番組や、その他のタイプのコンテンツにも対応するよう、修正されるかもしれない。
  • 携帯電話上のTV?Silverlightは、携帯電話でも動作するため、将来LiveStationは、直接Live TVを携帯電話、モバイル機器に提供するようになるかもしれない。

実際のLiveStaionのサイトには、コンテンツ制作者向けのメッセージが掲示されている。

現在、あなたのオーディエンスは分散しており、複数のスクリーンでテレビを見ることができます。自宅のTV、携帯電話、公共の場所のTVスクリーン、そしてもちろん、自宅やオフィスのPCで。さらに言えば、持ち運ぶことだって。

想像してください、あなたのオーディエンスが、デスクトップで、空港で、家で、そう、彼らがインターネットに接続することが出来るいかなるところで、あなたのライブTVコンテンツを視聴することを!想像してください、バッファリングや中断することのない、高品質な画質を!想像してください、あなたのオーディエンスが、視聴しているテレビ広告をクリックすることができることを(まさに彼らがWeb上でしていることであり、既存のテレビチャンネルではできないこと)!この全ては現在のビジネスプロセスを一切変える必要はないのです!

残念ながら、このLiveStationクライアントをテストする機会には恵まれていないのだが、TechCrunchでいくつかのスクリーンショットが掲載されている。また、いかに動作するかについてのデモを行っているビデオを掲載しよう。

何かすごいプロジェクトだよねぇ。

まだ、LiveStationに関しての詳細を読んでいないので推測になっちゃうのだけれども、ライブTVに限定しているってのは、やはりP2Pを利用した高画質配信だから、ってことなのかな。Joostのようにオンデマンド配信にしてしまうと、ユーザの視聴行動に当該のコンテンツの配信が依存することになるから避けてるってとこなのかな。BitTorrentと類似しているってことを考えると、全てのユーザに特定のコンテンツを同時に視聴させるほうが、高速かつ安定したコンテンツ供給が行えるってことなのだろうね。つまり、オンデマンドのJoostが、数多くのコンテンツ(1つのチャンネルに複数のコンテンツがある)を、異なるタイムラインで提供しているのに対して、ライブTVのLiveStationは、少ないコンテンツ(1つのチャンネルに1つのコンテンツ)を、同じタイムラインで提供することで、より凝集性の高いネットワークを作ろうとしている、ってことかしらね(凝集性ってのは不適切な言葉かも)。

まぁ、現在のところは招待制で少数のテストユーザでベータテストを行っていく模様。一応、登録できるのだけれども、その登録はJoostと同じで、サービスが開始したときに招待メールを送りますよってだけのことで、今すぐ使えるというわけではない。ちょっと残念。

にしても、このLiveStation関連の記事を読む限りでは、ライブTV配信サービスが始まるよ~ということ以上に、MicrosoftのSivlerlightにかける意気込みが伝わってくる記述が多いのには笑わせていただいた。まぁ、Microsoftとしても、Silverlightを利用したキラープロジェクトが欲しいってところだろうしね。そう考えると、この開発はそれなりに安定して行われそうね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/551-4597ae42

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。