スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『iTorrent』:iPhone向けBitTorrentクライアントは可能か

これまで世界中の数多くのブログがiPhoneについてレポートを行っているが、TorrentFreakでは、iPhoneの話題に触れてこなかった、ということで、TorrentFreakが彼らのなりのiPhone考を行っているよ、というお話。もちろん、TorrentFreakゆえに考えることは、iPhoneでBitTorrentは可能か、である。その答えは、たぶんできそう、というものであり、多少不便はあるものの、ポケットの中でBitTorrentが動作する、ということも近々可能になるかもしれない、と述べている。

原典:TorrentFreak
原題:“iTorrent”: A BitTorrent Client for your iPhone?
著者:Ben Jones
日付:July 13, 2007
URL:http://torrentfreak.com/itorrent-a-bittorrent-client-for-your-iphone/

iTorrent通りを歩きながらファイル共有をする、そんな可能性はあなたが考えている以上に早くに実現するかもしれない。BitTorrentクライアントをポケットの中で実行することは、新しくパワフルなコミュニケーションツールによって、より近づきつつある。たとえば、最近リリースされたAppleのiPhoneのような。

TorrentFreakは数ある技術系ニュースサイトの中で、どのような形であれ、iPhoneを扱わなかった唯一のサイトであるかのように思われるかもしれない。このような欠落を補うためにも、我々は「iPhoneでtorrentは可能か」を考えてみた。

デバイスの技術的仕様では確かにそれは可能だ。非常に優れた、タイトなコードで書かれたクライアントを仮定すれば、それを動かすだけの十二分なCPUパワーがある。Wifi (802.11b/g)の組込、EDGE 2.75Gワイヤレスネットワークデータ転送システムの使用によって、かなり広範囲に受信が可能である。

以前『geohot』とよばれていた『iPhone-binutil』プロジェクトの開発者によると、『iTorrent』のようなアプリケーションの開発を妨げている唯一の障害は、現在、彼らのiPhoneに関するコーディング能力が足りないからだという。ファイルシステムは開かれており、たとえiTunes以外にないにしても、メディアプレーヤーは存在している。

ただ、多くの人にとってのマイナス要因としては、この新しい携帯の無料の3.4Gb(お金を払えば7.4Gb)ではデータを転送するには不十分かもしれない、ということ。ただこれは、何をtorrentするのかにも依存するだろう。もっと大きな問題としては、バッテリーが最大でも6-8時間しか持たないことだろう(Appleの仕様書によれば)。それはまったくもってよろしくない。さらに、多くのユーザが、データ転送に関する限りでは、wifi接続は遅いと報告している。また、EDGEを使用するとさらに遅くなる。最大で30k/sなのだから。

もちろん、メリットはそれを持ち歩くことができるということ、そして多様なコンテンツを扱えるということ、そして、そのtorrentファイルの典型的な価格設定(無料)だ。もちろん、時間がたてばわかるだろう。また、iPhoneにMMS(訳注;MMSとは)がないことがオーナーのちょっとした悩みの種にもなっているだろう。しかし、ここにそれを回避するための方法がある。詳細はこちらに。

さて、携帯電話で、通常、BitTorrentユーザが利用しているようなやり方で、BitTorrentを利用することに、それほど意義を見出せないのは私だけでしょうか。当然、BitTorrentプロトコルを利用して転送を行うというのはありだと思うのだけれども、コンテンツを入手するために既存のBitTorrentとラッカーに接続して・・・・なんてことはあまり意味がないような気がする。むしろ、PCでダウンロードしたものをiPhoneに転送してそれを楽しんだ方が遥かにメリットがある。

と、寒いことをはじめに言ってみたけれど、それでもiPhoneえBitTorrentができるかも、と言われるとちょっとわくわくするものだ。もちろん、その開発が始まっているわけでもないし、その見通しを立てているわけでもないし、不都合な点が多々あるようだけれども、それでも一応は可能そう、というとやはり、それが実現するのが楽しみになる。まぁ、そんなに遠くない日に実現するだろうけれど、逆にそんなに近い日に実現するとも思いがたい。むしろ、ハードウェア組込型の携帯デバイスなんてのがでてくるほうが早かったりして。

何にしても、人間挑戦あるのみ。これが実現すれば、実用性はともかくとして、みんなビックリするはず。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/580-2b9ff25c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。