スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送前のテレビ番組が大量にリークされる:来年放送予定のものも

先日、『24』の放送前のエピソードをビデオ共有サイトにアップロードしたとして、男性が実刑判決を受けたと紹介した記事の中にあったように、多くの未放送のテレビ番組のリークがBitTorrent上でなされている。かつて、映画産業はその流出経路に映画関係者が存在していることを突き止め、そこからの流出を塞ぐのに躍起になっている。今後はそのような努力がテレビ産業においても必要になりそうだ。先週、BitTorrent上に多数の放送前のテレビ番組がリークされたよ、というお話。

原典:TorrentFreak
原題:Massive Leak of Pre-Air TV Shows: Piracy or Promotion?
著者:Ernesto
日付:July 24, 2007
URL:http://torrentfreak.com/massive-leak-of-pre-air-tv-shows-piracy-or-promotion/

先週にかけて、近日放送予定のテレビシリーズの複数の番組が、BitTorrent上にリークされた。少し例を挙げれば、Weeds, Chuck, The Sarah Connor Chonicles, Pushing Daisies, Californication, Brotherhood, Dexterなど。これは非常に不可思議なものだろう。果たしてこれは、ハードコアな海賊の仕業なのか、はたまた、テレビスタジオによる新たな形態のプロモーションなのか?

ほとんどの番組は、スタジオから複数のメディアアウトレットやテレビ編集者に送られたプレビュー、レビューDVDからのリップである。たとえ、これらの番組が故意にリークされたという明確な証拠がないにしても、リークは確実にインターネット上での宣伝効果を生んでいる。非公式ながら、これらの放送前のレビューはすでに、インターネットの各所に現れてきている。

The Sarah Connor Chonicles, Pushing Daisies, Californication, Reaper, Chuckは、これからファーストシーズンが開始されるテレビ番組である。ターミネーターファンから高い期待を寄せられているThe Sarah Connor Choniclesは、その放送が2008年からの予定であるため、そのリークは非常に際立っている。そのほか全てのリークは、ここ数ヶ月以内に放送が開始される。

Weedsにとっては、放送前のリークは二度目のこととなる。昨年、これと同じことが起こり、放送前に数千人の人達が最初のエピソードをダウンロードして視聴した。テレビスタジオは、既にiTunes Storeに無料で複数のパイロット版を提供している。彼らがBitTorrent上においても同様のことをすると推測するのは、あまりに飛躍しすぎだろうか?

今週、BitTorrentにリークされたテレビ番組のリストを「オフライン」での放送日時をつけて以下に記す。

  • Weeds : (season 3) scheduled to air on August 13, 2007
  • Chuck : (season 1) scheduled to air on September 24, 2007
  • The Sarah Connor Chonicles : (season 1) scheduled to air on early 2008
  • Pushing Daisies : (season 1) scheduled to air on September 26, 2007
  • Californication : (season 1) scheduled to air on July 24, 2007
  • Reaper : (season 1) scheduled to air on September 25, 2007
  • Brotherhood : (season 2) scheduled to air on September 30, 2007
  • Dexter : (season 2) scheduled to air on July 29, 2007


まぁ、なんとも数多くのドラマがリークされたもので。おそらく、TorrentFreakは知ってていっているのだろうが、おそらくこれはプロモーションではないだろう。もちろん、プロモーション効果はあるにしても、実際にはリークされたものだろう。

個人的には、確かにプロモーション効果はあるのだけれども、それによって第1回のインパクトが薄れる可能性もあるのよね。そういった意味でも、できればリークなんてのが起こらなければいいのになぁ、と思ったりする。もちろん、プロモーションのために、BitTorrentに限らず多くの配信プラットフォームを利用して、アピールするという手法をとるべきだとも思うけれど、1次利用がテレビ放送であることを考えると、そのインパクトを最大限にする努力ってのが必要になると思うのよね。ある意味では、リークされるってのはそうした努力を無駄にする可能性もある。

個人的には、そうしたプロモーションを行いたいならば、第1回まではパイロット版程度のリリースに抑えて、放送後に最初のエピソードを期限付きで公開する、という方がプロモーションとしては正解な気がする。もしくは、Webとテレビ放送に1次、2次の別を設けない、という逆転の発想とか。まぁ、それは極論だけど。

冒頭にも書いたけれど、どうもこのリーク、テレビ関係者によるものだと思われる。これだけの量を考えると、制作サイドではなさそうだし。以前は、このような関係者のリークによって映画産業がそのソースの管理を徹底させていることを考えると、テレビ産業もそうした対策が必要になってくるもかもしれない。

にしても、サラコナークロニクルって、ターミネーター4のプロモーションみたいな感じなのかな? 個人的には、ターミネーターって題材としてはすごく面白いのに、結局はアーノルドシュワルツネガーの映画になってしまったことが何か残念な映画。そのシュワシュワも出ないことが決まっているターミネーター4。大丈夫なんかねぇ・・・。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/612-2783cc42

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。