スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『著作権ビジネス』の縄張り:Yahoo!ビデオキャストはなぜ『個人の演奏』だけが許可されたか

Yahoo!ビデオキャストが、楽曲使用料をJASRACに支払うことになったそうで。個人的には、今までただただ削除されるだけの状況よりは一歩前進したような気もするので、喜ばしい限り。ホント、これ喜ぶべきことだよ。少なくとも、Yahoo!動画上では、ユーザは著作権に悩まされずに、好きなアーティストの楽曲を演奏したビデオをアップロードできるんだから。まぁ、問題はあるにしても、1つのハードルをクリアしたといったところだろうか。まぁ、いかにJASRACがアレだとはいえね。

ちなみに、Yomiuri Onlineでは、「アマ演奏姿も投稿OKに」なんて書いてあるけど、(契約さえ許せば)プロでも演奏した動画をアップロードできるようになったわけで。しかも、自分の好きなようにね。その辺でいろいろ活用してくれるアーティスト(実演家)が出てくればいいのだけれどもねぇ。

そんなわけで、今回の一件は結局は作詞、作曲されたものを、個人が演奏して公開することがOKになった、という話なのだけれども、なんでCDやPVなんかはNGなの?と思っている人もいるかなと思って、それがなぜNGなのかを少し考えてみるよ、というお話。

ところで、このYahoo!ビデオキャストなんだけど、まぁ、一度も見たことがなかったので、いい機会だと見てみた。

花火行きたいねぇ。画質としては、YouTubeよりもいいくらいな感じなのかな。ざっと見た感じでは、明らかに著作権を侵害しているであろうビデオは、見当たらなかった。でも、それほどビデオを見るという点においては、サクサク見ていく感じじゃないよねぇ。もちろん、見終わったあとに人気の動画のリンクが表示されるけど、あまり関係のないものが多かったりするので、・・・。YouTubeや他のビデオ共有サイトなんかと比べると、その辺がちょっと弱いかなぁと思ったり。転送量なんかを考えて、そんなに動画をリンクさせないようにしているのかな?

閑話休題。今回のこの提携に関してJASRAC側が提示した利用許諾を眺めてみた。これは、今後他のビデオ共有サイトが契約を交わすときにも、同様のことを遵守しなくてはならないのだろう。なんたって、Yahoo!がその条件を飲んじゃったんだもの。

ただ、何ともまどろっこしいお話だよねぇ。JASRACは確かにアレなんだけど、本当に著作権を食い物にしているのは、彼らを含めた音楽産業全体なのよね。で、それぞれが自分たちにいいように著作権を利用して垣根を作っているから、今回のようなまどろっこしい話になる。何がまどろっこしいか、っていうと、基本的にJASRACは楽曲そのものをどうこうできる立場にないってことかしら?だからこそ、今回の同意は演奏されたものに限る、というわけ。

もう少し補足。一般的にCDという形態には、著作権と著作隣接権ってのが関わっているのね。音楽の場合、著作権というのは作詞と作曲をした人達に与えられる(ただし、著作権はアーティストから音楽出版社に譲渡されるのが慣習とされる)。また、著作隣接権というのは実演家(演奏する人)とレコード制作者(レコード会社。原盤権とかいうのを持っている)に与えられる(ただし、レコードを製作する過程において、実演家はレコード会社と専売実演家契約を結ぶことで、著作隣接権の一切を譲渡するのが一般的)。まぁ、この辺の七面倒なお話は、以前のエントリに詳しく書いたので、興味のある方はこちらから。

で、著作権と著作隣接権のうち、JASRACが管理しているのは、著作権のほう。つまり、作詞・作曲されたモノを管理してるってわけ。で、もう1つの著作隣接権ってのは、通常レコード会社が持っていると。CDに入ってる楽曲ってのは、この著作権、著作隣接権(原盤権)の2つが関わってるわけで、楽曲を使用するためには、著作権を代表する著作権管理団体と、著作隣接権を持っているレコード会社に許諾を取らないといけないわけ。もちろん、CDじゃなくてライブDVDでも同じことだけどね。

そんなわけで、今回はJASRACとの契約を交わしただけだから、Yahoo!ビデオキャストで利用できるのは、作詞・作曲されたものだけってことになるのよ。ただ、冒頭にも書いたけれど、実演家の方々がやる気になれば、個人的に演奏したものをアップロードすることもできるわけ。もちろん、レコード会社との契約の内容にもよるけどね。

それ以外にも、今回の契約の問題点としては、ストリーム形式に限っていること(その辺は『Mind Clip』に詳しい解説があるので、読んでみてね)、使用料率の算出について(このパーセンテージって当該のページから上げられた利益に対するもの?Yahoo!ビデオキャスト全体の利益に対するもの?後者であれば、他著作権管理団体が出てきたときに更に上乗せされるの?)、権利侵害に対して過剰なまでにハードルを上げていること(YouTubeとかまず無理な内容。また、目視でチェックしろといっても、どれがJASRAC管理物かの判断はどうやって?投げっぱなし?)などなど。

今回の取り決め自体は評価したいけれど、やはり問題は山積みなのよね。まぁ、徐々にでも地ならししていかないといけないんだろうけど。ただ、現在は新たなフレームワーク作りの時期でもあるわけで、そこではより多くの利益を得るために色んなプレイヤーたちが暗躍していたりする。ここで押し負ければ、あとあと大変な目にあっちゃうんだろうねぇ。

著作権、著作隣接権などに関して、デジタル化が進むことで不利益を被るとばかり主張する著作権団体が多いが、一方で恩恵をももたらしてくれることも忘れてはいけない。オンライン配信ビジネスはもちろんのこと、その管理に対しても恩恵をもたらしてくれることだろう。たとえば、Dailymotion、MySpace等が導入している電子指紋技術などは(YouTubeも同様の技術の開発を進めている。Googleが主導してるみたいだけど)、著作権侵害のフィルタリングにも利用できるのだろうが、著作権管理に対しても非常に有効なツールとなるだろう(もちろん、精度の問題をクリアする必要があるのだが)。要は、誰のどの曲がどのくらいの頻度で利用されているかを、正確にモニタリングするということ。それは、公正な著作権利用料の分配を可能とするだろう。

まぁ、使うか使わないかは彼ら次第なんだろうけどね。著作権侵害のフィルタリングには有効で、著作権利用のモニタリングには不適当なんて主張はまかり間違ってもしないとは信じているのだが・・・。はてさて、その辺はどうなるんでしょうね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/617-677dbe68

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。