スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThePirateBay、ラインナップを拡大

P2Pファイル共有関係やBitTorrent関係のニュースサイトをにぎわせているThePirateBayのテレビセクションの導入についてのお話。人によっては、何でまたそんな大騒ぎしてるの?って感じかもしれませんが、いろいろと事情というものがあるのですよ。それを理解するためにも、2つの記事を今日は紹介します。まずはその1つ目。

原典:Slyck.com
原題:ThePirateBay Expands Linup
筆者:Thomas Mennecke
日付:November 16, 2006
URL:http://www.slyck.com/story1345.html

今年初めのThePirateBayに対する法的措置は、このスウェーデンのBitTorrentトラッカーの前進を阻止することはできなかったようだ。数日間、ダウンさせられたものの、ThePirateBayはトラッカーとしてすぐさま復旧した。

少なくとも、知的所有権に伴う連座を伝える*1というような多くのBitTorrent関連サイトとは異なり、ThePirateBayはそのような努力をしない。実際、ThePirateBayは全く逆のことを伝え、彼らのサイトの大部分を、知的所有権の強制を嘲笑する *2ことにささげているようだ。

このような振る舞いが、P2Pユーザたちを味方につける一方で、エンターテインメント産業を激怒させる結果となった。ThePirateBayをシャットダウンさせるという度重なる試みは不成功に終わっていたが、今年の5月終わり、ついにライツホルダーたちは、はかない勝利の宴を味わうことができた。そう、その宴は全く持って短いものであった。その3日後にThePirateBayがオンラインに戻ったのだから。

その後7ヶ月経っても、ThePirateBayは連座の兆候を示してはない。実際、最新のブログでは、全く逆のことが起こっている-サイト管理人がこの3ヶ月で30%以上torrentファイルが増加したと発言しているように。

加えて、テレビプログラムをラインナップに加えるよう求める声の高まりに応じて、ThePirateBayはそのtorrentのための新たなセクションを加えた。最新のブログの投稿にて、ThePirateBayはその新しいテレビセクションを発表した。

「君たちがTV好きなのはよくわかった、だからサイトにTVセクションを加えたよ。個々をクリックするとそこにいけるから。最初のページはそのときの人気Top50が表示される。更に全体を見たいなら、’Show all series’をクリックしてね。」

予想通り、ユーザの反応は圧倒的にポジティブなものであった。ThePirateBayのアップグレードに対するエンターテインメント産業の反応は静かである・・・今のところは。

*1文章としてはよく意味がわかりませんが、おそらくはユーザとサイトのつながりのことを言っているのかと。他のサイトでは、ユーザがアップロードしたtorrentファイルをおいてるだけですよ、torrentファイルは単に情報がつまってるだけで、それ自体は著作権侵害をするものではないですよ、でも問題があったら削除しますよ、というスタンスがほとんど。これをもって共犯関係、連座関係といっているのかと。

*2:実際にThePirateBayのポリシーらしいです。いかなるクレームがきても、嘲笑されて、サイトに晒されるだけだよ、とあります。その理由としては、単に登録されたtorrentをおいてるだけだから、それ自体には違法性はないだろ、とのことです。

ThePirateBayがTV番組、主にドラマだと思うのだけれど、その検索を容易にするためのTVセクションを設置したよという記事でございます。

ここまで大騒ぎする理由としては、今年5月にThePirareBayは警察当局による捜索を受けて、一時ダウンしていること、そして、ThePirateBayのスタンスがあまりに確信犯的であること(ThePirateBayの母体はPiratbyranという現行の著作権制度に異議を唱えている団体です)、そしてtorrentトラッカーとしての規模の3点が挙げられます。最後の規模に関しては、この記事では触れられていないので、もう一つの記事を紹介します。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/64-9ca1562a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。