スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitLet:BitTorentクライアント不要、ブラウザ上でBitTorrentダウンロード

BitLet.org何か大きなファイルを知り合いに転送したい、というときに相手がBitTorrentクライアントをPCにインストールしていなかったり、職場などBitTorrentクライアントがインストールされていないPCを利用しているときに、BitTorrentを利用してダウンロードしたい、ということがあるかもしれない。しかし、前者であれば、友人にBitTorrentクライアントを導入するよう進めたり、その利用方法を一から説明するのも大変だし、後者であればネットワークの管理者にBitTorrentを利用させてもらうとう頼むのも億劫なもの。そうしたときに、役立つのが今回紹介するBitLetかもしれないよ、というお話。BitLetはWebベースのJavaアプレットで、BitTorrentをインストールしていないPCでもBitTorrentを利用したダウンロードが可能になる。となると、BitTorrentを利用していないユーザに対しても、BitTorrentのメリットを活かした配信が可能になるということが考えられる。個人で、大容量のコンテンツを配信している人にはありがたいサービスかもしれない。ただ、このサービスは以前に紹介したFurk.netとは異なることに注意。Fruk.netはオンラインストレージ上にTorrentのコンテンツをダウンロードし、その後にローカルPCにHTTPでダウンロードすることも出来るというサービス。BitTorrnetプロトコルが規制、遮断されている場合でも、Furk.netの方はダウンロードできそうだが、BitLetはおそらく使えなさそう。

原典:TorrentFreak
原題:BitLet: A Cute Web-Based BitTorrent Client
著者:Ernesto
日付:July 30, 2007
URL:http://torrentfreak.com/bitlet-a-cute-web-based-bittorrent
-client/

BitLetは、BitTorrentクライアントをインストールすることなく、コンピュータ上にtorrentファイルをダウンロードすることのできる、キュートなWebベースのJavaアプレットである。あなたが、BitTorrentを全く知らない友人とファイルを共有したいとき、BitTorrentクライアントがインストールされていないコンピュータを利用しているとき、それは非常に役立つだろう。

BitLetは現在、開発の初期段階である。しかし、それは既に完全に機能的である。近いうちに、ローカルの.torrentファイルをアップロードするといった、より多くの機能が、BitLetサイトとJavaアプレットに追加される。

2,3のtorrentで確認してみたところ、非常にうまく機能しているようだ。torrentファイルのURLを入力するだけでOKだ。ダウンロード速度も上々。さらに、どんな人にも利用できるように、いかなる設定をも必要としない。

また、BitLetは非常に便利なコードジェネレータを備えている。これによって、ブログやWebサイトでのBitTorrentダウンロードの提供が可能となり、たとえ、BitTorrentクライアントをインストールしていなかったとしても、人々はより簡単にダウンロードすることができる。リンクをクリックすると、ポップアップウィンドウが表示され、即座にダウンロードが開始される。ダウンロードリンクのサンプルはこちらに。

Steal This Film!

うまく動作すれば、以下のスクリーンショットのようなポップアップウィンドウが表示される。これは現在のダウンロード速度、進歩状況、そして潜在的な問題のシグナルも表示してくれる(緑がGoodを示す)。BitLetはSun Javaプラットフォームを利用しており、もし問題が発生したら、Sunから最新のJava Virtual Machine Pluginをインストールしてみてほしい。

BitLet Download 

個人的には、BitLetは、BitTorrentを全く知らないが、時々その機会に遭遇するようなダウンローダーにBitTorrentを利用可能にする非常に優れた方法であると考える。また、BitTorrentクライアントがインストールされていない、学校や職場のPCでのtorrentダウンロードにも、非常に役立つことだろう。それは通常使用するBitTorrentクライアントの代価とはならないかもしれないが、しかしそれは確かに素晴らしい補強となるだろう。

なかなか多様な利用方法が考えられる。複数の人に自分の持っているファイルを送りたいけれど、みんながみんなBitTorrentを利用しているわけではない、というときには、このようなwebベースで利用可能なBitTorrentダウンロードは非常に役立つだろうし、BitTorrentを利用できないような環境で、BitTorrentダウンロードを可能にしてくれるという点では非常に素晴らしい。また、自分の作品を不特定多数の人々に提供したいというときにも、通常のダウンロードのほかに、ミラーとして設置する、という選択肢としても利用できるだろう。

利用としては、既にTorrentサイト上にTorrentがアップロードされている場合には、そのURLをBitLetのサイトに入力するだけでいいだろう。自分の作品を配布したいというのであれば、そのコンテンツのTorrentを作成し、Torrentサイトにアップロード、そのアドレスをBitLetのコードジェネレータにを利用してコードを生成し、ブログなり、サイトなりに貼り付けるといいだろう(それに加えて、BitTorrentユーザ向けに当該のTorrentへのリンクも添えればなおいいかも)。もちろん、後者であれば、Seedすることも忘れてはならないが。

前者の利用方法は本当に簡単で、以前に紹介したGood Copy and Bad CopyというビデオのTorrnetで試してみた。BitLetのサイトで生成されたコードを貼り付けるだけでいい。

http://torrents.thepiratebay.org/3720299/Good_Copy_Bad_Copy_(Legendas_PTBR).3720299.TPB.torrent

まぁ、URL全体が表示されるのはご愛嬌ということで、この辺は各自修正するといいだろう。

確かに、FireFoxで利用できるBitTorrent拡張は増えてきているが、それでも全ての人がそれをハードルなく利用している、という状況ではない。未だに利用者はごく一部なのである。しかし、そうしたBitTorrentを利用しない人達、利用できない人達に対しても、BitTorrnetを介した配信が可能となる、というのは素晴らしい。

もちろん、純粋なCGM配布だけではなく、製作したシェアウェアや同人ソフト、同人誌などの体験版やお試し版などを配布するというような、宣伝活動に利用してもいいだろう。人気のあるコンテンツであれば、その効果は非常に高いものとなるだろう。


Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/646-e60a4e8e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。