スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThePirateBay、ついにTVセクションを追加

前の記事 にもあったとおり、 ThePirateBay が TV セクションをサイト内に設けたことが、話題になっているよというお話。前の記事にはなかったインデックスサイト、 torrent トラッカーとしての ThePirateBay について書かれているので、こちらの記事も紹介。

原典: TorrentFreak.com
原題: The Piratebay finally adds TV section
筆者: Ernesto
日付: November 16, 2006
URL : http://torrentfreak.com/the-piratebay-finally-adds-tv-section/

時間はかかったものの、 Piratebay はついに、テレビセクションを加えることにした。 Piratebay はこれまで、ことユーザーフレンドリーな特徴に関して言えば、もっとも革新的な torrent サイトとまではいかなかった。しかし、テレビセクションを設けたことは、大きな前進といえる。

「最初の TV ページには、常に最も人気のある 50 の torrent を表示します。もし、残りの全部を閲覧したいのなら “Show all series,” をクリックしてください。新しいテレビセクションは こ こ にあります。」と The piratebay Blog の Brokep は言う。

2006 年の初めころ、 Paratebay は最も人気のある BitTorrent サイトであった。しかし、そのすぐ後には、 Mininova と Torrentspy に追いつかれてしまった。現在では、 Isohunt とともに、 3 番手の BitTorrent サイトという地位を占めている。

しかし、これはおそらくもっと重要なこととして、 The Piratebay は未だもっとも人気のある BitTorrent トラッカーなのである! The Piratebay は public トラッカー上のすべての torrent のおよそ 50 %を track している。なので、もし、 The Piratebay がダウンしてしまえば、そのことは BitTorrent トラフィックに巨大な影響を及ぼすだろう。今年 5 月、 スウェ ー デン警察が Piratebay のサーバーを押収 した際、インターネット上の (torrent の ) 活動が非常に低下したことに気づいたはずだ。
ということで、 ThePirateBay の規模の補足が中心となっております。確かにインデックスサイトとしては、 Mininova や Torrentspy に抜かれてしまったかもしれないけれど、トラッカーとしては torrent の 50% を抱え込んでいるわけで。そりゃ、業界団体もここを崩したいと思うよねぇ。

まぁ、それを知ってのことなんだろうけど、 ThePirateBay はアップロードされた torrent については、たとえそのファイルが著作権侵害を起こしているファイルであっても、 torrent 自体は別に違法なわけじゃないだろと、その削除を頑なに拒否している。それどころか、削除するよう求めてきたメールは公開して、笑いの種にしているご様子。けっこう 色んなところ からきているみたいなので、みてみるのも面白いかと。ちなみに ThePirateBay はデフォルトではブラウザの言語どおりに表示されるらしく、日本語の表記ではこのセクションが「法律的脅迫」となっているところもなかなか笑えるところである。

そんな ThePirateBay が TV セクションを導入したというのだから、そりゃ大騒ぎにもなるって話さ。実際に見てみればわかると思うけれど(日本語表記が面白いので、日本語のスクリーンショットにしました)、

こんな風に「テレビ番組」というセクションが出来ています。
ThePirateBay_top
でクリックすると、こんな感じで、Top50の番組が表示されて、
ThePirateBay_top50

”Show all series”ってのを選択するとあるだけのシリーズ化されている番組の一覧になります。
ThePirateBay_showall

「24」とか「the X-Files」とか日本でもお馴染みなものがありますね。
ThePirateBay_all01   ThePirateBay_all02

さて、実際に見てみると、これは大事だなぁと思いませんか?もし、あなたがBitTorrentクライアントをインストールしていて、torrentファイルに関連付けしているなら、クリックするだけで、このファイルが落とせちゃうわけです(おそらく英語音声のみなので、英語が聞き取れる人じゃないと落としても意味がないとは思いますが)。

大事になっている一番の理由として、ThePirateBayは「トラッカー置いてたら、たまたま著作権を侵害するようなtorrentをアップロードされちゃったよ」という建前すら放棄しているといったところでしょうか。わざわざ自前でドラマやTVショーの番組ごとにtorrentをインデックスしているわけですから。その手のファイルをダウンロードしたいユーザにしてみれば、検索結果の中からわざわざ無関係なtorrentを除いてお目当てのtorrentファイルを探し出す手間が省けるのかもしれないけれど、業界団体にしてみればこれは立派な果たし状のようなものかと。著作権侵害はわかってるけど、ウチはtorrentファイルを扱ってるだけだから、という主張でやってるわけですから、完全な確信犯ですね。まぁ、母体が既存の著作権制度に対するアンチ団体なのだから、そりゃそうかもしれませんが。

さて、業界団体はどう出る?

それにしても、ThePirateBayのTシャツなら買いたいなぁと思う今日この頃。どうにかして日本でも買えないもんかしら?郵送してくれるかなぁ・・・。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/65-a8d80816

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。