スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTI、10月からのアップロード15GB/日規制に先駆けて該当ユーザに警告メールを送信か

先日、DTIは今年10月より、同社回線を利用するユーザに対して、上り15GB/日のトラフィック制限を課す、とアナウンスした。現在、DTIはその規制に先駆けて、現在そのトラフィック制限に引っかかるユーザに対して、警告メールを送付しているらしいよ、というお話。らしいというのは、その警告メールが報告されたのが2ちゃんねる、ってことで(2ちゃんを信じていないというよりは、誰でも気軽に釣りできるからってとこ)。

ということで、以下に2ちゃんねるダウンロードソフト板ISP規制情報報告スレに投稿されたDTIからの警告メールとされる文面を引用する。

※このメールは自動配信されています。返信いただいてもお答えできません※
※お問い合わせは文末に記載のお問い合わせフォームよりお願いいたします※

                            2007年 8月 2日
お客様各位
                 (株)ドリーム・トレイン・インターネット

・【重要】お客様のご利用状況と
DTIでの高トラフィックに対する利用制限について・

 平素よりドリーム・トレイン・インターネットをご利用いただきありがとう
ございます。

 2007年 6月 5日より、 DTIホームページ・メールにて、高トラフィックに対
する利用制限についてご案内させていただいております。

 お客様におかれましては、6月 5日以降、ご案内させていただきました基準を
超えたご利用状況があり、2007年10月 1日以降の規制対象となることから規制
実施を前にご連絡をさせていただきました。

 ご利用状況につきまして改めてご確認いただき、下記制限を超過しない範囲
での接続サービスのご利用をお願い申しあげます。

                 記

 規制開始 : 2007年 10月 1日(月)

 対象条件 : 15ギガバイト/日以上の上りトラフィックを発生させたお客様

 規制内容 : 対象となるお客様には DTIよりご連絡をさしあげ、一定期間内
にご利用状態に変化がない場合は、ご利用の停止をさせていた
だく場合もございます。

規制条件等につきまして詳しくは、以下 DTIホームページをご確認ください。

 ■高トラフィックに対する利用制限について
  http://www.dti.ne.jp/support/manual/internet/traffic/

ご利用方法に関してご不明点がありましたら、DTI エンジニアリングサポー
トまでお問い合わせください。

快適なインターネット環境の提供にご協力いただき、今後とも DTIをご愛顧
を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

※本メールは、2007年10月 1日以降の規制では制限対象となる利用状況のお客
  様へ、事前のご案内としてお送りしております。

                                 以上

----------------------------------------------------------------------
[ Dream Train Internet INC.] http://www.dti.ne.jp/
----------------------------------------------------------------------
お問い合わせフォーム(全窓口共通)http://www.dti.ne.jp/inquiry/

接続など技術的なご質問窓口【DTIエンジニアリングサポート】
TEL 0120-719-020 携帯電話/PHSからは TEL 03-3505-4299(有料)
受付時間10:00~19:00[年中無休]

サービス内容や手続きに関するご質問窓口【DTIカスタマーサービス】
TEL 0120-830-501 携帯電話/PHSからは TEL 03-3505-8610(有料)
受付時間 10:00~19:00[年中無休]
----------------------------------------------------------------------


簡単に言えば、このまま同じように利用を続けていれば、10月1日より開始される規制に引っかかるよ、そうなれば強制退会だよ、という警告。まぁ、それでも事前に告知しなければそれはそれで問題なのだから、このような事前警告はアリといえばアリ。とはいえ、警告メールが来たという報告もあれば、確実に制限を超える利用をしているのに、まだそんなメールが来ていないというDTIユーザもおり、全てのユーザに対して送られているというわけではなさそう。

まぁ、おそらくは10月1日からの規制のテストを兼ねたものなのだろう。現在届いていないというユーザであっても、制限を超えた利用を続けていればいつかはこのメールが送信されるのかもしれない。

個人的には、このような帯域制御、帯域規制を課すことには一定の理解を示すものの、であればその責任を果たすべきだとも考えている。従量制への移行ではないにしても、このような利用制限を課すということは、DTIの提供するサービスはリミテッドサービスである、ということ。少なくとも、回線を契約しようとしている人達には、それを明確に伝えるべきだろう。

現在、DTIのページを見る限り、トップページにはこの「高トラフィックに対する利用制限について」の案内がなされているものの、提供するサービスの詳細(契約ページに至る過程)には、1日に15GBまでのアップロード制限を課しているサービスです、ということは明示されてはいない。もちろん、進んでいけば、利用規約に書かれているのだろうけれども、まず一から十まで規約を読む人はいないだろう。そんなのはユーザが悪い、というかもしれないが、ユーザが規約をまず読むことはない、という問題は現実としてあるわけで、それを無視してユーザが悪いというだけでは何の解決にもならない。

ユーザが1日にどれだけのアップロードを許容されているのか、制限されているのか、という情報はユーザにとって、当てにならないベストエフォート以上に重要な情報である。それを明示しない、というのはいささかアンフェアなような気もするのだけれどね。たとえネガティブな印象を与えることを懸念しているとしても、それはDTI自身が選んだことであり、胸を張ってDTIの提供するサービスはリミテッドサービスであるということを示すべきだろう。

まぁ、以前にも述べたことなので詳細は割愛するが、一部ユーザからは現状でもダウンロードに規制がかけられているのでは?という指摘もなされており、その点についてもどのような基準で規制をかけているのかを明示していただきたいものだ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/651-00c617f0

Comment

またまたまた思ったんだけど | URL | 2007.08.13 14:54 | Edit
月xxxx円で高速光回線100MB使い放題!
って広告出してネットに無知な人間を入会させておいて
いざ広告どおりに使い放題実践すると規制かけちゃったり従量制に変更したりする現状ってやくざの商売ですよね・・・

3000円ポッキリとか書いてあって、実はこれこれがダメとか後から追加料金払えとか普通のモラル持ち合わせた企業のすることじゃないですよ
heatwave | URL | 2007.08.14 01:13 | Edit
ふと思ったんだけどさま

たびたびのコメントありがとうございます。

個人的には、プロバイダの側が以前に約束していたサービス内容を変更する、ということに対しては、それほど嫌悪感を抱いてはおりません。確かに、著とずるいなぁとは思いますが、それでもP2Pファイル共有の人気やそれが生み出すトラフィックを考えると、一定の制御は必要になると考えています。

まぁ、うたい文句はちょっとあおり気味な部分があったと思うのですが、それでも以前のテレホマンが大活躍していた時期との対比として、『使い放題』という文句を入れたとも考えられますので、24時間バンバン使ってくれよという意味ではなかったかもしれません。また、ISPとの契約時に交わされる規約の中には、過度の利用によってが著しい負荷が生じた場合には、一方的にサービスの停止が出来る、という条項があると思います。また、料金についても一方的に変更することが出来る、規約の変更はISP側が自由に行えるというものもあります。

また、彼らの言い分としては、帯域のほとんどを一部のファイル共有ユーザが占有しているという認識があり(認識の程度の差はあれそれは事実でもあります)、非ファイル共有ユーザの利益が損なわれているという大義名分が存在しているのでしょう。そうして、上記の規約に則って、このような規制を敷くことになります。確かにそれは一理あると私は考えています。

ただ、ある程度の理解は出来ますが、DTIのようにそのような規制を必要な文脈で明示しない、とか、その他のISPにあるような、規制しているがその詳細は明かさない、というやり方には疑問を覚えます。そのサービスが支払っている金額に見合っているかどうかを適切に判断するためには、情報が必要です。しかし、その情報を秘匿するのでは、サービスが実際に料金に見合っているかどうかを判断することは出来ません。たとえ、規制を課しているとしても、その規制がどういうものなのか、何に対してのものなのか、規制の範囲内での一定の利用は可能なのか(たとえば時間帯による規制や容量の制限など)といった情報が適切に提供されてこそ、ユーザは判断が出来るというものです。いかにファイル共有が違法なものとの結びつきが強いと連想されるとしても、それを暗黙の理由として何をしてもいいなどとは私は考えてはいません。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。