スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Torrentz.com:人気を増しつつあるBitTorrent検索エンジン

Torrentz世界に数あるBitTorrentサイトのうち、最も人気を集めているサイトといえば、Mininova、TorrentSpy、The Pirate Bayなのだけれども、そのほかのBitTorrentサイトも徐々にその人気を高めつつある。 その中でもTorrentzの人気が増大しつつあり、先日、Alexaのトップ250入りをも果たしている。Torrentz自体はTorrentファイルをホストしてはいない、他のBitTorrentサイトの検索エンジンとして機能する。つまり、他のTorrentサイトのTorrentをインデックスし、そのサイトへのリンクを検索結果として返す、というもの。 そんなTorrentzが最近、人気を高めつつあるよ、というお話。

原典:TorrentFreak
原題:Torrentz.com: Growing Bigger and Better
著者:Ernesto
日付:August 14, 2007
URL:http://torrentfreak.com/torrentzcom-growing-bigger-and-better/

1日に100万人近いユニークビジターをもつTorrentz.comは、非常に高い人気を誇るBitTorrentメタ検索エンジンである。他の人気のBitTorrentサイトからのTorrentをインデックスするというユニークな方法によって、それは多くのBitTorrentファンにとってのお気に入りとなり、インターネット上で最も価値のあるBitTorrentリソースの1つとなった。

Torrentzは現在、Mininova、TorrentSpy、Meganova、Fenopy、そしてその他12のBitTorrentサイトから、1,719,529の(ユニークな)Torrentをインデックスしている。2,3ヶ月前のハードウェアアップグレードの後、非常に重要な更新として、The Pirate Bayがそのリストに加えられた。現在、Torrentzはインターネット上で最大規模の.torrentデータベースを保持しているといえるだろう。

その人気が増大したことで、Torrentzはハムスターに十分な空気を送るために*1、ハードウェアをアップグレードしなければならなくなった。そのハードウェアのアップグレードは非常に素晴らしく、サイトは以前より非常にキビキビと動作し、より安定するようになった。

Torrentzの管理人であるFlippyはTorrentFreakにこう語っている。「Torrentzは16のTorrentサイトからおよそ500万ページをインデックスしています。TorrentspyのようなTorrentへのホットリンク(最新のTorrentへのリンク)を行っていはいませんが、私たちは訪問者に上品なページを提供します。訪問者はローカルコメントをチェックし、管理人は彼らが得るに値する広告収入を得ます。私たちはおよそ1日に100万人の訪問者がいますので、みなハッピーなのです。」

先月、Torrentzは新たなマイルストーンに到達した。彼らがAlexaの250入りを果たしたのだ。これが意味するところは、インターネット上のWebサイトのうち最も訪問されるサイトトップ250の中にリストされているということである。しかし、おそらくこれでとどまるということはないだろう。そのBitTorrentサーチエンジンがより大きくなるにつれて、Torrentzは非常に安定した成長を示すことになるだろう。そして、最近のサーバーアップグレードはその更なる成長を確実なものにしてくれるだろう。

複数の修正と新たな機能が昨年実装されており、コメントシステム、プライベートブックマーク、より洗練されたレイアウト、Torrentの追加、その他さまざまにある。しかしおそらく、Torrentzの最大の特徴としては、押し付けがましいものがない、ということだろう。ほとんどの「広告を運営している企業は(どのみち)Evilなところがほとんどです。」とFlippyはいう。

我々はまた、近い将来、導入が予定されている新たな機能があるのかどうかについても質問した。彼は、「Torrentサイトは、フェイクtorrentや誤ったラベルがつけられたTorrentという大きな問題を抱えています。私たちはレポートシステムによってこの問題に対処し、ユーザによるコントロールを強化したいと思っています。これはTorrentzに非常に大きな利益をもたらす、Web2.0トレンドでしょう。ユーザのために、ユーザによって。しかし、2.0ツールは多くのリーソースを必要とします。そのような新たな機能が更なるサーバを増設するための時間を必要とするということを懸念してはいますが。」

私は、Torrentzの前に輝かしい未来が待っていると思うね。

*1 Torrentzはハムスターによって動いてるようだ。もちろんジョークだが。

上述したように、Torrentz.comは16のTorrentサイトがホストするTorrentをインデックスする検索エンジンである。つまり、Torrentz自体はTorrentを保持していないということになる。とはいえ、単なるフリーライダーかいえばそうともいえず、実際のTorrentはそのTorrentをホストサイトから直接ダウンロードすることになる。少なくとも、そのTorrentのページはそれをホストするサイトのページに行くわけで、インデックスされるサイトとしても、メリットのない話ではない。お互いに持ちつ持たれつな部分があるのだろう。

個人的には、このような検索エンジンは、トラッカーの運営やTorrentのホストに比べると、訴訟の脅威が若干少ないサービスかなと思う。現時点でも、トラッカーの運営やTorrentのホスト自体はグレーゾーンにあり、Torrentをホストしているサイトへのリンク、となると更に白に近くなるだろう。とはいえ、やはりその関係は持ちつ持たれつの関係にある。トラッカーやTorrentをホストするサイトが運営を停止すれば、その影響を強く受けることになるだろう。

個人的には、このようなTorrentサイトの運営が今後も活発に続いていくとは考えにくい。いつかは何がしかの規制が敷かれ、徐々にその勢いは衰えていくことになるだろう。もちろん、これがインターネット上のリソースであることを考えると、しばらくはいたちごっこが続くのだろうけれどもね。たとえ、どこかで規制されたとしても、別の場所ではまだまだ運営が可能なのだから。その上、BitTorrentサイトがヒドラになれば・・・ね。

さてさて、この記事に関連して、現在BitTorrent界隈で人気の高いサイトをいろいろを見てみたのだけれども、ちょっと面白い傾向が見られたので、それに関して次のエントリで考えてみる。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/653-067e609b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。