スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitComet、ジャンクデータでBitTorrentネットワークを汚染?

BitCometがバージョン0.85以降のクライアントに実装したパディングファイルの作成機能が批判されているよというお話。私自身はこのような機能が存在していることすらよく知らなかったのだけれども、複数ファイルからなるtorrentの場合、個々のファイルがhttp/ftp/ed2のいずれかのソースからダウンロード可能である場合には、そちらからダウンロードが可能となるというものらしい。とはいえ、実際にそれで効率がどの程度良くなるのかも不明だし、更にはそのぱディングファイル自体がそれなりの容量であり、もっといえば、BitComet以外のクライアントを利用しているユーザにとっては、全く利用価値のないジャンクデータをダウンロードさせられることにもなるといえる。このような機能の実装にあたり、他クライアント開発者やBitTorrentサイトに対して、何ら説明をすることのないBitCometに、これまでどおりの批判がなされてもいる。

原典:TorrentFreak
原題:BitComet Pollutes BitTorrent with Junk Data
著者:Ernesto
日付:August 23, 2007
URL:http://torrentfreak.com/bitcomet-pollutes-bittorrent-with-junk-data/

最近、BitCometのtorrent作成に導入された新たな機能によって、BitCometを使用していない(多数派の)人々は、しばしば『パディングファイル(水増しファイル)』と呼ばれるものをダウンロードさせられることになる。それは、彼らにとって時間と帯域の無駄以外の何物でもない。

では、これらのパディングファイルは何?

マルチファイルtorrent(訳注:複数のファイルが含まれるtorrent)の全てのファイルに、BitCometはデフォルトでパディングファイルを含む。これは、同一のBitTorrent『ピース』において、ある1つのファイルを完了し、他のファイルを開始する際の問題を解決する。その機能は、マルチファイルtorrentにおいて、http/ftp/ed2kサービスからのソースを発見するのサポートするために追加された。

たとえば、BitCometユーザがmp3ファイルのセットをダウンロードしているとすると、それらのファイルを、可能であれば非BitTorrentソースからダウンロードしようとするのである。これは、(BitComet)ユーザにとっても、Swarmにとってもよいことだろう。しかし、このパディングファイルの実装が、非BitCometクライアントや、.torrentファイルからの情報を提供するwebサイトに問題を生じさせることになる。

なぜ、これが問題になるの?

残念なことに、BitCometの開発チームは、残りのコミュニティにこれらのパディングファイルを押し付けた。彼らが、実装前に仕様を公開する、といったコミュニケーションをとってくれていれば、クライアントメーカーやTorrentサイトの管理人たちは、それらの問題をクリアするようプログラムすることが出来ただろう。

この問題は、BitComet以外の、uTorrent、Azureusやその他のクライアントを利用している人々に影響を及ぼす。パディング機能はデフォルトで利用可能となっているため、BitCometユーザがtorrentファイルを作成すると、非BitCometユーザがこれらの役に立たないパディングファイルをダウンロードしなければならない。パディングファイルは、.torrent内の全てのファイルに生成されるため、もし100曲のmp3ファイルのコレクションをダウンロードしようとすると、100個もの(役に立たない)パディングファイルをダウンロードさせられることになるだろう(例を参照のこと)。MP3アルバムに加えられる平均的なデータ量は、およそ3%である。それほど悪いものではなさそうだが、しかしほとんどの人にとって、ジャンクデータとして悩ましい存在となるだろう。しかし、これらのファイルに起因するジャンクデータの量が10%を上回ることも、一部状況ではありうる。

パディングファイル機能は、BitCometユーザに有害となりうる可能性もある。悪意あるユーザがフェイクパディングファイルを用いてtorrentを作成することが出来ると報告されている。これは、BitComet 0.85以降のバージョンのユーザが、他のクライアントにスイッチすることなくして、それらのダウンロードを完了することが出来ないということを意味している。

一部のBitTorrentユーザは、これら(大部分の人にとって)役に立たないパディングファイルに悩まされ始めている。複数のフォーラム(とWikipedia)で主導的な役割を果たす『Fuzzier』は、こう纏めている。

私や多くの私の友人は、BitCometを使用していない。また、その他多くの人はBitCometの過去のバージョンから離れようとはしない。我々は、torrentファイル内の役に立たないパディングファイルをますます目にしてきている。それは本当に役に立たない。どうかそれらを削除して欲しい。さもなくば、我々はハッシュチェックもseedもできない。何であれ、我々は多くのものを無駄にすることになる。とくに、貴重なアップロードない域などをね。

このような実装がBitTorrentコミュニティでより広く採用されない限り、BitCometはこの機能をデフォルトでは利用できないようにするかもしれない。また、クライアントメーカーやBitTorrentサイトの管理人たちがパディングファイルをどう扱うかを決定できるよう、その仕様を提供するかもしれない。

まぁ、このような批判がなされる原因の最も大きいところとしては、BitCometの開発チームが独善的であるというところに由来しているのだろうか。更に言えば、それゆえに、多くのユーザがBitCometを嫌っていることに繋がっているわけでもあるが。

BitCometは、クライアント上に広告を表示させたりSuper-Seedingを悪用したりPrivate TorrentをDHTに垂れ流す、などなど、過去にもいろいろとしでかしているのだけれども、それでもアジア圏でのシェアを拡大し、欧米においても3番手くらいにつけていれば良い、というスタンスなのだろう。

個人的には、このような機能が実装されて、便利になるというユーザがいるとも思いにくいのだけれどもね。日本のユーザの場合でも、BitTorrent以外のソースからダウンロードできる、といっても、実際にそのファイルがweb、ftp、ed2kに存在しているのかどうかは期待できないことが多いだろう。もちろん、そのような恩恵にあやかれる人がいないわけでもないけれども、全体の効率を考えると、個人的にはおそらくはマイナスに作用することになるだろう。

上記の例を見てみても、合計で10MB程度の余分なファイルを生成している。まぁ、10MBなんて大したことはない、といっても、それが人気のあるファイルであれば、それなりのトラフィックを生じさせることになる。とはいえ、絶対にこのファイルをダウンロードしなければならないというわけではなく、それらを選択的にダウンロードしないということも可能ではあるけれども、それでも上記のような50にも及ぶパディングファイルをいちいち除外するのも面倒な話だ。

少なくとも、このような複数のソースからダウンロードが可能になることでメリットがあるようなケースというのは、よほどのことがない限りはないだろう。個人的には、このような機能はそれが役立つとき以外には必要はないと思う。面倒な話ではあるが、とりあえず、BitComet 0.85以降のバージョンを利用し、torrentファイルを作成する人には、この機能をオフにすることをお勧めする。たとえ、BitCometユーザでも、役に立つのかどうかすら怪しいデータをダウンロードさせられるというのは、あまり心地の良いものではないだろう。ましてや、非BitCometユーザでは、不愉快以外の何物でもないだろう。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/671-f7bcc598

Comment

とおりすがー | URL | 2009.12.16 00:47 | Edit
根本的な勘違いを訂正。
パディングファイルはピース境界とファイル境界を一致させるためのモノでしかなく、その内容はゼロでフィルされている。
ピース境界がファイル境界に一致することは、ファイルの選択ダウンロードの結果不完全ピースがネットワーク上に拡散するのを防ぐ事にもなるため、このメリット自体はどのクライアントでも受けられる。

また、パディングファイルは最大で「(ピースサイズ-1)×ファイル数」しか消費しない。
選択ダウンロードが行われうるトレントにおいては、各ファイルサイズが大きくデータサイズに比してファイル数が少ない傾向があるので、「正しく」パディングファイルが設定されている限りは問題になるレベル物ではない。

BitCometは自分も嫌いだが、パディングファイルのおかげでピース欠けをまぬがれたケースも多々あるし、逆にパディングファイルが有ればピース欠けしなかったと言うケースも多々有った。
選択ダウンロードの是非をおいておけば、正しく運用する限り全くもって有用な機能であるように思う。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。