スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MPAA:私的複製であっても違法

前のエントリと同じ、Load‘N Go Videoが訴えられた件についての記事ですが、微妙に異なる視点からも指摘がされているので紹介。DCMAを盾にしたユーザのフェアユースへの制限が、正規のユーザにとってどういう影響を及ぼしているのかについてのお話。

原典:TorrentFreak.com
原題:MPAA sues company for selling pre-loaded iPods
著者:Smaran
日付:November 17, 2006
URL:http://torrentfreak.com/mpaa-sues-company-for-selling-pre-loaded-ipods/

MPAAは、さらに別の「防御の攻撃」をはじめたようだ。今回は、iPodに映画DVDをあらかじめ転送して再販している小さな企業が標的となった。iPodに転送された映画のオリジナルのDVDは、消費者にも与えられる。(つまり、映画入りのiPodとその映画のDVDの販売を行っていた。)

あなたと私にとってみれば、これがフェアで、合法的な行いであるということには疑問の余地はないだろう。そのようにして、この会社Load‘N Go Videoは、基本的にiPodに転送された映画を提供している。消費者が、オリジナルのDVDに、iPodに、そしてLoad‘N Go Videoの転送サービスに、それぞれ代金を支払っているということになる。もちろん、消費者は、彼らの支払ったオリジナルのDVDを受け取ってもいる。何かおかしいだろうか?さて、MPAAはあなたや私ではない。そして彼らが善悪を区別するやり方は、自らがどれくらいお金儲けが出来るか、という部分でしかない。

MAPPは、DVDをリッピングすることはDCMAに違反するとして、Load ‘N Go Videoが提供するサービスは違法であると主張している。また、MPAAは同社を著作権侵害でも訴えている。

この訴訟の目的は、Load‘N Go Videoをシャットダウンさせることではない。合法的に購入されたDVDを個人的にリッピングすることを違法とすることを、間接的に意味している。このようは恥知らずな行いは、実際にお金を支払っている消費者を傷つけるだけでしかない。彼らがそう思えば全てが「海賊行為」となるようだ。それはまるで、DRMの悲しい現実を表しているようだ。実際に楽曲を購入した人たちは、自らの選んだ媒体によって視聴が制限されているにもかかわらず、そうでない人たちには、その影響はないままである。(つまり、海賊行為によって楽曲を手に入れた人たちは、そのような不自由な制限を受けていないにもかかわらず、正規に購入した人たちだけが制限を受けるというおかしな状況になっているということ。)

この記事を書いている間、これによく似たことを思い出した。それは、まさにiPodのメーカーであるAppleに関係することである。5年前のオリジナルのiPodの発表のとき、Appleは出席者全員にiPodを振舞った・・・それも楽曲が入っているものを!Load ‘N Go Videoと同じように、AppleはオリジナルのCDも一緒に配布した。MacworldのJason Snellは、Five Years of iPodの記事の中でこう述べている。

イベント終了後、みなiPodのプレリリースバージョンを家に持ち帰った。そしてそれは、既に音楽の転送されたものであった。iPodが海賊行為の伝達手段とされるものではないということを主張するためか、我々のiPodパッケージも多くのオーディオCDがついてきた。それは、iPodに入っている楽曲と同じものであった。
 
現在、RIAAには、Appleを訴えるための動機があるということだろうか?それは違う。なぜなら、音楽CDのプライベートコピーはほとんどの国で、フェアユースとして認められているからである。もしそうならば、なぜ、同じことが映画にも当てはまらないのだろうか?
この問いに答えるなら、まず第一に、相手がAppleだったからさ、という解答だろうか。金になるところには多少目をつぶるが、金になりそうにないところなら、ユーザのDVDコンバートへの牽制としていっちょ訴えてやるかといったところでしょう。まぁ、Appleの場合はDCMAを違反していないというだけだ、という詭弁が返ってくるだろうけれど。

本当に・・・、正規のユーザが馬鹿を見るとはまさにこのことだろう。正規にDVDを購入したにもかかわらず、その利用には制限が施されている。さまざまな媒体が存在するこのご時勢に。しかし、各種媒体での利用は全くできないわけではない。それぞれの媒体ごとに料金を支払えば、であるが。もしくは、海賊行為を行えば、制限なく利用可能なのだろう。

表向きは、フェアユースを認めないわけではないけれど、でも海賊行為対策としてコピープロテクトは必要なんです、という態度を取り、実際は、いくらフェアユースでもDCMA違反は違法です、認めません、という行動にでる。無理をして好意的に見れば、当初は本当に海賊行為対策であったのかもしれない。しかし、今年に入り、iPodへの映画配信サービスが開始され、そこでの利益をさらに伸ばすことを目的として、このような暴挙に出たとしか思えない。正規の消費者からどれだけ暴利を貪れば気が済むのだろうか。

業界団体の目指しているものは、全ての媒体への通り道に関所を設けて、そこで通行料を巻き上げることだろう。しかし、関所があれば流れは滞る。流れが滞れば、その先は次第に活力を失う。結果的には、全体的な損失でしかない。業界団体は目先の利益にとらわれて、将来的な損失など考えもつかないのだろう。それとも、消費者は馬鹿だからいくら搾取しても、諦めて通行料を払ってくれるとでも思っているのだろうか?将来の大きな利益より、目先のわずかな利益を選んでしまうのは乳幼児期の特徴だという。業界団体は、乳幼児とかわらないように見える。それとも老衰が進んで分別がつかないのだろうか?

業界団体が自業自得で倒れたとしても、消費者もアーティストも一緒にツケを払わされる。消費者は今でさえ、業界団体に搾取され続けているというのに。

この件に関しては、本当に失望した。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/68-813c51b9

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。