スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweet Diss and the Comebacksのフリーアルバムの紹介とパワーポップ云々

Sweet Diss and the Comebacks - Coulda Been Worse Sweet Diss and the Comebacksというバンドのご紹介。おそらくほとんどの人が知らないと思うけれども、それもそのはず、彼らはインディペンデントであり、レーベルとの契約すら行っていない。なぜ紹介したいかというと単純に彼らの楽曲が気に入ったのと、彼らがそれをフリーアルバムとして配信しているから、というお話(CCで配布しているというわけでは無いけれど、彼らは再配布を認めている)。さわやか且つアグレッシブな感じなので、ドライブチューンにいかがかしら?Silversunなんかを好きな人ならジャストミートかなと思う。Silversunよりは、もうちょっとさっぱりしているけどね(でもコーラスはなかなかのもの)。

ちなみに、今回のエントリに出てくるアーティストはMySpaceページにリンクを張ってるので、気になったらクリックして聴いてみてね。

何で知ったかというと、MySpaceをうろうろしているときにたまたま見つけたというところ。ジャンルで言うとパワーポップ。影響を受けた音楽には、Size 14, Travoltas, Green Day, Beach Boys,をあげている。Size 14は良く知らないのだけれども、他のバンドを見ていると確かにバックグラウンドにしているなぁといった感じ。でもって、ボーカルのNoteのMySpaceには、音楽について以下のように記されている。

Anything catchy.

If the band lists The Beatles, The Beach Boys, or Queen as an influence, I'll probably like them. Especially if it's all three, like Jellyfish.

でもって、彼のヒーローはBrian Wilsonなんだそうな。まさにパワーポップ好きが愛して止まないアーティストたちをリスペクトしているみたい。

まだ大学生みたいなのだけれども、できればこのまま音楽を続けていって欲しいなぁ。まだまだキャッチーさ、アグレッシブさのほうが強く出ているのだけれど、The BeatlesThe Beach BoysQueenJelly Fishなんかをリスペクトしているようなので、これからもっとレンジの広いPopが楽曲を作ってくれると思うのよね(Popとキャッチーは違う!というのが私の持論。たとえはXTCがそう。たまにMayor of Simletonみたいなどキャッチーなのも書いてくれるけど)。今後は彼らのひねくれに期待。

フリーアルバムのダウンロードは公式サイトから可能。その他の音源は、purevolume.comからダウンロードできる。また、新曲はMySpaceで聞くことができる。ダウンロードできる楽曲はすべてmp3なので、全てのMP3プレイヤーで聴くことができる。iTSでEP(6曲)の配信も行っているので、気に入ったら購入することをお勧めしたい(こちらは無料配信されていない)。

それと、彼らの大好きだというドラマ『The Office』の登場人物であるPam Beesleyに捧げる曲をYouTubeで公開している。

ちなみに、このSweet Diss and the Comebacksのフリーアルバムに同梱されているテキストによると、

あなたの好きなように、これを共有してもらってかまわない

-CDに焼いて友達にあげる
-あなたのWebサイトに楽曲をポストする
-騙されやすい弟に5ドルで売りつける

うーん、素敵。

 

そうそう、Jellyfishといえば、元JellyfishのAndy Sturmerも参加したL.E.Oというプロジェクトのアルバムが非常に良かったのでついでに紹介。

このL.E.Oというプロジェクトは、E.L.O.(というかJeff Lynne)好きの、E.L.O.好きによる、E.L.O.好きのためのプロジェクト。このプロジェクトの中心メンバーは、21世紀の天才PowerPoper、Bleuyというものすごいもみあげを蓄えた男(彼の楽曲は、公式サイトやpurevolumeで公開されているので聞いてみてね。ちなみに公式サイトにはmp3でダウンロードできるアルバム収録曲も多数ある)。

このプロジェクトの何がすごいって、Jeff Lynneへのリスペクトをオマージュという形で昇華させているところ。ELOファンなら誰が聴いても、どれだけ好きやねん、と突っ込みを入れたくなるくらいの出来。人によっては面白みが無い、と評価するのだけれども、私としては「良くぞここまで」と諸手を挙げて賞賛したいくらい。ストリングスは若干押さえ目になっているので、ELOの中期の雰囲気+最近のJeff Lynne(『Zoom』とかThe Beatlesの「Free As A Bird」とか)といったサウンド。

で、このプロジェクトの素敵なところは、公式ページにて、アルバム『Alpacas Orgling 』に収録されている12曲のうち(ELOのカバーとiTunesでのみ販売される楽曲を除いた)彼らが作詞作曲した楽曲、10曲をフルで視聴することができるということ。んでもって、公開されている曲全ての詞も掲載されている。さらにはPVも1つフルで公開されていたりとサービス精神はかなり旺盛。まぁ、好きが高じて作られたアルバムだから、ケチケチしないでみんなに聞いてもらって、「みんな!Jeff Lynneってすごいんだぜ!」ってことをアピールしたいのかも。お金の問題じゃないんです、ってのはまさにこういうときに言うべきなんじゃなかろうか。

ちなみに、純粋なストリーミングではないので、キャッシュにmp3が保存されることになるのだけれど、気に入ったら是非購入してね。

またまた余談だけど、Jellyfishのトリビュートアルバムが出るらしいね(9月11日に発売らしい)。このトリビュートもものすごくて、Jellyfishのアルバム全曲をカバーするだけでは足りず、彼らの未発表としてリリースされた楽曲までカバーしちゃっている。Jellyfishとしてリリースした楽曲のほぼ全てが収録されることになるという、恐ろしいトリビュートになるようだ。ソングリストと演奏アーティストは、MySpaceで見ることが出来る。演奏アーティストそれぞれのMySpaceへのリンクが張られているので、それを辿って彼らの音源を聞くのも楽しい。

ただ、個人的には、MerrymakersとかBleuに参加して欲しかったんだけどなぁ。Merrymakers、最近活動して無いし(Puffyとかに楽曲提供したりはしているのだけれど、オリジナルの音源は10年くらい出していないのよね・・・)。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/683-52ad23a3

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。