スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TorrentSpy盗聴裁判:MPAAはTorrentSpyのメールを取得したが盗聴法違反ではない、との判決

TorrentSpyTorrentSpyとMPAAとの間で争われている裁判は、TorrentSpyが訴えられている裁判だけではない。TorrentSpyは、MPAAが盗聴によって同社幹部のメールを違法に取得したとして、MPAAに対して訴えを起こしていた。その訴訟において、米国地方裁判所は、MPAAがメールを150,000ドルを支払う代わりに取得したことを認めつつも、それによってMPAAが盗聴法を犯したとはいえない、という判断を示し、TorrentSpyの訴えは棄却されたよ、というお話。まぁ、経緯を見ると、限りなくグレーなのだけれども、一応は責任に問われない範囲にいるってことなのかしらね。とはいえ、倫理的に見れば人様のメールを見るなどということは許されるべくも無いし、そのようなメールの出所はほど間違いなく違法な手段によって取得されたことは容易に推測できそうなものだけれどもね。

原典:CNETNews.com
原題:Court rules against TorrentSpy in hacking case
著者:Greg Sandval
日付:August 28, 2007
URL:http://news.com.com/Court+rules+against+TorrentSpy+in+
hacking+case/2100-1030_3-6204948.html?tag=item

TorrentSpyは、MPAAが不正にTorrentSpyの企業秘密を含むプライベートメールを得たとして、MPAAを訴えていた。 しかし、米国地方裁判所判事は、TorrentSpy弁護士Ira Rothkenの主張したような、盗聴法(Wiretap Act)違反は認められない、としてその訴えを退けた。ただ、法廷記録によると、MPAAがTorrentSpy幹部のプライベートメールを、15,000ドルを支払って取得したことは認められたようだ。

このようなMPAAの非倫理的な行為は、常日頃ファイル共有ユーザに対して、倫理的な行動を訴えてきた彼らにとって非常に不都合なことだろう。

法廷記録によれば、MPAAは、この電子メールはTorrentSpyオーナーの以前のビジネスパートナーであったRobert Andersonが持ちかけてきたものだと主張する。2005年6月、AndersonはMPAAの上級顧問弁護士Deam Garfirldにコンタクトをとり、この情報はある情報源から提供されたものだと伝えたのだそうだ。MPAAは情報は、AndersonがMPAAとコンタクトを取る以前から、彼が取得していたものであり、それを取得するに当たっては、合法的な手段によって取得されたという契約書を交わしたと主張する。

しかし、それに対してRothkenは、以下のように述べている。

MPAAが30ページにも及ぶe-mailに15,000ドルを支払うに際して、彼らは、違法な手段で得られたものであることに気付いていた、もしくは気付くべきであったと考えています。

では、その情報を売り払ったAndersonはどのようにして、その情報を取得したのだろうか。どうやら彼は、TorrentSpyの電子メールシステムに侵入して、全ての送受信メールをコピーし、彼の匿名Googleメールアカウントに転送するよう不正を行ったのだという。

ただ、たとえこのような背景をMPAAが知りえなかった(あるいはあえて知ろうとしなかった)としても、電子メールを30ページ分も金を支払って買うという行為に、何ら異常さを感じないわけは無い。少なくとも、どのように入手したかを知りえないにしても、それが異常であることに気付かないわけは無い。

インターネットプライバシーの専門家であるカーネギーメロン大学準教授Lorrie Cranorはこう述べている。

倫理的に、他人の電子メールを読むことが誤りだというのは、非常に明白なことです。

第三者によって、他の誰かのメールを提供されるという事態は、非常に危険な兆候であるはずです。

まぁ、通常は誰でもそう思うよね、たぶん、その取引に関わった人達ですら、ね。なお、RothkenによるとTorrentSpyはこれを不服として上訴するとのことだ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/684-5c4d346a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。