スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterクローンが成功するためには?:独Frazr、グレーなビデオ配信サイトと提携

Twitter、発想は非常に面白いのだけれども、その面白みを理解できぬまま、ついぞ試すことになかったサービスであるが(別になくなったわけではないけど)、面白い、と言う人もいれば、つまらないと言う人もいるし、もはやそういうこと考えることもなく利用している人もいる。で、そんなあれよあれよと言う間にブレイクしたTwitter、その人気を受けて多数のTwitterクローンが日本でも世界でも出現し、はたまたTwitter Japanなる詐欺サイトまで出てくるなど、それなりの人気を得たりもしているが、しかし、その辺は悲しいかなクローンの宿命、ある時期から伸び悩みに苦しむことになる。そういう時は概して、勢いの落ちていないうちにデッドコピーのままを売ってしまうとか、新たな機能を付加するしてテコいれしようとか、何がしかの手を打たなければならなくなる。今回は、そういった状況に陥ったドイツのFrazrは後者を選んだよ、と言うお話。そして、そのテコ入れのための付加機能は、何とも胡散臭いビデオプラットフォームのようで。

原典:P2P Blog
原題:German Twitter clone cooperates with dubious video platform
著者:Janko Roettegers
日付:August 22, 2007
URL:http://www.p2p-blog.com/item-353.html

あなたが、ローカルのTwitterクローンを開始しようとしていると想像してみてほしい。Twitter機能、レイアウト、そして彼らの謳い文句すらコピーする。そうして、TechCrunchMashableなどで紹介され、ベンチャーキャピタリストならぬ評判の悪いコピーキャットから、幾ばくかのナイスな投資を受けることになる。

しかし問題は、あなたには十分なユーザがいないということ。サービスを開始して4ヶ月で、ちょうど20,000人のユーザを獲得した。ではどうする?映画やテレビ番組の無料のダウンロードを提供している企業と仲良くするなんてのはどうだろう?しかも、繰り返し(訳注:ライツホルダー企業を)困らせて来た企業と。

まさにそれは、ドイツのTwitterクローンFrazrがしようとしていることである。Frazerは、Onlinetvrecorder.comと提携し、ドイツの30以上のテレビ曲の番組を録画し、ダウンロードすることをユーザに可能とするプラットフォームとなる。これらの局のうちいくつかは、Onlinetvrecorderに対して差し止め請求を出したこともある。

Frazr
Onlinetvrecorder.comでのAmerican Dad、ER、Family Guyの無料ダウンロード

同社は、その企業本体をバヌアツへ、テレビ録画ユニットをシーランドへ移すことでそれに対抗した。OTR(同サイトをファンはそう呼ぶ)は、必ずしも合法的ではないかもしれない。しかし、それはドイツにおいて非常に成功している。同サイトは、370,000人の登録ユーザを抱えており、更にOTRオーナーのGuido Cibursukiを信じるのであれば、最低でも700,000UU/日だという。

Frazrは明らかにそうしたサービスに乗っかろうとしている。そのベンチャー企業は、このOTRと提携し、両サービスに同時に加入させようとしている。彼らはまた、若干のインセンティブをも得る。Frazrにサインアップすると、2つのメッセージが送付されてくる。そして、OTRダウンロードにアクセスするために必要な若干のポイントを獲得するだろう。

Frazr
「もうお気に入りのテレビ番組を見逃したくない?Frazrはあなたにいいことを教えよう!たったワンクリックでそれらを録画しよう!」

Frazrはさらに、OTRユーザにFrazrプラットフォームを利用するのを歓迎していると感じさせるよう一層の努力を払っている。彼らはランディングページを作成し、如何にしてFrazrを介して番組を録画出来るかを詳述したヘルプセクションに、いくつかのスペシャルヒントを加えた。この機能のために呼び物とされたテレビ局のうちの1つはPRO7である。まさにその放送局こそ、1年ほど前にOnlinetvrecorder.comへの差し止め命令に勝ち取った放送局であった。

Frazr
以前、OTRへの差し止め命令を勝ち取った放送局から番組を録画するためのヘルプは必要なのだろうか?その答えはhilfe@frazr.de. で。

人々はFrazrに、本質的なTwitterのコピーに対する困難を与えた。しかし、その革新的なアイディアは賞賛に値するだろう。商用ビデオコンテンツの法的に疑わしいダウンロードを容易にすること-現在、それはTwitterユーザがチャンスを得られないでいた機能である。

短絡的、とまでは言わないにしても、このようなサービスを付加することは個人的には望ましいことではないなぁとおもって見たり。もちろん、完全に取り込んでいるわけではなく、提携という形でシームレスにこのOTRを利用することができるというものなのだろうが、果たしてOTRが破綻した際に、このFrazrはどのように言い訳をするのだろうか。

他サービスとのマッシュアップを行うのは悪くはないが、それにしても相手を選んだほうがいいだろう。少なくとも、これによってFrazrにまとわりつくイメージは完全に変わってしまう。OTRによってユーザをひきつけられている間はいいのかもしれないが、それが終わりを告げたとき、OTRをいうキャッチーな要素を失う一方で、そのようなサービスとマッシュアップしていたという汚名は残り続けることになる。

もちろん、クローンとしての苦悩もあるのだろうけれどもね。その後を考えるよりも、今を生き残ることを考えなければならないわけだし。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/698-08849655

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。