スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeと手を取り合わなければならない1つの理由

コンテンツ産業がYouTubeと手を取り合わなければならない理由は数多く存在する。その1つにはプロモーション効果を期待できることや、「うまくいけば」ではあるが、プロモーションと同時に広告収入も見込める。今回はそれとは別に、YouTubeがもたらす新たな視聴スタイルがコンテンツ産業に、特にビデオコンテンツ配信サービスにどのような影響を及ぼすのか、ということを考えてみるよというお話。個人的には、PC上でビデオコンテンツを楽しむというスタイルの確立において、YouTubeの果たした役割は大きいと考えている。しばらく、ほぼネットに繋がっていない状況だったので、思いついたことをつらつらと書いてみるよというところです。

コンテンツ産業がインターネット上でのコンテンツ利用において目指している状況、それは完全なる「 pay or nothing 」の状態である。つまり、支払わなければ見ることが出来ない、もしくは視聴によって(広告であれ PPV であれ)確実にペイが発生する、そんな状況。確かにそれは旧来のビジネスモデルでいえばごもっともな話である。もちろん、テレビやラジオという視聴者にとって金銭的なコストのかからない配信方法もあるが、それもかなり硬直した(よく言えばシステマティックな)産業の構造の元に存在する。しかし、状況は変わった。新たに登場したインターネットは一方向のメディアではなく、双方向のメディアなのである。

インターネット上においては、非常に柔軟にコンテンツを配信することが出来る。悪くいえば、それは柔軟すぎる部分もある。 YouTube を、ニコニコ動画を、 P2P ファイル共有ネットワークを見ればよくわかるだろう。そこに存在するコンテンツは、そこで視聴されるコンテンツは、違法にアップロードされているものであることが多い。その多くは、テレビや DVD などで公開されたコンテンツがほとんどではあるが、ユーザ自身がそのコンテンツを処理し、(法律を度外視すれば)自由にアップロードすることができる。

厳密に言えば、それは悪いことである、法律を度外視しなければ、ね。しかし、それになんら価値はなく、デメリットしか生み出さない存在でしかないのだろうか。

私はかつて、インターネット上での商用ビデオ配信は確実に失敗すると思っていた。というのも、インターネットというメディアは若者の支配する領域であり、それ以外の年齢層のユーザは積極的にインターネットを活用する層だとは思えなかったからだ。つまり、若者層であればインターネット経由でのコンテンツ配信に対して、より積極的な姿勢を取る可能性はあるとしても、より高い年齢層の人々にとってインターネットからコンテンツをダウンロードする(またはストリーミングする)というエクスペリエンスは積極的には受容されるものではないと考えていた。

特にそのような影響を強く受けるのがペイ型のビデオ配信だろうと思っている。簡単に言えば、よっぽどのことがなければそれは成功しないということである。理由は簡単。インターネットは従来のエクスペリエンスを超えるものではない、ということ。たとえば、映画の有料配信を考えてみよう。この場合、何の代価となるか、といえば、多くの人はビデオレンタル店でのレンタルに相当すると考えるだろう( Download-to-Own 型のサービスはそれほど存在しないし、 DRM を考えると Own とは言い難い)。

これまで DVD をレンタルしてきた人たちは、自宅のリビングにある、大画面のテレビで、ソファにかけながら、友人や恋人や家族たちと、非常にきれいな画質の映画を楽しんできた。では、インターネット上での有料配信が現実的にその代価となるだろうか。自宅の書斎などにある、小さな画面のディスプレイで、デスクチェアに腰掛けながら、一人で、 DVD とは比べものにならないほどの低画質の映画を、レンタル DVD と同様に楽しめるだろうか。

オンライン配信は何を代価するか

もちろん、優れたコンテンツを見ることは楽しい。しかし、問題は代価となりうるかということである。

しかし、その考えは少しずつではあるが変わってきた。もちろん、上記の問題が完全に解決するとは思っていないし、ペイ型のビデオ配信の成功の可能性は非常に低いと考えてもいる。ただ、一方で Joost や BitTorrent Inc. のように広告モデルによるビデオ配信の試みが開始されており、ビデオ配信サービス成功の可能性としては高まりつつあると考えてもいる。

では、 Joost や BitTorrent Inc. のような広告モデルによるビデオ配信が成功を収めるとすれば、 DVD レンタルを代価するものとして、であろうか。少なくとも、個人的な答えとしては、否、である。では、何の代価となるか、私はそれこそ がYouTube の代価となると考えている。

確かに、コンテンツを楽しむ、ということだけを考えれば、どのようなメディアであれ、どのようなスタイルであれ、同じかもしれない。しかし、人々は自ら心地よいと思うユーザエクスペリエンスの延長線上にあるものを好むだろう。ある人は、映画は映画館で見なくてはならないと考えるかもしれない。ある人は、映画は自宅で寝ころびながら DVD を見るくらいでいいと考えるかもしれない。また、ある人は、テレビで放送されていれば見てもいいかなと思うかもしれない。様々なメディア、様々なスタイルが存在し、さまざまなコンテンツによってそれを使い分ける。

私は、インターネットを介してのビデオ配信も1つのメディアであり、1つのスタイルとなるべきだと考えている。いや、むしろそれが必然的なものだとすら考えている。決して、何かの代価というわけではない。結果的に代価となったとしても、旧来のスタイル、メディアの延長線上にはないだろう。それこそが YouTube やニコニコ動画という新しい視聴スタイルの延長線上にある、と考えている。

何が言いたいのかというと、イノベーションとなる新たなスタイルの確立は、これまでのスタイルの延長線上に起こるわけではないということ。最も直近のスタイルの変化は VHS から DVD への移行であっただろう。しかし、それはスタイルとして大幅な変化を生むものではなかったために、つまりは連続的なものであったがゆえに、比較的スムーズに移行することができたと考えられる。

では、その前身となった VHS (敗れはしたがベータも)はどうだろうか。それは VHSからDVD のときのように連続的にスタイルを継承したものではない。それでは、なぜVHS はイノベーションとなりえたのか。答えは一様ではないだろうが、今回の流れで言えば、家庭でのビデオコンテンツ視聴の需要が高く、且つそれに代わるものがなかったといえるだろう。それゆえにイノベーションとなりえた。つまり、映画館での視聴やテレビ放送以外の新たな選択肢となりえたということである。

**追記**
VHSは確かに代わるもののない新しいスタイルを確立したけれども、一方ではテレビが一般的に普及していたことが、その新たなスタイルの確立を支援したものだといえる。そう考えると、テレビとVHSというのは、一部では連続的なものであるのかもしれない。

それはインターネットでのコンテンツ配信にも言えることだろうか?答えは否であろう。確かに、自宅にいながらにしてビデオコンテンツを楽しめるということは新しい。しかし、 DVD の購入なり、レンタルなりで人々は家庭でビデオコンテンツを楽しんできた。そして、そのスタイルに慣れ親しみ、十分に定着してもいる。インターネットでのコンテンツ配信はそのオルタナティブにはなりえても、コンテンツを楽しむための唯一無二の存在にはなりえないのである。

もちろん、最終的には DVD 画質、 HD 画質のコンテンツの視聴が可能となり、さらにホームネットワークの一般化や STB の普及に伴い、 DVD レンタルとクロスオーバーすることになるかもしれない。しかし、その未来はまだまだ現実的といえるほど、近いものではない。

新たなユーザエクスペリエンスとしてのYouTube

そう、私がここで言わんとしていることは、インターネット上でのコンテンツ配信は新たなスタイルとして考えるべきものだということだ。旧来のモデルに当てはめては、その可能性を萎縮させるだけにしかならない。今、コンテンツ産業に必要なことは、 YouTube やニコニコ動画のような新たなスタイルを抑制することではなく、促進することであろう。もちろん、ただただ自然状態に任せろ、というわけではない。ただ、現在のコンテンツ産業のあり方が、 0 か 1 かでしかないということに不満を覚えている。

YouTube やニコニコ動画といったビデオ共有サイトを 0 にしてしまおうという考えは、至極単純な動機からであろう。もちろん、その違法なアップロードが問題になっているのだろうが、その背景には、既存のメディアにどのような影響を与えるのかを測定するための測度が未だに存在しないということがあるのだろう。つまり、あまりに未知数であるがゆえに、その影響をはかること以上に、既存のメディアからの利益を守ることを優先している(現実的に利益を守れているかどうかは別として)、ということ。

そのような姿勢の表れが、 P2P ファイル共有や YouTube などによる経済的損失の過大評価に繋がるのだろう。自らが恐れるに足る数字を作り出してきて、ほら、恐ろしいものだろう?といっているようにも思える。 そうして違法アップロードだから、損害を生み出すのだからダメだ、という理由でそれを取り締まろうとする。確かに、違法行為は取り締まられなければならない。ただ、それによって新たなスタイルの確立に向けたイノベーションがストップしてしまうのではないか、と考えてしまう。

良くも悪くも、YouTubeは数多くのインターネットユーザに、インターネット上でビデオコンテンツを楽しむというエクスペリエンスを提供している。(多少のノーティス&テイクダウンはあるものの)ユーザは自由に、そして無料でコンテンツを楽しむという経験をつんでいる。もちろん、自由、無料、という制約はあるが、少なくともそのようなユーザは、インターネット上でビデオコンテンツを楽しむというスタイルを確立するのである。それは、インターネットの外でのみコンテンツを楽しむ人達(たとえば映画を見る、DVDを購入する、レンタルするだけの人)にはない、新しいスタイルの獲得である。

しかし、YouTubeなどのビデオ共有サイトをただ抑制するだけでは、このような新しいスタイルを獲得するユーザを抑制することにもなるだろう。そうしたとき、どのようにしてインターネットでのコンテンツ配信のエクスペリエンスをポジティブなものであると説得することができるのだろうか。低画質で、視聴環境が限られ、不安定な転送に悩まされる、小さなディスプレイ上での視聴、それにどれだけの魅力を感じさせることができるだろうか。

もちろん、そのような新たなスタイルの確立は、YouTubeに拠らなければならないということはない。しかし、これまでのコンテンツ産業の所作を見る限りでは、YouTubeがそれを牽引してきたとしか言いようがない。コンテンツ産業がYouTubeを必要としない、というのであれば、コンテンツ産業はYouTubeに代わって、インターネットでのコンテンツ配信へのポジティブエクスペリエンスをユーザに提供するよう努力しなければならないだろう。

今のところは、インターネット上でのビデオコンテンツ配信に関しては、旧来のスタイルに見劣りする部分が大きい。しかし、それは旧来のスタイルと比較して、でしかない。少なくとも、「新たなスタイル」として確立、受容されれば、そのエクスペリエンスの延長線上で「満足できる」ものとなるだろう。そうなることこそ、オンラインビデオ配信成功の近道となると思うのだけれどもね。

 

にしても、我ながら暴論だよなぁと思う。PCでビデオコンテンツを視聴するというスタイルを確立するという点では、有益かもしれないけど、既存のメディア、スタイル、チャネルに対して及ぼす影響が定量的に測定されているわけでもないし、おぼろげにでも理解されているわけでもない。それを度外視して、新たなユーザエクスペリエンスの確立のためだけにYouTubeやビデオ共有サイトを肯定するというのも無理のある話ではある。まぁ、だからこそ、その役割を既存のコンテンツ産業が果たすべきだとも思っているけどね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/705-63801fcf

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。