スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビーユーザへの追加課金議論に思ったことあれこれ

9月19日、総務省のネットワークの中立性に関する懇談会が行われ、インターネットのコスト負担の公平性などの議論がなされた。その中で、ヘビーユーザへの追加課金の是非が議論されたよというお話。個人的には、転送量に応じた段階的な帯域制御(P2Pに限ったものじゃなくてね)や、特定アプリケーションに対する帯域制御などでも対応できる部分はあると思うのだけれども、通信事業者側の意見としては、制限を超えたユーザへの追加料金の徴収を望んでいるようだ。総務省としても、競争を阻害するためにそれを利用するのはよろしくはない、一般論として追加料金を是認するというわけではないにしても、それを受け入れるという方向に流れているようにも思える。個人的には、帯域規制というISPにとって不都合が情報を隠避している現状において、このような従量制への是認というのは、あまりにもISP間の競争を阻害しているような気もするのだけれどもね。備忘録、思ったことをそのまま書く。

原典:ITpro
原題:「ネットのヘビーユーザーに追加課金?」,総務省のネット中立懇が報告書を近日公開
著者:山崎洋一
日付:2007/09/19
URL:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070919/282469/

 ヘビーユーザーへの追加課金について,修正後の報告書案ではおよそ次の通りになっている。まずヘビーユーザーによる帯域の占拠と,コンテンツ・プロバイダによるリッチ・コンテンツの配信は別の話と分けた。

簡単に言えば、商用コンテンツは守りますが、それ以外のコンテンツは守りませんよ、ということだろう。ここでいうコンテンツプロバイダがどこまでの範囲を示しているかはちょっとわからないが、iTSやGyaoの利用は含めませんが、YouTubeなどの利用は排除します、ということもできるのかもしれない。まぁ、YouTubeもコンテンツプロバイダに含まれるかもしれないが、それでも、アップローダやオンラインストレージ、P2Pがその範囲に入っていないことは明らかだろう。

ただ、それでもGyaoなどはインフラただ乗りで標的にされており、単純に守られたというわけでもない。

  • コンテンツプロバイダによるトラフィックの増加は、通信事業者とコンテンツプロバイダが議論すべき問題
  • 上位ISPを介して間接接続している下位ISPは、上位ISPから多量のコンテンツプロバイダからのトラフィックが流れ込んできても、コンテンツプロバイダとの議論が上位ISPによってなされる(要は喰いっぱぐれる)
  • ヘビーユーザによって発生する多量のトラフィックは、ライトユーザに不公平感を生じさせる
  • 本来であれば市場メカニズムによって解決すべき問題ではあるが、設備増強がトラフィック増加に追いつくことが難しく、かつそのコストが甚大であるために、市場メカニズムが機能しない可能性がある

まぁ、意地悪な言い方をすれば、競争しすぎてあっぷあっぷというところだろうか。いまさら完全な従量制に移行することもできないし、接続料金を値上げすることもできないし、とか。

ユーザ間でのデータのやり取りがインターネットを支える1つの柱であることを考えると、ただ一様に制限していこうというのも、何だか考え物のような気もする。

それに関連したところでは、

 そしてヘビーユーザーへの追加課金に関しては,受益者負担である観点から合理的根拠があるとする一方,合理的な料金格差の設定方法を一義的に決めたり追加課金を一般論として是としたりするのは難しいとしている。追加課金は個別に判断するべきで,ユーザーへの十分な説明が必要とまとめている。

 コンテンツ・プロバイダによるISPへの追加料金の支払いは,両者の交渉により競争的に料金が設定できていると考えられ,追加料金の支払いを原則とするのは適当ではなく当事者間の協議に委ねるべきとしている。

まぁ、確かに受益者負担ということを考えると理解できなくもない。が、問題はどの程度の利用が過度の利用とされ、他のユーザに影響を及ぼすのかということだろう。DTIのように1日15GBまで、というのであれば、まぁ確かにという感じではあるが、じゃあどれくらいがヘビーユーザなのといえば、明確に定義されているわけでもない。

ただ、これによって怖いのが段階的な従量制に移行していくのではないかなと思えるところかな。時間を経れば、設備増強がなされ、状況は改善していくのだろうけれども、それにあわせて制限を緩和してくれるのかどうか、という疑問もある。逆に徐々にその制限を押し下げ、数段階の価格設定にするということもありうる。まぁ、最悪のケースの話ではあるけどね。総務省の今回のネット中立懇の資料にもその辺への牽制はなされているけれども、まぁ不安な話ではある。

そもそもの発端は、一部の人々が回線を占有していることが問題だとしており、その状態を緩和することが目的でもある。そうしたことを考えると、単純に一定の容量のデータを転送したら追加料金を課します、というのではなく、その占有によって他のユーザに影響を及ぼすような時間帯の利用を制限するという方がスマートな気もするけれどもね(P2Pの帯域制御では、そのような柔軟な制御を行っているISPも存在する・・・らしい。ISP自体がその辺を隠避しているので本当かどうかはわからないけどね)。

でもって、ライトユーザの選択肢が少ないというのも問題かもね。世の中には、オーディオファイルもビデオファイルも必要としない人たちだっているはず。でも、そんな人向けのサービスとして、限定された安価なサービス(1日1GB未満みたいな)という選択肢があってもいいとは思うのだけれども。まぁ、ライトユーザと平均的なユーザは同額の料金を徴収したいというのがあるのだろうけどね。あ、速度ではなくて転送量の話ね。

ちなみに、個人的な感想としては、ISPによる帯域制御に関する情報があまりにも隠したまま、このような従量制に移行するということは、あまりにもひどいなぁと思ったり。確かに定額制ではカバーしきれない利用によって占有されていることが問題として、2段階(?)の従量制に移行するのは、まぁよいとしても、一方でそのような従量制を導入しないとするISPが結局は帯域制御によって特定のアプリケーションがまともに利用できないというのでは、あまりに消費者無視の話である。

制限を課すのであれば、それを比較するための情報を提供すべきであり、それがなされないままであるとすれば、不当に競争を阻害しているという批判がなされても仕方がないんじゃないかな。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/725-8187c007

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。