スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽PVの需要を考える:お金を払ってまで見たい?

前回のエントリに絡んでYouTubeを眺めてみたのだけれど、結構なView数がある楽曲も少なくない。もちろん、その中には、ビジュアルではなく、オーディオとしてちょっと聞いてみたいという人も多く含まれているのだろうけれど、音楽好きとしてはたとえその楽曲を所有していたとしても、その楽曲のPVを見たいと思ったりもする。 一方で、この曲を聴いてみたいなぁ、このアーティストはどんな人なのだろう、という欲求にもとにPVを見たいと思ったりもするだろう。さらに言えば、買うほどでもないけど見てみたいなぁという(音楽業界にとっては)不届きな考えの下にPVを見たいと思う人もいるだろう。

それぞれに異なる動機づけを持っているのだろうが、すくなくともPVに対する需要というのはそれなりにあると思われる。ただ、そういう人全てがiTSで配信されているPVを購入するとか、PV集DVDをお金を出して購入するかというと、そこまで強い動機づけをもっている人ばかりとは言えないだろう。YouTubeなどでPVを視聴するほとんどの人は、ちょこっと見れば満足するし、お金を出してまで所有したいとは思わないといったところだろうか。

まぁ、YouTubeにアップロードされているものを保存しているから、この分野が伸びないのだという人もいるかもしれないが(iPodなどで再生させるにはYouTube程度の画質でも十分という人も多いだろう)、個人的にはPV配信で利益をあげられるほどの需要というのはないと思う。需要があるように見えるのは、ちょっと見てみたいという、まさにプロモーションの対象となる需要か、アーティストが好きでPVも見たいなぁという人向けの需要だろう。もちろん、後者に関してはiTSやDVDによって利益を上げることはできるのだろうが、YouTube上で見られる需要というのは、ほとんどが前者であろう。

となると、その需要をいかにして活用するか、ということを考えなければならない。「ほどほどに見てみたいって思ってるけど、それほど(つまりお金を払ってまで)じゃないよ」という需要、現状はその需要が結構高いんじゃないかなと思う。この層ってのは、タダだから購入しない、のではなく、タダでなくても購入しない層。でも、当該のコンテンツへの欲求を持っているわけ。

もともとがプロモーションのためのビデオなのだから、そこまでケチケチするこたないと思うのよね。その辺も音楽産業が全くわかっちゃいないということはなくて、皆さんお気づきのようにここ数年、初回限定という形ではあるけれどPVのDVDが特典としてついているCDが数多くリリースされている。まぁ、特典っていっても抱き合わせに近い感じもあるけれど(500+円くらい)通常盤よりも高くなったりするけどね。ただ、DVD単品で販売するよりは若干安いのは確か。ただ、そういう特典があれば、ファンや興味を持っている人たちが、購入に動機づけられるということは理解しているのだろう(ちなみに、これが初回限定なのは、希少性を高めるため、という理由もあるのだろうが、CD+DVDの抱き合わせ販売は再販制度の対象にならない(抱き合わせはNGなの)ため、という理由のほうが大きいと思われる)。

じゃあそれをオンライン配信でもできないかと思ったりするのよね。たとえば、オンライン音楽配信での購入にPVがついてくるとか。別に高画質ってわけじゃなくてもいいのだと思う。少なくともYouTubeのくらいなもんで。+30円とか+50円くらいでも、そちらのほうを購入したいと思う人は結構いるんじゃないかな(個人的には追加料金なしのほうがプロモーションとしては最高だと思うのだけれど)?購入する気はないけれど、そのコンテンツへの需要はあるというユーザ層は、ある意味では、そのコンテンツの消費者に最も近い層でもあると考えられる。こうしたプラスアルファが、そうした層にペイさせるための「最後の一押し」となりうるのではないかなと思ったりもする。

もちろん、そこから金を搾り取ろうとする音楽産業は反対するだろうけれどね。 ただ、やはりPVだけで利益を上げようとしても、そこまで大幅な利益を上げるというのは難しいのではないかなと思ったりもする。おそらく購入するのは熱心なファンだけで、いいねこれ、程度の層がPVを購入するということは考えにくい。そして、数としては後者のほうがおそらくは多いだろう。

であれば、後者により積極的にペイさせるための方略を考えなければならないのは必然だろう。そのためにも、より1つのコンテンツを魅力的にする必要があるのではないかなと思われる。少数の熱心なファンをターゲットにするというよりは、より多くの人にアプローチする、ということ。換言すれば、搾り取るより、もっと水を含ませろ、ということ。どうしたって絞り続ければいつか雫は落ちなくなる。

確かにYouTubeやニコニコ動画上にアップロードされるPVはものすごい数になる(それぞれのView数は別としても)。それがどのように音楽セールスにどのような影響を与えているかは、わかりようがないのだが、ただ唯一そこから理解できることは、それに対する需要というのはそれなりにある、ということである。もちろん、そのプロモーション効果によって爆発的なヒットに結びつくということまではいえないにしても、その行為自体がユーザの欲求を満たすものであるということはいえる。ならば、その供給をYouTubeだけに任せるのではなく、彼ら自身のビジネスの中に取り込んではどうだろうか、と考える。そして、その需要というのは上述したとおり、非常に強い欲求に根ざしたものとは考えにくい。であれば、付加的なサービスとして既存のビジネスを強化するものとして利用するのも悪くはないと思うのだが。結局、今後しばらくは、いかに著作権団体が強硬な姿勢を崩そうと崩すまいと、YouTubeがその需要を満たしてくれる。削除しても再びアップロードされる。悲しいけれど、これ、現実なのよね。

最後にこのエントリのタイトルを考えていたのだけれど、お金を払ってプロモーションビデオを購入する、って何か不思議な響きだわね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/729-123b0524

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。