スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオ共有サイトにおける音楽PVを考える:MySpaceとYouTube

前回のエントリの続きと、トラバ先のエントリを見て考えたことをつらつらと。

日本の音楽業界は、なぜネットプロモーションに及び腰なのか?─ 鍵を握るソーシャルメディアの活用 - MediaSabor

詳細は上記のエントリを読んでいただくとして、個人的な感想としては、MySpaceなどのSNSにも限界はあるかなぁとおもって見たり。確かにMySpaceの有効性は認めるし、ないよりはあったほうがいいとは思っている。ただ、個人的にはMySpaceは緩い閉鎖系の中にあり、そのアーティストに対して動機づけられた人、もしくはMySpaceを利用している人へのアプローチとして考える分には有効である、といった感じ。

より多くの人にアプローチするとなると、熱心なファン、当該サイト/ネットワークを利用している人以外の人にも届くための方法を見出す必要があると思われる。もちろん、テレビ、ラジオでの露出など既存のアプローチが完全に機能していないというわけではないが、それでもよりいっそうのプロモーションをはかるためには、それが必要となるだろう。

そのためにはどうすればいいか、というのはちょっと難しいところもあるけれども、現状を見てみるとYouTubeのような手法を用いるのがプロモーションとしては効果的かなと思う。

MySpace内にはMySpace専用のビデオプレイヤーがあり、多くの(国内)アーティストがそれを利用してビデオクリップを提供してくれている。また、そのビデオクリップは1行のコードを自分のページに追加するだけで、エンベッドすることができる。ただ、そこで問題になるのは、エンベッド可能なのはMySpace内のページだけという制限がつくことである。そのため、その動画を視聴するためにはMySpace内のビデオがエンベッドされるページに行って視聴しなければならない。MySpaceにしてみれば、自サイトにユーザを引き込めるわけなので、願ったり適ったりなのだが、1つのサイト/ネットワークに制限されることで、プロモーション効果が鈍化してしまうのではないかなぁと思ったりもする。

一方で、海外のアーティストのページを見ていると、かなりの人たちがYouTubeのクリップをMy Pageにエンベッドしている。YouTubeはMySpaceに限らず、ほぼ全てのブログやサイトにもエンベッドすることができる。そうなれば、もしそのクリップを気に入った、誰かに伝えたいという人が気軽に(たとえMySpaceをもっていなくても)紹介することができる。

もちろん、MySpaceは誰にでも閲覧できるので、紹介したいという人は、当該ページへのリンクの1つでも貼り付けておけばよいではないかと思われるかも知れない。確かにそのリンクを辿ってMySpace内のアーティストのページなりに行ってくれれば、より多くの情報を提示することが可能となるため、アーティストとしてもそちらのほうが嬉しいかも知れない。ただ、そのリンクを踏んでくれるかどうか、というのはなかなか難しいところだ。ラスト1クリック。それを後押しするためにも、気軽に再生することのできる大概のサイト/ブログにエンベッド可能な仕組みを提供するということが必要なんじゃないかなとも思ったりもする。つまりは、可能な限り広範なターゲットに向けてアプローチしていく、ということである。

さて、そうなると権利者の皆様は、そのコンテンツのコントローラビリティを気にし始めてしまうのかもしれないが、個人的にはそこまで深刻に考えるほどのことでもないと思う。まぁ、それでもビジネスなので、どう転ぶかわからないことに対して、そこまで楽観的に考えることはできないのも理解できるが、如何に悪名高きYouTubeとはいえ、自らのアップロードしたコンテンツのコントローラビリティまでもが失われるほどに無軌道なものではない。少なくとも、自らがそのコンテンツを削除したいときにはいつだって削除することができる。

であれば、自らが望む(効果的だと思える)期間だけの掲載というのも可能なのだ。さらにいえば、これまでの違法アップロードは複数の個人がそれぞれにアップロードすることで、同一コンテンツの複数のソースYouTube上にアップロードされていた。しかし、まず先にコンテンツプロバイダ自身がそのコンテンツをアップロードすることで、少なくともサイトやブログ上にエンベッドされるコンテンツのソースの拡散を抑制することができるだろう。そして、然る後にそれを削除する段になれば、そのソースからエンベッドしたサイト/ブログ上での視聴はできなくなる。違法アップロードコンテンツの利用の拡散を抑制するためにも、有効な手段となりうるのである。

それでも、削除しても他のユーザがまたアップロードするだろう、といわれるかもしれないが、率直に言ってしまえば、それ、現状でもそうじゃないですか、と。結局何をしても違法アップローダは何がしかの抜け道を探し出して、その抜け道を通ってアップロードを続けるだろう。

音楽ビジネスの根幹は「人々が音楽を聴き、そしてそれを好きになり、そしてそれを購入する」という3ステップに支えられている。音楽産業がメイクマネーのためにしなければならないのは、音楽を過剰に保護して音楽を聴くことを制限する錬金術に固執することではなく、より多くの音楽を聴く機会を提供し、好きになってもらい、購入させるための方法を作り出していくことではなかろうか。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/730-e3b7a939

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。