スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P2Pビデオ配信サービスは行き詰っている?

昨年から、P2Pテクノロジーを用いた商用ビデオ配信サービスが次々登場している。たとえば、BitTorrent Inc.やAzureus、Joost、Babelgum、Veohなど枚挙に暇がない。が、サービスの開始に際しては、数多くの見出しを飾ったものばかりであるが、その後どうなっているかというと、少し停滞気味なんじゃないの?というお話。紹介する記事中では、これらP2Pディストリビューションサービスにおいて、秋期の新作ドラマの配信がほとんどなされていない、ということを指摘し、放送局などとの信頼関係が築けていないということを示唆しているのだけれども、個人的には信頼関係というよりも、未だコンテンツプロバイダ側としてもテストの時期にあり、その効果を推し測っているところでもあるのかなと思うのだけれどもね。

原典:New Tee Vee
原題:Legal P2P For Fall TV? Fat Chance
著者:Janko Roettgers
日付:September 18, 2007
URL:http://newteevee.com/2007/09/18/legal-p2p-for-fall-tv-fat-chance/

テレビネットワークがP2Pを恐れていた日々のことを覚えているだろうか。 JoostとBabelgum以前には、BitTorrentは悪とされ、P2Pストリーミングは、中国発の海賊によってのみ行われるものだという認識であっただろう。

しかしその後、その認識は大きく変わることになる。Joostはヒップな存在となり、P2Pを再びセクシーなものとした。Akamai(AKAM)のような従来のコンテンツデリバリーネットワークは、P2Pを利用し始めている。BBCといった伝統的な放送局は、彼らのコンテンツ配信のために(そして、そのプロセスにおけるコストを低減するために)、P2Pを利用したメディアプレイヤーをローンチしている。そして、BitTorrentやAzureusといったファイル共有企業は、彼らのプラットフォームを通じてテレビ番組の販売を開始している。

それはテレビ業界が心からP2Pを許容していることを意味しているのだろうか?そこに至るまでにはまだまだ早い気もする。実際には、大部分の放送局が分散コンテンツ配信にはまだまだ慎重であるということである。今週開始される秋期のテレビ番組を考えてほしい。HeroesDesperate HousewivesGrey's Anatomyはどの合法的P2Pネットワークにおいても利用できやしないだろう。Joostやその競争相手たちの誇大な喧伝をもってしても、だ。

Joostについて述べると、今年初めのCBSとの提携の時期には数多くの見出しを飾ったものであるが、しかしその放送局とのパートナーシップはそれほど強い信頼関係があるものではない。つまり、CBSは低リスクでテストをしてみたい、というだけなのだろう。Joostのサイト上では、CBSチャンネルがリストされてはいない。そして、CSIのようなヒット番組をJoost上で見つける唯一の方法が、それを検索することだけである。NCIS, Big Brother, Numb3rsといった番組に加えて、CBSは犯罪捜査もののドラマの最新話を提供する。また、JoostはViacomから過去のコンテンツを提供されてもいる。しかし、他の大手ネットワークはこれに参加してはおらず、新たな番組が提供されるなどという情報も入ってはこない。

産業関係者は、大手ネットワーク数社が、現時点ではセキュリティに関する懸念のためにJoostを避けているという。放送局は、伝統的なダウンロードストアのほうがより安全だと感じているようだ。BitTorrent.comはFoxやFXの最新エピソード、たとえば今秋のAlways Sunny in PhiladelphiaPrison Breakを提供することになるだろう。しかし、ここでもまた、他の大手ネットワークからの提供される際立って目立つ番組のラインナップはない。

最後に、Vuze.comには複数のショータイム番組がある。しかし、それもまたほどほどに、である。英国ではiPlayerをもつBBCが目立っているが、米国では実際に産業がP2Pソリューションから抜け出しつつある。AOLは同社のHi-Qプラットフォームを通じて、大半のテレビコンテンツを配信していた。それは、VeriSignのKontiki P2P テクノロジーを利用したiPlayerのようなものだ。しかし、今月後半にAOL.comが配信するCBSの新番組は、Kontikiが運ぶことにはならないだろう。AOLは最近Huluとパートナーシップを結んだ。その結果、同社のパートナーであるHuluが提供するFlashビデオプレイヤー利用することになるだろう。

P2Pではないとしたら、大半のネットワークは何に頼ろうというのだろうか?CWやABC、Univisionといったスタジオは、彼らのストリーミングエクスペリエンスを最適化するために、Move NetworksMaven Networlsといった企業のブラウザベースのプレイヤーを使用している。そのプロセスにはまったくP2Pは関与してはいない-少なくとも、今のところは-。Mavenの製品開発部長のTodd Boesが私に話してくれたところによると、彼らのプラットフォームは、CDN不可知的であり、もし、オンデマンドストリーミングがより安定するようになれば、MavenはP2Pをサポートすることも考えるだろうと語っている。

もし、Heroesのファン達が、そのエピソードをP2Pを介して配信されるとしたら、第3シーズンまで待たなければならないだろうと推測する。彼らが合法的にそれを得たいと思うのであれば、ね。

ある意味では、P2Pを利用したコンテンツ配信はようやくその第一歩を刻み始めた時期だといえるだろう。まぁ「まだ慌てるような時間じゃない」というところだろうか。違法共有がメインであったこれまでのP2PネットワークやSkypeなどのでP2Pテクノロジーの利用は以前からあったものの、P2Pがビデオコンテンツのディストリビューションチャネルとして認知され、その商業的な利用がなされたのは、まさにこの1年(に満たない)のことである。

ということもあって、多少のゆれ戻しがあることも、それほどおかしなことではないし、P2Pに限らずコンテンツ配信テクノロジーは進歩していくわけなので(そしてそれを利用する側の事情も変化するだろうし)、適材適所、自らの利用に即した技術を選択する、というだけのような気もする。いかにDVDがすばらしい画質を提供してくれるといっても、映画の公開と同時にリリースされることはないようにね。

この記事の言いたいことは非常に理解できる部分があるのだけれども、ちょっと消化不良な印象も受ける。P2Pディストリビューション企業たちは、違法ファイル共有というネガティブイメージをバネにして、そのポジティブな活用をアピールすることで注目を浴び、これまでP2Pの敵と見られていたような産業側と手を組むことになったが、その勢いは鈍化しており、一部にはそのゆれ戻しのような動きもある、ということなのだけれど、当のP2Pの抱える問題点がどこにあるのかが少し曖昧のような気もする(コンテンツプロバイダに信頼されていない、というのもちょっと曖昧な感じ)。単に、実力以上の誇大広告効果によってもてはやされていただけだ、というのか、それともP2Pテクノロジー全体の抱える問題点があるのか、はたまた、JoostやBitTorrent Inc.など個別のサービスが抱える問題があるのか・・・。そして、そのブレークスルーがあるとすれば、何が必要なのか、その辺の考察が加わればすばらしい記事だと思うのだけれどもね。

個人的には、個々のサービスが抱える個々の問題が原因かなぁとは思う。まぁ、問題といえるほどに、煮詰まっているサービスとも思えないけれどもね。現在、大半のP2Pビデオディストリビューションサービスがベータバージョンだったりするのだから、当然といえば当然のような気もする。もう少し見守りましょうというところ。でもって、もっといえば、1社、2社のサービスがへばったところで、その技術、アプローチ自体が否定されるものでもないと思うし。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/740-6149bb2a

Comment

海賊 | URL | 2007.09.29 00:53
細かいけど、HerosじゃなくてHeroesだね。
heatwave | URL | 2007.09.29 19:51
海賊さま

あら、ほんとですね。修正しました。
ご指摘ありがとうございます!
匿名のPeerさん | URL | 2007.10.01 19:07 | Edit
失敗して欲しい人がいるってことでしょう。
heatwave | URL | 2007.10.01 20:42 | Edit
コメントありがとうございます。

個人的には、まだまだ過渡期なのかなという気もします。P2Pビデオ配信というのも、長所短所のあるものですから、それぞれのサービスに見合った活用をしていくために、模索している段階なのかなという気はしないでもありません。

それでも、コンテンツデリバリー技術を提供する企業間での競争は熾烈なものにはなっているでしょうね。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。