スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Demonoid復旧、ただしカナダユーザのブロックを開始

Demonoid流浪のトラッカーとなるかと思われていたDemonoid、前回のエントリにもあるようにトラッカーとしての稼動も再開されていたのだけれど、ようやくWebサイトの復旧も行われたようだ。当初の報道ではカナダの音楽業界団体CRIAがISPに圧力をかけたせいでは?と見られていたが、DemonoidのIRCではハードウェアの問題とされていた。再開されたWebサイト上には、CRIAからDemonoidへの通知があり、Demonoid側がカナダユーザを遮断することでそれに応えた、というのが今回の停止だったみたいだよ、というお話。そう考えてみると、CRIAからの圧力というのも半分は事実(ISPに対するものではなかった)であり、ハードウェアの問題(カナダユーザの遮断の実装に手間取った?)でもあったわけだ。

原典:TorrentFreak
原題:Demonoid Returns, Forced to Block Canadian Traffic By the CRIA
著者:Ernesto
日付:September 30, 2007
URL:http://torrentfreak.com/demonoid-returns-
070930/

ここ1週間、人気の高いBitTorrentトラッカーDemonoidは停止状態にあったが、現在オンラインに戻っている。Webサイトとトラッカーは同一のISPにホストされているが、カナダ国内におけるトラフィックは、Canadian Recording Industry Association(CIRA)からの圧力によって遮断されている。

現在のDemonoidのトップページによると

我々はCRIAを代表する弁護士からの通知を受け取った。彼らは法的施行をほのめかし、我々はこれによって、カナダ国内からのトラフィックを遮断せざるを得なくなった。ご理解を感謝し、ご不便を謝罪する。

これは、CRIAがDemonodiの停止に実際に関係していたという我々の当初のレポートを確証する。本当に、感情の高ぶった、議論の耐えない1週間であった。どこからも公式アナウンスがなされず、噂と噂の応酬の中で、事実とフィクションを区別するのは非常に困難であった。

もちろん、悪い知らせは、現在Demonoidがカナダ人には利用できないということである。悲しいことに、アンチ海賊行為団体が、効果的に一部のBitTorrentコミュニティへのアクセスを遮断することは、初めてのことではない。今週初め、Isohuntは同とラッカーから米国ユーザをBANしなければならなくなった先月には、TorrentSpyも米国ユーザからのアクセスを遮断している。そのどちらも、MPAAからの圧力によるものであった。

本稿を書いている時点では、フォーラムは依然としてオフラインであるが、オンラインに戻るまでにはさほど時間を要することもないだろう。昨日、Demonoidのトラッカーが再び反応を始めたとき、Demonoid再開に向けた最初に徴候が見られ始めた。

今週、動揺したDemonoidユーザがTorrentFreakになだれ込んできたとき、そのムードは非常にぴりぴりしたものであった。まぁ、彼らのサイトが消え去っただけではなく、我々のレポートに対しても疑いが投げかけられた、ということにも由来するが。我々は信頼性の高いニュースソースであらんとしている。それはBitTorrentコミュニティにおける我々の責任を理解してのことだ。

カナダのDemonoidユーザの心中はお察しするが、Demonoid専用のユーザベースが安心して参加することができる機会を得ることは素晴らしい。

地球上で2番目に人気のあるBitTorrentトラッカーが復旧した。非常に重要な出来事だ。

まぁ、何だかよくわからないうちにカナダのDemonoidユーザが巻き込まれたってところだろうか(もともとはオランダベースであったわけで)。TorrentSpyやIsohunt、TorrentBoxのように、米国ユーザに対する遮断ではないので、それらのトラッカー、Torrentサイトほど、遮断される側のユーザ以外への影響は大きくはないのだろうけれど、それでもカナダのユーザベースを推測するに、「なんとなく」体感できる程度には影響がでるのかもしれない。

結果としては、CRIAの関与も、ハードウェアの問題であることも、どちらも完全なる間違いではなかった今回の一件、憶測が憶測を呼び、憶測のままに議論が進むという異常な状態でもあったのだけれども、その背景に法的なプレッシャーがあったのだとすると、即座の公式アナウンスが難しかったというのも理解できる。

今後、このような問題がますます増えていくのだろうなぁと思ったりもする。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/748-b79ad735

Comment

| | 2007.10.05 19:20
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。