スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルなテレビTorrentサイト TIOTI、一般にサービスを公開

TIOTIソーシャルなテレビtorrentサイトのTIOTIがついにパブリックに向けてサービスを開始したよというお話。といっても、現在トラブルが発生しているようで、レジストは停止している一時状況なのだけれどもね。このTIOTIは、次世代テレビtorrentサイトなるものを目指しているようで、torrentのダウンロードに加えて、Amazon、iTunesでの購入リンクやWeb2.0的な要素を数多く取り入れているらしい。まぁ、いつものように著作権的な話は?というとクリアしているわけもなく、通常のTorrentサイトと同様のことだと思うので、その辺は思い切って割愛(まぁ、いつも言ってることなので)。

原典:TorrentFreak
原題:TIOTI: The Social TV-Torrent Network Goes Live Today
著者:Ernesto
日付:October 02, 2007
URL:http://torrentfreak.com/tioti-goes-live-071002/

TIOTIは、「Tape It Off The Internet」の頭文字をとったものである。それを最も的確に表現すると、ソーシャルネットワークによるテレビtorrentサイトとの表現がしっくりくるだろう。TIOTIは、プライベートベータを終え、そのサービスをパブリックに向けてローンチした。

TIOTIは、次世代テレビtorrentサイトを目指している。優れたデザイン、.torrentトラッキング、お気に入りの番組のRSSフィード、レコメンド、タグ、若干のAJAX、そしてWeb2.0の長所を統合することで、それを実現している。

その特徴はそれだけにとどまらない。TIOTI上の個々のエピソードページには、.torrentへのリンクだけではなく、iTunes Storeからのダウンロードリンク、Amazon StoreからのDVDリンクも含まれる。

TIOTIはまた、テレビ番組へのストリーミングへのリンクも提供し、そのユーザにはWikiへのリンク、個々のエピソードへのコメント、YouTubeスタイルの「ビデオクリップ」へのリンクを貼り付けることを可能にする。

TorrentFreakでは、このTIOTIをほぼ2年間に渡って注目してきた。それがついにパブリックサービスに移行することは喜ばしい限りだ。

2006年、TIOTIの共同設立者であるPaul Podは、彼らが既存のテレビtorrentサイト以上に優れたユーザエクスペリエンスを提供したい、とTorrentFreakに語っている。「私達は、テレビダウンロードにおけるNapster的な存在にならんとしています。Web2.0などというのは問題外です。つまり、重要なのは優れた構造とファンタスティックなデザインなのです。非オタクにとって、ユーザエクスペリエンスは全てです。それが満たされなければ、彼らは二度と利用してくれないでしょう。」

Download your favorite TV-shows with TIOTI

 TIOTI

TIOTIは現在稼働中(live)である。しかし、それはお世辞にもスムーズだとは言えない。彼らのブログによると、サーバーを『Live』状態に移行させるために、若干の生みの苦しみを味わっているようだ。しかし、これはすぐにでも改善されなければならないだろう。

改善されなければならない、という強い主張の背景には、Podの以前の発言があるのだろう。「ユーザエクスペリエンスが満たされなければ、ユーザは二度と利用してくれない」、まさに彼の言ったことに直結する事態であるといえる。

さて、このTIOTIを実際に使ってみようかなと思ったのだけれども、いきなりインビテーションを停止しているようだ。この辺は、TorrentFreakが指摘している通りなのだろう。とりあえず、トラブルに直面したので、一旦閉じますよ、といったところなのだろうけれど、TorrentFreakとか、P2P Blogとかを読んでちょっと試してみようかなと思った人にとっては、ネガティブエクスペリエンスなのだろう。早期の改善を望みたい…と思ったんだけど、まぁ、TorrentFreakとかP2P Blogなんか読んで使ってみようって人の大半はGeekなわけで、まぁ、そういう層を狙っているわけでもないのであれば、まぁいいのかしらね。

ただ、個人的には非オタを狙うのであれば、レジスト不要のほうが良いのかなと思う。mixiのようにクリティカルマスに達したサービスならともかく、スタートアップの状態でユーザを集めるとなると、その閉鎖性は非オタにとって入りにくい状況でもあると思うし。

この辺の非オタを狙うプランというのは、ある意味では既存のテレビtorrentサイトとの競争を避けたといっても過言ではないだろう。多くのGeekなユーザ達は、既にEZTVなどの彼らの需要にあったお気に入りのサイトを見つけており、そこにわざわざインタラクティブな要素を必要としない人たちが少なからず存在する。要は、ダウンロードは日々の習慣なので、わざわざソーシャルなところをつけなくてもいいよ、というユーザ。そういったユーザを取り込む努力をするよりは、これまでそこに参加してこなかった潜在的なユーザ層をターゲットにしたほうが、より効率的だといえる。そのための2.0.

そうやってユーザを増やしていってこそ、EZTVなどの競合テレビtorrentサイトとの競争が可能になるといったところだろうか。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/753-0c8313cc

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。