スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wixi:ファイル共有Webデスクトップ

WixiAjaxデスクトップを利用したWeb OSっぽいファイル共有サービス、Wixiのお話。Web OSとかオンラインデスクトップとかWebデスクトップとか、言い方はいろいろあるけれど、簡単に言ってしまえば(現在のところは)ブラウザ上で利用できるデスクトップサービスといったところだろうか。Wixiは、そんなWebデスクトップ的なUIを採用したファイル共有サービスなのだという。なかなかイメージが湧きにくかったけど、ファイルやフォルダ込みでデスクトップそのものを共有してしまおうという感じなのかな?個人的には、何が魅力なのかいまいちピンと来ない部分もあるのだけれど、それは実際に使用してみなければわからないのかもね。

原典:P2P Blog
原題:Wixi: The file sharing web desktop
著者:Janko Roettgers
日付:September 26, 2007
URL:http://www.p2p-blog.com/item-376.html

ニューヨークを拠点とする新興企業、Wixi Inc.は、先週のTechCrunch40のプレゼンテーションにおいて、同社のWixiメディア共有デスクトップのプライベートベータをローンチした。Wixiは、Flashプレイヤーを備えたAjaxデスクトップ上でWebベースのファイル教諭を提供する。TechCrunchはこのサービスを以下のようにまとめている

見た目はWeb OSだし、感じもWeb OSだ・・・。しかしこれは「メディア共有プラットフォーム」である。

本日、私はWixiのインビテーションを手に入れたので、このサービスに触れてみようと思う。実のところ、私はWixiに対して興味を持ってはいなかった。Wixiは明らかにWeb OSのインスピレーションを受けたものであるが、それはデスクトップ共有を可能とするためのメタファーとして用いられる。あなたは他のユーザのデスクトップをブラウズすることができるし、そこにあるファイルやフォルダを見ることもできる 。

ユーザはファイルをアップロードすることが可能で、それを全ての人に公開、友人にだけ公開、非公開にして自分だけで利用するなどを選択することができる。パーソナルデスクトップ上では、壁紙を設定して背景を彩ることもできるし、また新しいフォルダを作成することもできる。

Wixi上には数多くのプロフェッショナルのコンテンツがあって、たとえば人気テレビ番組の名前がついているユーザなんかは、全てのエピソードをストリーミングで提供していたりもする。デフォルトでフレンド指定されている「Tom」というユーザは、彼の仮想デスクトップ上にハリウッドコンテンツをフェアシェアしている。

共有ビデオとMP3は、無料アカウントではダウンロードすることはできないが、月額3ドルで、全てのメディアを無制限にダウンロードすることができるようになる。

ドイツ語の「マスかき」に似た響きを持つこのWixiであるが、その中にアダルトコンテンツを入れないようにする方針のようだ。利用規約として、「ヌードまたはポルノ」のアップロードは許諾されておらず、そのルールを実施するためにフィルタリングを行ってもいるようだ。もちろん、そのフィルタは決して完璧なものではないので、本当に探したいのであれば、ポルノクリップを見つけることはできるだろう。

また、Wixiには革新的な機能が備わっている。それはプレイリストを自動生成してくれたり、類似したアイテムをレコメンドするビデオプレイヤーである。これがなかなかいい。まだまだレコメンドエンジンが必ずしも正確だとは言いがたいけどね。また、ビデオはWixi外のウェブサイトにもエンベッドすることができる。Wixiのフランス語の解説は下記を参照のこと。

ただ、私が考えるこのサービスの主な問題点としては、もし複数のファイルを共有したいと考えれば、デスクトップメタファがそれほど意味を持たないということである。基本的には、新しいもの、新しい人々に出会うためには、デスクトップからデスクトップへと移動を続けなければならない。そう、そのデスクトップ上にあるファイルをよりみたいと思えば、読み込みの遅い夕暮れの壁紙を何度も見せられるよりも、ファイルのリストが記載さえたシンプルなプロフィールページを見たいと思うことだろう。

Wixiはユーザのデスクトップを「部屋」と読んでおり、今後はチャットやその他のインタラクティブな機能が加わるかもしれない。しかし、ファイルを共有し、友人と交流するために、更なるデスクトップが必要だとは思えない。なんたって既に1つ目のデスクトップは、こんなデジタルガラクタでいっぱいなんだから。

まぁ、友人と交流するために、というよりは、グループワークで利用するという用途には(好意的に解釈すると)向いているのかもしれない。ただ、これまで一般的に行われてきたファイル共有というものの延長線上で考えれば、それほど魅力的ではないのかもしれない。

ただ、将来的にWebデスクトップ自体の需要が高まってくれば、デスクトップ環境およびファイルのシェアによって作業の効率を上げることも可能になるのかもしれないだろうしね(まぁ、逆に間違った使い方をすれば作業効率を落とすこともあるだろうけどね)。そういった将来的な需要を見越してのサービスなのかなぁと思ったりもするのだけれど、どうなんだろう?とりあえず、ベースを提供します、後はウィジェットで便利なの追加していきますんで!という感じなのだろうか。

とはいえ、メディア共有プラットフォームと銘打たれると、違和感を感じたりもする。うーん、Web OSでファイル共有という発想自体はキャッチーなんだけど、目的がハッキリしている人には物足りないサービスなのかもしれない。

今のところは、共有デスクトップとしてもそれほど機能するとも思えないし、ファイル共有、メディアディストリビューションの用途にしてもデスクトップからデスクトップへ、というのは非常に面倒だ。なので、とりあえず、これはこういうものとして遊んでみよう、という人でない限りは、どうも使い勝手が悪そうなのだが・・・、と使ってもいないのに感じたことを書いてみた次第です、はい。

**追記**

というエントリを書いてからしばらくたち(なかなかアップロードする機会に恵まれず・・・)、その後TechCrunchがWixiのインビテーションを行っている。

 ということで、早速それにあやかってみた。

使用感としては、まぁ、使う前に思っていた通り、といったところ。確かにWeb OSはかっこいいのだけれども、どうしても動作がもっさりしてしまうし、ファイル共有プラットフォームとして、色んな人のデスクトップを見て廻るのは面白そうではあるけれども、行く先々で初期設定のままだったりするし、現象では楽しめる要素があまりない。その間ももっさりに悩まされるし。

一方で、Webデスクトップとしては、いいなぁと思えるウィジェットがあるわけでもなく、結局のところ、なぜにファイル共有のためにこのような使いづらいプラットフォームを利用しないといけないの?と思ってしまうのだけれども・・・。

個人的には、Web OSを利用した軽快なファイル共有サービスを目指すのか、それともファイル共有が他よりも可能なグループウェアを目指すのか、を早期に絞ったほうが良いと思うのだけれどもね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/769-55946ed4

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。