スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitTorrent Inc.、ストリーミングサービスをローンチ・・・への期待と課題

BitTorrnet Inc個人的には、ようやっと、といった感もあるのだけれど、BitTorrent Inc.がBitTorrentストリーミングサービスをローンチしたよというお話。取り立ててストリーミングサービスが、というわけではなく、BitTorrent DNAの公開と一緒に、といった感じなんだけど、このBitTorrent DNAの提供開始によって、コンテンツプロバイダはより多くのコストを削減可能となりそうだ。ユーザがそれを利用するためには、BitTorrent DNAをインストールする必要がある。それによって視聴しているコンテンツを通常のBitTorrentよろしくダウンロードすると共に、アップロードすることになる。ユーザの側としても視聴しているコンテンツがよりリッチなコンテンツとなり、ダウンロード速度も高速、安定することになるだろう。

ITmediaによると、とりあえず最初のお客さんは決まっているそうで、インターネットTVサービスBrightcoveがBitTorrent DNAの採用を決めているのだそうな。配信コストは抑えられるから、コンテンツプロバイダーには魅力的なサービスなのだろうね。BitTorrent Inc.のプレスリリースでは、既存の「集中化したコンテンツデリバリーは、低速なダウンロード、切れ切れのビデオストリーミング、ネットワークインフラの非効率的な利用」をもたらすとし、BitTorrentはそれを解決してくれるのだという。ただ、それで全て解決か?というとそうではないかもしれない。誰かが得をすると、誰かが損をする、そういうバランスも世の中にはある。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent Streaming Service Launched
著者:Ernesto
日付:October 10, 2007

BitTorrentストリーミングは、みんなにおなじみのBitTorrentプロトコルをベースにしている。もちろん、ストリーミングを可能にするためにいくつかのクレバーな修正が施されているが。BitTorrent Inc.は、YouTubeのようなwebサイトが現在利用しているhttpストリーミングに代わるものとして、彼らのストリーミングソリューションを提供する。P2Pストリーミングはコンテンツプロバイダーのコストをかなり削減してくれるために、現在我々がなじんでいるもの以上に、高品質のストリーミングへの扉を開いてくれるものとなるだろう。

それはこのようにして働く。まずはじめに、ストリーミングを視聴したいユーザは、BitTorrentメインラインクライアントがバンドルされたBitTorrent DNAアプリケーションをインストールしなければならない。ユーザがBitTorrentアクセラレータストリーミングを視聴するときには、データをダウンロードするのと同時に、同じストリーミングを視聴している別のユーザにデータをアップロードすることになる。それは、通常のBitTorrentでのダウンロードと同様のものだ。一部の人々は、BitTorrent Inc.が利用者に対して、たとえば、BitTorrent Entertainment Networkのダウンロードを高速化させる、または帯域を誰かに売るといった目的で、ダウンロードをするつもりのないコンテンツをSeedさせるためにアプリケーション(DNA)を利用するのではないか、と主張している。

しかし、BitTorrent Inc.のCEO Ashwin Navinはこの噂を完全に否定する説明をして、TorrentFreakにこう語ってくれた。「BitTorrent DNAは、ユーザがクリックするコンテンツを高速化するだけです。ユーザの望んではいないもの、(Webページ上でのHTTPリクエストを介して)必要としなかったコンテンツがユーザのPCにロードされるということありません。DNAの利用規約には、P2Pアクセラレーションによるビデオ、ソフトウェア、ゲームのダウンロードエクスペリエンスを、DNAがどうして、どのようにして改善するのかを明らかにするよう、Webサイトに求めています。」

BitTorrent Inc.は、今年初め、この秋に広告モデルによるテレビネットワークを開始することを発表した。BitTorrentストリーミングサービスによるテレビネットワークは、競合サービスに比して、リソースを節約し、帯域にかかる費用を比較的低くしてくれるために、強いアドバンテージを持つことになるだろう。その一方で、ISPは顧客の利用する帯域が増大するために、P2Pストリーミングに対して喜びを感じ得ないだろう。それはより多くのコストを必要とするのだから。

帯域戦争は依然として終わっていはいない。

おそらく、得をするのは、帯域コストを節約できるコンテンツプロバイダー、そしてそれによってよりリッチなコンテンツを楽しむことのできるユーザ、しかしその一方で、ユーザに回線を提供するISPはこれまでの2倍の帯域を食われることになる。コンテンツプロバイダーがコストを削減する一方で、ISPがコストを増大させるという構図も存在する。インフラただ乗り論争にISPが加わる、ということになるのだろうか。

確かに、P2Pの利用が促進されるにつれて、コンテンツプロバイダーのコスト負担は減少していくのかもしれないが、それに比例してISPの負担が増大する。ただでされ、P2Pファイル共有によって帯域を食われているというのに、このような流れが促進されれば、それがさらに悪化することとなる。もちろん、日本でも海外でも、P2Pのより効率的な運用を目指している動きもあり、それが成果を挙げれば、このような問題はより緩和されることは期待される。ただ、それの成果が現れるのは今日明日の話ではないだろう。

ただ、個人的な意見として希望的観測を述べると、より魅力的なコンテンツを提供すること、それに多くのユーザを引き付けることは、決してただただ、トラフィックを増大させるものではないかもしれない、と思うのだ。何でもかんでも違法ファイル共有に結び付けて考えるのは考え物ではあるが、それでも魅力的なサービスを提供することによって、より多くの人たちがそれに惹きつけられ、その結果、違法ファイル共有に拠らずともリッチなコンテンツを手に入れることが可能となるかもしれない。そうなれば、このようなP2Pの活用は決してトラフィックを増大させるだけのものだとも言い切れない部分がある。

まぁ、あくまでも希望的観測であり、両方をこれまで以上に利用するというユーザもいるかもしれないが。

さてさて、このBitTorrent DNAの何に期待しているか、というお話をすると、以前からJoostなどのプラットフォームの閉鎖性に対して懸念を示してきたわけだけれども、BitTorrent DNAを利用することでそのような閉鎖性から逃れると同時に、管理されたコンテンツ配信が可能となる。もちろん、ユーザはBitTorrent DNAをインストールしなければならないのだけれどもね(個人的にはメインラインをバンドルしないものも配布すべきだと思うけど)。BitTorrent Inc.は、既存のhttpストリーミング、Flash Videoに容易に置き換えが可能であるとしており、BitTorrent DNAをインストールする以外はシームレスにこれまでどおりの利用が可能となるのだろう。しかも、高画質で。その点に関しては、TechCrunchでも言及されている。

BrightcoveではBitTorrentとチームを組むことで、自ネットワークにおけるウェブ動画パブリシャーたちが、放送番組レベルの品質を備え、閉ざされたシステムにつながりかねない特定のアプリケーションを必要とせずにフルスクリーン動画(できれば、HDレベルの品質に至るまで)をストリームできるようにしたい、また、そのことでJoostに対抗したいと考えているようだ。

BitTorrent DNA、もはや後ろめたいものではない - TechCrunch (太字は引用者)

個人的にはよりオープンなプラットフォームでなければ、より多くのユーザには利用してもらえない、と思ったりもする。その意味では、このようなオープンな利用が可能となるサービスを提供するというのは望ましいことだ。

ただ、このようなP2Pソリューションが全てを解決するわけではない、ということも理解すべきだろう。Ashwin NavinがTorrentFreakに述べたように、BitTorrentダウンロード同様に、ユーザは自らの選択したコンテンツのSwarmのみに貢献することとなる。そうなれば、人気のあるコンテンツに関しては、より高速、安定したダウンロード、ストリーミングが可能となるが、その一方でそれほど人気のないコンテンツのダウンロード、ストリーミングにおいては、それほどその恩恵にあやかることはできない。

ただ、ITmedia公式サイトでも言及されているように、既存の配信技術とP2P技術のハイブリッドな配信を可能とすることで、それを克服するのだろう。その辺のバランスってのも結構難しいと思うけれどもね(PandoなどもそのようなCDN+PandoというP2PとCDNを組み合わせた形態をとっている)。

さてさて、次にBitTorrent Inc.に期待したいことは、TorrentFreakでも述べているように、広告モデルによるオンデマンドビデオストリーミングサービスの開始だ。これはBitTorrent Entertainment Networksにて開始されるのだろうが、是非とも早くに実現してもらいたいものだ。もう秋だしね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/774-750e5afc

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。