スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitTorrent中毒:BitTorrentに求めているのはファイルじゃない

世の中には理解できない世界があるもんですが、その1つにBitTorrent中毒なるものがあるようで。なぜ、BitTorrentユーザはBitTorrentに惹きつけられるのか?ハードコアBitTorrentユーザにしてみれば、それはファイルのためではないのだとか。彼らが求めているのは、追跡されるスリル、そしてその網を逃れるテクニックとその発見、それを取り巻く陰謀、仲間との出会い、共有、そして可能な限り高速な転送を求める探究心など、そういった要素がBitTorrentの魅力なんだよ、というお話。コミュニティとしての要素は理解できなくもないけど、やはりハマッた人じゃないとわからない世界もあるのね。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent Addiction: The Thrill of the Chase
著者:enigmax
日付:October 05, 2007
URL:http://torrentfreak.com/bittorrent-addiction-the-thrill-
of-the-chase-071005/

Torrentクライアントによって、巨大なメディアライブラリにアクセスすることは素晴らしいことであり、誰もそれを否定することはできない。しかし、多くのユーザにとってそれは機能的なツール以上の存在となっている。それは、歯ごたえのあるパズルとして、宝探しとして、 中毒性の高いホビーとなっている。

BitTorrentの開発者であるBram Cohenはパズルが好きである-もちろん、彼はそのような中毒者ではないと主張するが。しかし、彼が開発したBitTorrentシステムの多くのユーザは、彼と同じような方法でそれをホビーとして感じているわけではない。

大まかなイントロダクションの後、多くのBitTorrentユーザが、この素晴らしいシステムに、そしてその全ての組み合わさり方に、興味を覚えていることに気付くだろう。確かに、BitTorrentが提供する無料のメディアは非常に魅力的であり、その利用の継続を強化するものである。しかし、多くの人にとって、真の魅力は別のところにある。

ある種のハードコアTorrentユーザにとって、メディアを得ることは2の次である。それを楽しんでる?あぁ、そう、たとえそれが好きだといってもお飾りに過ぎない。セックスの後のタバコみたいな感じでね。確かに、多くのTorrentユーザはtorrentを登録し、ダウンロードが完了したころにPCに戻ってくる。しかし、幸せなことに、彼らはどこで彼らの現実の行為が見られているか、ということに気付いてはいない。ガチンコのTorrentユーザにとっては、それは追跡のスリルそのものに他ならない。

まず第一に、BitTorrent初心者は、いたるところに潜んでいる悪の軍団の存在に気付いてはいない。ただただ、ダウンロードすることに一生懸命だ。彼(または彼女)は、政府のお友達と一緒に超強力な企業が妨害活動に専念していることなど知る由もない。

彼は、この新しいホビーが、このようなハイリスクな賭けであるということを思いもしないだろう。それは潜在的に彼を刑務所にぶち込むか、6桁の罰金に終わらせることができる。初心者が、そのような存在についての知識構築し始めるとき、彼は決して恐怖を覚えるものではない。むしろ、アドレナリンが分泌され、興奮が高まるだろう。そしてホビーはより激しくなる。

こうして見つかった新たなエネルギーと若干のリサーチは、BitTorrentを学ぶ者にとって、物事をより明白なものとしていく。彼らはただ単にダウンロードすることをやめ、共有エクスペリエンスに対する多くの攻撃に対して、効果的な対抗策があることを学び、戦略を作り上げていく。たとえば、フェイクTorrentのような試みに対しては、それに対するさまざまな対抗技術を駆使することで、効果的に対処することができる。Torrentサイトは、単にランダムに選ばれるのではなく、知識をフル活用して選択されることになる。

さらに多くの経験を積むと、BitTorrentファンはおそらく、MPAAのような団体がプロパガンダを打ち出すこと、莫大な罰金が科せられたとか、刑務所に送り込まれたなどという大きな見出しが一般的ではないことについて理解し始める。実際には、このような災難にあう可能性は低いことを知って、時と共にこれらのリスクを無視し始めるだろう。

より神経質なTorrentユーザにとっては、ファイル共有の世界は容赦ない場所でもありうるだろう。彼が多くの脅威や、マルウェアなどによって利益を上げようとしている人々について知るにつれて、彼はより強固な防衛力を身に着けることになるかもしれない。トラブルに巻き込まれることを恐れ、彼はPeer GardianのようなサービスやRelakksが提供する匿名のVPNソリューションを利用し始めるかもしれない。

大概のホビーというものは、より細かな部分に入り込んでいくことが必要だ。そしてこの点において、BitTorrentはまさに夢のような存在だろう。多くのフォーラムで、BitTorrent セットアップから最後の一滴までパフォーマンスを搾り取ろうとする議論を目にする。多くのファンは、まったくもって、ディテールに熱狂している。大半のユーザが同意してくれるだろう、最良のものは、可能な限り高速なダウンロードだと!

Torrentエクスペリエンスを妨害せんとする数多くのものが存在する。しかし、ありがたいことに、情報を得たBitTorrentユーザ達は、Torrentハーモニーを回復するためのヒントや裏技を駆使する。それは、このホビーの楽しみを充足させることを確実にする。

どのような戦略がとられるにせよ、大半のBitTorrent愛好者達は、手に入れたメディアを楽しむのと同じくらい、この追跡劇を楽しんでいる。確かにメディアを手に入れるのは嬉しいのだが、ただそれは必ずしも最も重要なものというわけではない。ある人にとって、それは秘蔵すべき素晴らしいメディアだろう。しかし、それはますますもってTorrentハードコアに引き寄せるものを発見し、得るための道を進んでいることに他ならない。すべてのBitTorrentエクスペリエンスは、魅力的なその技術的要素、機密のスパイ活動を行う社会的レイヤー、多くの陰謀、そしてたくさんの友達と、多くの楽しみに溢れている。

21世紀のデジタルトレジャーハンターたちは、『得る』ことを楽しんでいる-しかし、そこに到達するまでの道のりは、(その過程で友達を作ったり、楽しさを共有したりと)もっともっと楽しいものなのだ。

最初にこの記事を読んだときは、その勢いに圧倒されながらも、何だかすごいなぁという印象を持ったのだけれど、その後のリーダー達の反応にさらに度肝を抜かれた。

大半の人々の反応は、よく言ってくれた!素晴らしい記事!とか言う反応だったりする。この記事のコメント欄でもそうだし、Diggにも同様のコメントが寄せられている。おそらく、そのようなBitTorrent中毒者にはまさに彼らの感じていることを代弁してもらった、という感じがあるのだろう。

まぁ、人によっては手段と目的が逆転している、と言われるかもしれないが、ハードコアな世界というものは概してそういう部分もあるのかなと思ったりもする。

うーん、でも個人的にはピンと来る記事じゃないなぁ。なんとなくは理解できるんだけど。やっぱり、実際にそういう活動してないとわからないのかしら?

まぁ、世の中には実際に利用することもないのに、ただただダウンロードしてコレクションするだけの人もいるみたいだから、そういった人には相通ずるところもあるのかもね。本末転倒といえばそうだけど、本人が楽しんでいるんだったら、まぁそれでいいのだろうね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/778-49f74671

Comment

ふと思ったんだけど | URL | 2007.10.13 15:31
割れ厨にとっては落として焼いただけで見てない、やってないがデフォルトなんです
heatwave | URL | 2007.10.13 20:52 | Edit
むしろ、焼きさえしてなさそうですね。HDD増設して終わりとか。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。