スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ComCast、「P2Pトラフィック遮断」報道に反論:「帯域制御はしているが、遮断はしていない」

米国大手ISPのComCastが、同社がBitTorrentトラフィックを遮断していると指摘したAP通信の報道に対して、「帯域制御は行っているが、遮断は行っていない」と反論しているよというお話。とりあえず、今回は事実関係のみ。

ComCastがAP通信の報道に反論している記事

個人的には過度の帯域制御はもはや遮断と同義だと思うのだけれどもね。ただ、問題は意図的に遮断しているというところにあるようで。

ComCastが反論しているAP通信の行ったテスト

まぁ、この記事が問題の発端と成ったわけです。といっても、それまでユーザサイドから完全に遮断されているのでは?という批判が相次いでいたことから、AP通信がテストに乗り出したのだと思われる。

EFFはAP通信のテストを追試した結果、同様の結論に達している。

まぁ、帯域制御の程度の問題と、帯域制御なのか遮断なのかという問題とは別なのかしらね。この件に関してはまた今度考えて見ます。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/804-c012ef9d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。