スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OiNKの不幸につけこむ詐欺師達

いつものことではあるけれども、インターネットのグレーな部分には、それにつけこんで金儲けをしようとする輩が出てくる。OiNKもご他聞にもれずそのターゲットとなった。ただ、ターゲットとなっているのはOiNKユーザ。現在、OiNKの復活を願う、OiNK管理人の法廷闘争を支援しようという寄付の呼びかけが複数あるらしいのだけれども、その全てがOiNK管理人の関与していないところで行われているようだよというお話。善意でやっている人がいないとも限らないが、ほぼ詐欺と見て間違いないだろうね。

原典:TorrentFreak
原題:Scammers Try to Cash In On OiNK Misery
著者:enigmax
日付:October 26, 2007
URL:http://torrentfreak.com/scammers-try-to-cash-in-on
-oink-misery-071026/

他人の不幸を金に換えようとする輩は、常に存在する。OiNKの閉鎖に関しても同様のことだろう。 寄付を求め、再開を約束するサイトは次から次へと登場する。これらのどれもが、OiNKによって認可されたものではない。彼らにほんのわずかでもお金を渡さないように!

OiNKが閉鎖されてから、OiNKの法的防衛のために寄付を集める、OiNK復活のために寄付を求めるサイトが現れるまで、ほとんど時間を要さなかった

。一部のサイトでは、彼らが受け取った寄付の総額を提示している。これらは場合によっては非常に高額であるようだ。一部の気前のいいサポーターが既に資金を与えてしまったということは疑いようもないが、おそらくここで示されている学派、実施アニ寄付された額よりかなり水増しされているものだろう。

事実:これらのサイトのどれもが、OiNKの認可を得たものでも、共同して設立去れたものでもない。なので、どうか、どうか、どうか、彼らにあなたのお金を渡さないで欲しい。このことはTorrentFreakがOiNK自身に直接確認している。

つまり、OiNKのために資金を集めようと主張している全てのサイトが疑わしいということである。一部の有志が善意からお金を集めようとしていることは十分にありえる。しかし、詐欺師とほんのわずかな正直者たちを区別することは不可能である。

結局、そのような基金が集められることはないのかもしれない。少なくとも現時点では、そのような動きはない。どうかあなたのお金の安全を守って欲しい。

もし、寄付したいという人がいるのであれば、寄付のための正式な基金について我々が報じるまで待つことをお勧めする。この手の詐欺サイトへの誘導は、ブログのコメント欄やフォーラムでの議論の中に巧みに入り込んでくるため、中には引っかかってしまう人もいるのかもしれない。

まぁ、こういう詐欺は万国共通なのね。日本でも先日、いわゆる『死ぬ死ぬ詐欺』の問題が持ち上がったが、ネット上にせよ、普段の生活にせよ、こういった人の善意に漬け込もうとする輩は、どの時代、どの地域にも存在するのだろう。

OiNK管理人をバックアップしたいという人は少なからずいるだろうけれど、そういった人たちも本当に自分の考えているような使い道がなされるのか、ということをよく考えて行動するべきなんだろうね。もちろん、そのための情報は限られているわけだから、判断が難しいところもあるのだろうけれど。

だからこそ、こういったレポートが非常に役立つのかな。TorrentFreakだって確実に信じられる、ってわけじゃないけれど、少なくとも、1年半以上読者を続けてきた私にとっては、信頼に足る人たちかなと思う。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/823-3f0abe1c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。